Menu Links
「へんろ道」周辺には新旧様々な標石が建てられている
「へんろ道」周辺には新旧様々な標石が建てられている

DAY7: Kagawa 1200kmの旅路を完走し、1200年先に思いを馳せる

昨日あれだけ甘味を堪能したにも関わらず、本日最初に立ち寄ったのは、第79番札所・天皇寺…ではなく、そのそばにあるところてん茶屋「清水屋」だ   »STORY

猪熊氏が東京/ハワイを行き来していた時代の造形感覚あふれる作品
猪熊氏が東京/ハワイを行き来していた時代の造形感覚あふれる作品

DAY6: Ehime to Kagawa 弘法大師のふるさとで甘味三昧の一日を

まだ夜も明けきらぬうちから仙遊寺の朝勤に参加し、昨晩のカジュアルな出で立ちとは一転、法衣に身を包んだ副住職からありがたい法話を受け   »STORY

第45番札所・岩屋寺の境内に続く山道には、多くのお地蔵様が並ぶ
第45番札所・岩屋寺の境内に続く山道には、多くのお地蔵様が並ぶ

DAY5: Ehime 荘厳な風景に魅せられ、不可思議空間に惑う

古岩屋荘自慢の天然温泉で朝風呂を浴びようと部屋を出ると、窓の外には見事に色づいた紅葉が。この辺りは紅葉の名所だと聞いてはいたが、昨晩は   »STORY

四国最南端・足摺岬から望む朝焼けの風景
四国最南端・足摺岬から望む朝焼けの風景

DAY4: Kochi to Ehime ボーダーを越えて広がる四国文化の奥深さ

四国最南端・足摺岬に位置する金剛福寺は、亜熱帯植物が生い茂る南国ムード溢れる寺院だ。境内で白衣を身にまとった西洋人の姿を見つける   »STORY

牧野植物園の温室にジャングルのように生い茂る熱帯の植物
牧野植物園の温室にジャングルのように生い茂る熱帯の植物

DAY3: Kochi 土佐湾沿いを進む旅路で、自然の美に魅せられる

3日目のスタートは、境内に美しい苔が広がる第31番札所・竹林寺から。八十八箇所霊場開創1200年を迎える今年は、御本尊の御開帳を行っている寺院が多く   »STORY

絶景が広がる室戸岬東岸の濫觴遊歩道
絶景が広がる室戸岬東岸の濫觴遊歩道

DAY2: Tokushima to Kochi 空海の足跡を追いかけ、”修行の道場”へ

徳島県牟岐町付近の国道を通過中、「へんろ→」と手書きされた文字が目に飛び込んできた。そこにあったのは、徳島出身の建築家・歌一洋さんが   »STORY

第1番札所・霊山寺の仁王門でこれからの旅路に思いを馳せる
第1番札所・霊山寺の仁王門でこれからの旅路に思いを馳せる

DAY1: Tokushima 徳島で触れる伝統文化の過去と未来

旅のスタート地点は、四国巡礼の第一歩とされる”発心の道場”・徳島県。大谷焼の窯元が点在する県道を経て、やはりまずは第1番札所・霊山寺へ   »STORY

旅の途中、四国遍路を「プリウスPHV」で巡る編集長ルーカス
旅の途中、四国遍路を「プリウスPHV」で巡る編集長ルーカス

HENRO-ing クルマで見つける新しい四国、ドライブ遍路1200km

真言宗の開祖・空海(弘法大師)が、42歳で四国・八十八霊場を整えたと言われる年から1200年目を迎える2014年。節目となるこの年に、ルーカス編集長   »STORY

HENRO-ing 1200 years × 1200 km × 120 sec.
HENRO-ing 1200 years × 1200 km × 120 sec.

HENRO-ing 1200 years × 1200 km × 120 sec.

『クルマで見つける新しい四国、ドライブ遍路1200km』をテーマに、ルーカス編集長率いるPAPERSKY取材班が、1200年の歴史を持つ四国お遍路の道を   »STORY

© 2008-2017 Knee High Media. All Rights Reserved.