Menu Links
Photography: IKER BASTERRETEXEA

アートから香る、バスクの「光」と「匂い」

バスクという土地は、これまで数多くの高名なアーティストを生んできた。伝説の彫刻家エドゥアルド・チリーダやファッションの世界に革命を起こしたクリストバル・バレンシアガ、ノーベル文学賞受賞の詩人   »STORY

Sounds Of Petrópolis ペトロポリスの音楽家たちを訪ねて

リオの中心部から車で1.5時間。ペトロポリスの山々は、古くからカリオカたちにとって大切な場所だったと   »STORY

ボサノヴァが辿った道のり。”聴く”ためにつくられた新しい音楽

ルイ・カストロは世界で最も深く、ボサノヴァについて研究した人物のひとり。そんな彼に、この音楽が誕生し   »STORY

マニアもうならせる、充実したラインナップ|Vinyl Digging in Rio (4)

エイトール・アラウージョは、20年前に友人のレコードコレクターと3人でこのショップを始めた。店を構え   »STORY

明日へ向かう、ブラジル音楽。伝統と革新をつなぐ、静かな野心

過去へのリスペクトと、未来への希望。ふたつの想いを胸に秘め、独自の道を模索する、リオ在住の若き注目ミ   »STORY

歴史と伝統を感じさせるイパネマの老舗|Vinyl Digging in Rio (3)

25年前にスタートしたこのショップは現在、イパネマで最も古いレコード店として人気。作曲家、プロデュー   »STORY

創造のカギは、吸収と、集積と、融合のセンス|Daniel Jobim

僕らが次に会ったのは、トム・ジョビンの実孫であるピアニストのダニエル。彼が間近で見たジョビンの創作活   »STORY

世界的なサーフスポットを抱えるバスクに生まれて

文化的にも共通性をもつスペイン側バスクとフランス側バスク。彼らは法律的にはそれぞれの国に属していても   »STORY

To The Coffee Valley リオの繁栄を物語る、コーヒーの谷へ

ブラジル経済を支え続けるコーヒー豆の生産。その中心地はかつて、リオの山々にあった。18世紀、香り高い   »STORY

ジャンルの壁を飛び越える、ボサノヴァ的手法|Celso Fonseca

リオのなかでもひときわ、上品なムード漂うレブロン。ここはジョビンをはじめ、マルコス・ヴァーリ、エドゥ   »STORY

リオの音楽に特化した、硬派なショップ|Vinyl Digging in Rio (2)

50年代後半から60年代初頭のリオでは、ベッコ・ダス・ガハーファス(酒のボトルの袋小路)と呼ばれる通   »STORY

今も受け継がれる、ジョビンのスピリッツ|Jaques & Paula Morelenbaum

ジャキス・モレレンバウムはブラジルを代表するチェリストであり、作曲家。彼がヴォーカリストのパウラと結   »STORY

音だけでなく、文字でも音楽を楽しんで|Vinyl Digging in Rio (1)

「ショーロ、サンバ、ジャズ、クラシックと、国籍、ジャンルは問わない。かといってスペースは限られている   »STORY

ボサノヴァの新たな可能性を拓いたディーバ|Joyce Moreno

「女性の地位向上が私の音楽のテーマ。ブラジルではまだまだ女性の立場が低く見られていると思う。そのため   »STORY

カフェオーナー兼マスター 堀内隆志|Papersky Interview

鎌倉のcafe vivement dimanche(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)は、美味しいコ   »STORY

