Menu Links
  • Photography: Naoki Ishikawa
  • Photography: Naoki Ishikawa
  • Photography: Naoki Ishikawa
  • Photography: Naoki Ishikawa
  • Photography: Naoki Ishikawa

Final Frontier Shiretoko, Hokkaido 知床半島・石川直樹

, 2019/08/14

世界中のいろいろな場所を旅してきたが、その地を好きになるかどうかは、結局のところ人との縁としかいいようがない。見たことのない風景を見られるからとか、気持ちよくて落ち着けるからとか、懐かしい気持ちになるからとか、尋ねた場所を好きになる理由はたくさんある。けれど、何度も通いたいと願い、住みたいとさえ思うようになるのは、そこでの出会いが一番大きいようにぼくは思う。

その点、知床で、ぼくは出会いに恵まれた。

初めて訪ねたのは2001年頃で、まだ今ほど「流氷ウォーク」という遊び方が定着する前に、ドライスーツを着て流氷の上を歩き、氷の裂け目に飛び込んで冬の海を漂った。その頃の北海道旅行で知り合ったHさんは、今は知床でネイチャーガイドをしていて、ウトロに滞在していると、ばったりと出くわすことがある。

写真家たちが集まって道東を巡るスライドショーのツアーをしたときに取材してくれた女性は、今も斜里町に行けば必ず会う友人となっている。

閉校してしまった朱円小学校では、最後に通っていた生徒のみんなと卒業アルバムを作った。その朱円小学校の近くには、もともとパン屋をやっていた友人が住んでいて、最近も遊びに行ったばかりだ。

町役場の個性的な面々と知り合えたのは、ポスターを作る仕事を引き受けたことがきっかけだった。そこから派生して、いろいろな面白い試みがはじまったし、そうした動きがこれからもずっとずっと続いていけばいいなあ、と思っている。

斜里のなじみの宿の家族はいつも温かく自分を迎えてくれるし、閑散とした飲み屋街のスナックはいつ行っても落ち着ける。ウトロでよく行く手作りの土産物屋はマイペースな感じが大好きだし、道の駅は友人が一緒なら必ず連れていって、その誰もが品ぞろえに満足してくれる。

ウトロの知床自然センターの人たちには毎回様々なことを教えてもらっていて、本当にありがたい。その自然センター内には、新しいアウトドアのお店がオープンしたし、美味しいコーヒー屋さんもできた。

こうした繋がりのなかで、写真を軸にして地元の人たちと知床の魅力についてもう一度考えていこうとするグループ『写真ゼロ番地』も生まれ、毎年、多くの人と協同しながら写真展を開催させてもらっている。

他にも振り返ればキリがない。ぼくは知床でたくさんの出会いに恵まれた。

もちろん、人を寄せ付けない厳しい自然は極めて魅力的だ。羅臼岳をはじめとする知床連山、半島の突端にある知床岬、ウトロの海岸や森、野生動物たちとの邂逅、打ち寄せる流氷などなど、夏も冬も楽しめる自然は知床に人を惹きつける大きなポイントである。各所にある温泉も最高だし、魚も野菜もあらゆる食べ物がお世辞抜きに美味しい。が、そうしたことだけなら、ぼくはこの地をここまで好きにならなかった。

人と共にある自然、自然と共にある人、そんな繋がりをどこよりも強く感じさせてくれる知床半島が、ぼくは好きなんだと思う。

知床は日本列島の端にある。端に立てば、当然その先が気になる。異なる国や地域が目の前にあれば、おのずと自分のことを相対的に見つめ直すことになる。近くにある外国を意識しつつ、知り合った人々の営みに惹きつけられながら、ぼくはそこに自分自身を省みているのかもしれない。

列島の端っこにありながら、実はあらゆる示唆に富んでいる「知床半島」という場所に巡り合えたのは、ぼくにとって幸運だったとしかいいようがない。

石川直樹 Naoki Ishikawa
1977年、東京生まれ。2008年、『NEW DIMENSION』『POLAR』で日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞を受賞。2011年、『COLONA』で、土門拳賞を受賞した。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』ほか多数。2016年、知床の写真好き有志と、知床フォト・プロジェクト「写真ゼロ番地 知床」を立ち上げ、新しい知床、多様な知床を発信している。
2019年10月4日より、鹿児島「霧島アートの森」にて、「島は、山。」island≒mountain展が開催される。

» PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue

Tags: ,









アイヌ音楽、受け継がれる伝統と変容し続ける未来

口承で伝えられるアイヌ文化は、音楽もまた独自の進化を遂げてきた。伝統を受け継ぐ一方で、どのように表現… »STORY

Day6 網走~北見~音威子府|ビッキ終焉った。の地でゴールを迎える

最終日となる6日目。日本最北に位置する稚内の少し手前にある音威子府村がこの旅のゴールだ。目的は、彫刻… »STORY

Day5 斜里~網走|斜里のコミュニティで、牛を描く作家に出会う

5日目はまるまる斜里町で過ごした。宿泊した「しれとこくらぶ」は、ホスピタリティがすばらしく、いろいろ… »STORY

Day4 根室〜斜里|自然が凝縮。狭いが奥深い、知床半島を走る

4日目は、世界自然遺産の知床半島を目指す。根室から別海、野付半島、羅臼町まで一気に海沿いを走り抜け、… »STORY

Day3 大樹~根室|東の果て、根室に魅了された夫妻のもとへ

大樹町の「MEMU EARTH HOTEL」からスタートした3日目。東へと車を走らせ、根室半島を目指… »STORY

Day2 白老~鹿追~大樹|鹿追町「page」の工房で、手仕事に触れる

2日目は、白老町から大樹町へ。その途中にある、鹿追町で「page」として活動する木工作家・高野夕輝さ… »STORY

Day1 函館~八雲~白老|山麓の渓流で魚と戯れる

到着した日の函館は曇天だった。ときどき小雨が混じる、肌寒い日。それでも旅の始まりはいつだって気分が高… »STORY

木彫り熊に会いに、北海道八雲町へ

誰もが知る存在でありながら、じつは隠れた歴史をもっている北海道の木彫り熊。そのルーツである八雲町を、… »STORY

Memu Earth Hotel 前衛建築と自然が織りなす、唯一無二の空間

十勝の雄大な自然のなかにたたずむ「MEMU EARTH HOTEL」。2018年、著名な建築家が手が… »STORY

The North Face / Helly Hansen in Shiretoko

持続可能なツーリズムという観点から、知床自然センター内にオープンした「THE NORTH FACE … »STORY

PAPERSKY STORE @ Enter Zone Outdoor

9月7日(土)、8日(日)の2日間、北海道・札幌にあるPeakPerformance Sapporo… »STORY

PAPERSKY Hokkaido Road Trip with Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツのあるライフスタイル情報を発信するウェブサイト「Mercedes-Benz LIV… »STORY

PAPERSKY 北海道特集発刊記念トークイベント @ 江別 蔦屋書店

9/6(金)、江別 蔦屋書店 "暮らしの棟 コミュニティパーク"にて、PAPERSKY 60号「北海… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.17 Hokkaido

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

人と大地の豊かさに触れるドライブの旅

北海道はロードトリップの旅が似合う。約83,457km2の面積、東京都の38倍もある広大な土地は、都… »STORY

森と人をつなぐ、飛生アートコミュニティー

1986年、廃校跡地に生まれた飛生アートコミュニティー。春からの森づくり、9月の芸術祭とキャンプイベ… »STORY

編集長ルーカスが選んだ北海道みやげ

編集長ルーカスが北海道でみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。写真は、… »STORY

今、ここにある、北海道|Editor’s Note #60

ピクシーズの「Where is My Mind?」が、ブルメスター社のサウンドシステムから鳴り響いて… »STORY

PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue 北海道特集 発売

7月30日発売の「PAPERSKY」最新号(#60)は、北海道特集。日本でありながら、どこか異国へ誘… »STORY

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 北海道編

次号PAPERSKYの特集は、北海道。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundtra… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝 ムービー

2018年9月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 十勝のレポート映像がで… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝」開催レポート

北海道の十勝地方で開催した、今年最後のツール・ド・ニッポン。広大な畑、牧場、そしてどこまでも続く真っ… »STORY

マップでめぐる十勝|+10 City Maps No.24 Tokachi

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第24弾は、北… »STORY

Hokkaido Travel Towel 北海道 手ぬぐい|PAPERSKY STORE

「PAPERSKY Tour de Nippon」の開催に合わせて制作している、PAPERSKY ×… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 十勝

日高山脈と太平洋に挟まれた、北海道のまんなかの蒼茫たる大地、十勝地方。大豆、小豆、じゃがいもなどの大… »STORY

工房 十勝の木のうつわの食器|日本のつくり手 第14回

十勝平野の中心、帯広から車で30分ほど。北海道の雄大な自然の中にひっそりと佇む廃校に到着すると、職人… »STORY

place
北海道

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.