リオの海から始まった、創造の物語|Roberto Menescal

ボサノヴァ創世のストーリーには諸説ある。その真実を確かめに、僕らはホベルト・メネスカルを訪ねた。複雑   »STORY

ボサノヴァを支える、ポジティブな思考|João Donato

ボサノヴァとはどんな音楽か。その問いをリオの音楽家たちに投げかけると、必ず出る単語が「ブラジリダージ   »STORY

Tevaと歩きだそう、日常のアウトドアへ

リオのビーチを歩けば、カリオカたちのライフスタイルが見えてくる。目の前のビーチをうまく活用し、生活に   »STORY

リオで生まれた世界的な発明。ボサノヴァ的ミクスチャーの美学

「私たちブラジル人は小さいころからとにかく“楽しむ”ことで、サッカーのスキルを磨いていく。空き地に子   »STORY

旅のパートナー・伊藤ゴローさんと巡るブラジルの旅

1950年代後半、リオデジャネイロで革新的な音楽が生み出された。太陽と海と山々の緑、人々の情熱によっ   »STORY

ワインと踊る、バスクのダンス

18世紀、フランスの哲学者であるヴォルテールは著書に、バスクの民をこう称した。「山々で、歌い踊る人々   »STORY

Juniper Ridge | 太古の香りを現代に届けて

20年ほど前、地元のハイカー、ホール・ニュービギンが思い立ったのは、森の植物からパフュームやコロンを   »STORY

街から受ける、強烈なエネルギー|成長を続けるデニム Levi’s®

ドイツから来たリーバイ・ストラウスがサンフランシスコ・ベイエリアに商店を構えたのは1853年のこと。   »STORY

Speedoのスイムウェアで愉しむ、真夏のトーキョーリバー

夏の休日、今日はSpeedoのスイムウェアをバックパックに詰めて、ひとけのない水辺へ。所要時間は電車   »STORY

サーモンが私たちに教えてくれること|Patagonia Provisions

Patagoniaはこれまで、環境問題に強い関心を抱き、さまざまな取り組みを行ってきた。とりわけユニ   »STORY

世界初、自動販売機型サヌークショップが期間限定オープン

カリフォルニア生まれのフットウェアブランド「Sanuk®(サヌーク)」が、世界初のベンディングマシン   »STORY

Alite | 人の心を潤す、壮大なグランドデザイン

「お金のことはほとんど考えてない(笑)。フォーカスしてるのは、どうすれば都市生活者を楽しくさせられる   »STORY

アスリートを支え続けるエナジーバー|Clif Bar

世界中のアウトドアマンに愛されるClif Bar。その本拠に訪れると、まるでスポーツクラブのような設   »STORY

Ramen Shop | 日本から学んだ「ブレンズ」の概念

いまや全米随一のグルメシティに変貌を遂げたサンフランシスコ。AppleやFacebook、Twitt   »STORY

St. George Spirits | 創造の種が詰め込まれたウィスキー

僕らが次に目指したのはThe Island Cityと呼ばれるアラメダ・エリア。美しい湾を臨む広大な   »STORY

Jay Nelson ジェイ・ネルソン/アーティスト|PAPERSKY Interview

サンフランシスコ在住のジェイ・ネルソンは世界的にその名を知られる、異色のアーティストだ。代表的な作品   »STORY

Pladra | 新しいアイデアを受け入れる、街の空気

伝統的な風合いに洗練されたデザインをミックス。「Pladra」は地元を中心にジワジワと人気を獲得して   »STORY

Heath Ceramics | 伝統とモダンが交錯する、画期的なファクトリー

日本にも熱烈なファンの多いハンドメイドの陶器ブランド「Heath Ceramics」。1948年に女   »STORY

写真家 高橋ヨーコに訊く、サンフランシスコ・ベイエリアでの時間

自分自身を見つけられる新しい場所を探して、2010年にベイエリアに移り住んだ写真家・高橋ヨーコさん。   »STORY

目利きのプロデューサー・中原慎一郎さんと行くベイエリアの旅

いつも何か、新しいことが胎動している街、サンフランシスコ。そんなイメージは全米の住民だけでなく、世界   »STORY

Climber’s life in Boulder ワイルドな自然のなかで生きる喜び

1900年代初頭、他の都市が競うように開発を進めるなか、ボウルダー市は景観保護の方針を打ち出し、緑と   »STORY

ニュージーランド、遙かなる道筋。縦断の末に見えた風景

2010年暮れ、構想から16年を経た壮大な計画が実現間近に迫った。夢のニュージーランド縦断トレイルだ   »STORY

Meier Skis こだわりの木製スキー板

世界中のスキーヤーから注目を浴びているMeier Skisのスキー板。ここでつくられる板はすべてがハ   »STORY

40年の間、変わらない「マーモット」の熱きスピリッツ

極限に挑むアスリートから、気軽にアウトドアを楽しむ女性や子どもまで。40年もの間、世界中で愛され続け   »STORY

SmartWool 寒さと暑さを調節する“生きた”ソックス

世界中のアウトドアスポーツ好きに定評のあるSMARTWOOL製ソックス。今年2月に行われたソチ五輪で   »STORY

Moots チタンでつくられたタフなバイク

決して安価ではないものの、精密な手作業によるMOOTSの自転車は世界中で人気を獲得。そのいちばんの理   »STORY

クライマーの理想を体現する街、ボウルダーへ

デンバーから車で40分ほど。人口10万人弱の静かな街、ボウルダーへ。この地で人々はどんなアウトドアラ   »STORY

ネイティブ・アメリカンも利用した隠れ家温泉での贅沢な一日

巨岩と温泉を求め、最後に向かったのはマウント・プリンストン。標高4,309mにも達する山中には、20   »STORY

Topo Designs シンプルさを極めたバッグとウェア

「冬は朝からスキーを滑った後に仕事を始めるなんてことも多い。春と秋はマウンテンバイクとトレッキング、   »STORY

歴史ある森のなかの温泉で、壮大な時間のサイクルを感じて

隆起した山脈の斜面に集まるのはボルダラーやスキーヤーだけじゃない。コロラドは、サイクリストにとっても   »STORY

ユニークな温泉が待つ、グレンウッドでのヒーリングタイム

少し変わったロケーションでのボルダリングをと、アスペンから西へ。レッドストーンというエリアで、目当て   »STORY

美しいスキーリゾート、アスペン。多様な山の恵みを求めて

1848年、カリフォルニアで砂金が見つかったのを発端に、アメリカ中西部には金脈を求めて人々が殺到した   »STORY

リン・ヒル/フリークライマー PAPERSKY Interview

これまでリン・ヒルは、不可能といわれる登攀を幾度となく成功させてきた。とりわけ、ヨセミテ「エル・キャ   »STORY

伝説のクライマーと歩く、エルドラド・キャニオンでの時間

1986年、クリスチャン・グリフィスはクライマーの聖地、エルドラド・キャニオンで世界的な功績を残した   »STORY

エレッセが提案する、新たなテニス体験の機会

一昨年実施された調査によれば日本のテニス人口は約373万人。この国でテニスを楽しむ人の数は、まちがい   »STORY

ロッキーがつくった「神々の庭園」と「癒しの泉」

デンバーから車で約1時間、南へ。コロラド・スプリングスを拠点にクライミングのメッカ「ガーデン・オブ・   »STORY

MASAYA FANTASISTAと遥かなるコロラドへ

コロラド州の中核都市、デンバー市に到着したとたん、ロッキー山脈が「アメリカの背骨」と呼ばれる由縁が容   »STORY

死ぬまでに会いたい人|PAPERSKY book club

相変わらず「死ぬまでに一度は行きたい〇〇」だとか、「Once in a Lifetime:〇〇」とい   »STORY

コケ・バルトリーナ|バルセロナ、水のある風景 2

背には山が迫り、懐に海を抱えるバルセロナの街。この地で育った気鋭のフォトグラファーたちが撮る、美しい   »STORY

フランス国境まで続く異空間、コスタブラバを目指して

バルセロナの中心部から海岸線を北上すると「コスタブラバ」というオアシスにたどり着く。巨岩がつくりだす   »STORY

今日の午後は、海の見える絶景プールで

海辺のレストランでパエリアをと、趣きを感じるレストラン「Puda Can Manel 」へ。1870   »STORY

中世の細道を抜けて、バルセロネータを目指す

旧市街と呼ばれるエリアでは歩を進めるたびに、バルセロナの歴史が体に染みいってくる。中世のたたずまいを   »STORY

隠れ家ビーチで過ごす、静かなバルセロナ

にぎやかなビーチもいいけど、隠れ家的ビーチも悪くない。全長4kmにもおよぶ海岸線には、ノーマルなビー   »STORY

すべての住民がヴァカンスを楽しむように暮らせる街

この街を散策する最強のパートナーは自転車だ。点在する歴史的建築物をめぐったり、心地よいプールやビーチ   »STORY

特別な意味を持つ丘「モンジュイック」での一日

旅の始まりはケーブルカーに揺られながら標高180mの丘、モンジュイックへ。ここにはバルセロナの住民の   »STORY

水とともに楽しむ、バルセロナのライフスタイル

グラフィックデザイナーのオマー・ソーサとフォトグラファーのナチョ・アレグレはともにバルセロナで生まれ   »STORY

街中が待ち望む、「世界水泳2013 」の舞台をめぐって

今年7月、バルセロナ市民が心待ちにするビッグイベント「世界水泳2013」がこの街で開催される。92年   »STORY

Day-5 丘の上から漂う、果実の香りに誘われて

水辺ではサギの仲間、ブルーヘロンの美しい姿に見惚れ、時にはブルーペンギンまで出没するというロードを爽   »STORY

山戸浩介・ユカ|山のなかの”美味しい”旅へ

料理研究家の山戸ユカさんはご主人の浩介さんとともに、夫婦でよく山歩きを楽しむ。山歩きの最中、新たな料   »STORY

Day-4 オーガニック王国の深淵に触れる、一筋の道

街のランドマークである大聖堂や、ニュージーランド初のラグビーマッチがおこなわれたフィールド「ボタニカ   »STORY

PAPERSKY interview|ハイカーズ・デポ主宰 土屋智哉

装備を極限まで軽くし、山を歩く。こうした「ウルトラライトハイキング」のスタイルは、2000年前後から   »STORY

Day-3 太陽が育んだ、豊かな“味”を巡る旅

次に目指したのは「グレイトテイスト・トレイル」と呼ばれる、ちょっと美味しそうな名前のバイクコース。拠   »STORY

山と道|2人で追求する、どこまでも軽快な山歩きのカタチ

世界最軽量クラスの山道具で知られるガレージメーカー「山と道」。夏目彰さん、由美子さんは夫婦で山歩きに   »STORY

Day-2 シダの森を駆け抜ける、3日間の山岳ライド

クック海峡を通り過ぎる風を感じながら、フェリーで南島北部の街・ピクトンへ。ここからウォータータクシー   »STORY

Day-1 風の街、ウェリントンでギアと旅気分をチューニング

マウンテンバイクライドを控え、まずは北島南部の首都、ウェリントンへ。ここは南島への玄関口として、毎日   »STORY

旅のパートナー 伊藤弘さんと行くNZロングハイク&ライド

太古から守られてきた巨木の森と、美しい海岸線が続く北島。南島では、南極からの風が優しくたなびく勇壮な   »STORY

関所も怖い、天下の険(東海道③ 箱根 → 三島)

小田原を抜けると天下の険、箱根八里の山越えが待っている。箱根宿は東海道五十三次のなかで最も高い場所に   »STORY

ういろうの元祖は、小田原にあり|東海道② 小田原→平塚

横浜市を横断し、平塚を過ぎて大磯に入ると、潮の香りが漂ってくる。西行法師も訪れて歌を詠んだという鴫立   »STORY

バスクの海と一体化する、スローサーフ

大西洋岸ビスケー湾沿いに連なるバスク地方は、サーフィンのメッカ。スペイン側にはムンダカ、フランス側に   »STORY

SWITZERLAND

スイスの山上湖をめぐる、水の旅人

ヨーロッパ中央部に降った雨のしずくは、ほどなく、アルプスの山肌に染みこんでいく。80を超える4,00   »STORY

TOKYO

Interview 真鍋大度|メディアアーティスト

音、光、映像を駆使して見る人を楽しませるインタラクティブアート。いま、この分野で世界的な注目を集める   »STORY

AUSTRALIA

時を超えたコミュニケーション|ワラス・ロックホール

アリススプリングスから勇壮なジェームズ山脈に沿って約120km。砂を含んだ乾いた風が舞う一本道を、ひ   »STORY

AUSTRALIA

必要なものと不必要なものを知り尽くしていたアナング族

飛行機から見たウルルは、まさに地球のへそと呼ぶにふさわしい景観。赤く広がる土にポコンと突きでた巨大な   »STORY

TOKYO

いま、求められる「編集力」

明治時代以降の日本文学に関する図書、資料、原稿などが集められた「日本近代文学館」。1963年に設立さ   »STORY

OREGON

PENDLETON ナチュラルなウールへのこだわり

1800年代中盤にその第一歩を記した老舗高級衣料メーカー、PENDLETON。ネーミングのとおりこの   »STORY

OREGON

ウォーターフロント・パークを走るコース

「FIT RIGHT」は、トレイルを広義に捉え、「走り」に伴うさまざまな楽しみを追求する人気のランナ   »STORY

OREGON NIKE

NIKE 伝説は、この街で始まった|Hand Made in Oregon

「2001年にこのタイガー・ウッズ・ビルが完成したときには、本人がここからティーショットを打ったの。   »STORY

DANNER “切り株の街”で作られる、山歩きのブーツ

1932年に創業したDANNERは世界的なアウトドアシューズブランド。以来80年近く、ここポートラン   »STORY

KEEN “休暇”を豊かに彩る、ハイテクシューズブランド

2003年に誕生したフットウェアブランド「KEEN」はもともとカリフォルニアに本拠を置いていた。創業   »STORY

ランチタイムはビーチへ|Sauvie Island Run

アウトドアで遊べば遊ぶほど、会社での評価が高まる。ティムとマリグレイスはオフィスで日々、こんな説法を   »STORY

OREGON

世界的なトレイルランナー、ハル・コーナーと森のなかへ

ここオレゴン・ポートランドには、ニューヨークのアグレッシヴな空気や、LAやサンフランシスコの華やぎと   »STORY

BASQUE

ピッチにほとばしる、バスクのプライド

アルゼンチンのリオネル・メッシやポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドなど、世界のトップスターたちが   »STORY

ジェス・ハーレン「チャンスと創造性にあふれた街」

ニュージーランドの先住民、マオリの血を引くジェス。小さいころにブリスベンへ移住し、4年前、このメルボ   »STORY

アーシーなデザインのバスク風ボードケース

サン・セバスティアンでは街なかでも、ウェットスーツ姿のサーファーが歩いているのをよく見かける。海から   »STORY

ロレアック・メンディアン|バスク流クリエイティヴィティ

バスク・カルチャーを探るうえで欠かせないのが「ロレアック・メンディアン」。95年にギプスコアで誕生し   »STORY

BASQUE

バスクの旅のパートナー、ミュージシャン Caravan

世界中にヒト、モノ、コトがあふれ、世の中はハッピーなことだけじゃなくなってきている。どうやって生きれ   »STORY

BASQUE

PAPERSKY No.35 バスク特集号発売

“いまの日本に必要なのは、「シンプリシティ」ではないだろうか。思想の根幹を変え、新たな時代の思想へと   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.