Menu Links
  • PHOTOGRAPHY: SHINGO WAKAGI
  • PHOTOGRAPHY: SHINGO WAKAGI
  • PHOTOGRAPHY: SHINGO WAKAGI
  • PHOTOGRAPHY: SHINGO WAKAGI
  • PHOTOGRAPHY: SHINGO WAKAGI

ENALLOID × PAPERSKY “Through the Lens” 002 若木信吾

, 2019/05/09

PAPERSKY本誌との連動企画「ENALLOID × PAPERSKY “Through the Lens”」。着る服を選ぶようにメガネのフレームも選んでほしいと、シンプルでスタンダードなフレームを展開する「エナロイド」と、各地の風景を独自の視点で切り取る写真家によるコラボレーション企画です。メガネのレンズとカメラのレンズ、それぞれのレンズの先にはどんな世界が広がっているのか…..? 3回シリーズでお届けする最初の写真家は、若木信吾さん。若木さんが旅先で出会った、レンズをとおしてみた世界とは?

****
ENALLOID × PAPERSKY “ Through the Lens”
写真家がレンズの向こうに見た世界 002 若木信吾
San Diego, USA | 2019年春

SNSがまだなかった頃、インターネットどころかテレビもなかった時代、町の情報は床屋に集まってきていたという。髪に触れられ、カミソリで髭を剃ることを委ねられる相手には、ついついプライベートなことまで喋ってしまうのだろう。しかも、一度、通い始めた床屋をそうそう変えることはしないから、定期的な情報のアップデートもされる。しかし街角ごとに床屋がある場合はどんな感じなのだろう。床屋同士の情報交換はあるのだろうか。SNSの別のコミュニティ同士が、コミュニケーションをあまり取らないのと同様、近所に何軒もあってもお互い干渉し合わず、店は成立するのだろうか?

サンディエゴのナショナル・シティという町にたどり着いたのは偶然で、僕の好きなアーティスト、ジョン・ボルデッサリの出身地だということをフリーウェイを走っていてたまたま思い出したからだった。その町は自動車街が有名で、新車ディーラーが、道の両脇に1マイルほど続き、「マイル・オブ・カーズ」とうたわれるほどだ。きっと床屋が多いのも車のセールスマンがたくさんいるからなのかもしれない。

床屋の店構えがそれぞれ特徴的で、撮影しながら街を歩いていると、カットケープをつけたままのお客さんが店から出てきて、「何か用か?」と尋ねられた。「店構えがいいから写真を撮ってたんだ」というと、「そうか」と興味なさそうに店に戻ろうとしたので、「ちょっと中を見せてもらってもいい?」と図々しく入り込んで、写真を撮らせてもらった。こういう時、美容室ではなくて、床屋の方が入りやすい。男のグルーミングはある種の見せどころだから。身だしなみにこだわっているのを見せるのは恥ずかしいことではない。ある店では、OB理容師が友人に頼まれ、たまたま店を開けていたり、床屋コンテストで優勝したトロフィーを窓際に飾って「日本から取材か?いつでも俺の店を撮ってくれ」という床屋さんもいたり。

床屋で頭も顔もすっきりキメた後は、近所でピザを食べるのも良さそうだ。なんといってもこのピザ屋は若い頃のトム・ウェイツが働いていた場所だ。ここを舞台にした歌もいくつかあるくらい、トム・ウェイツにとっても思い出深い場所なのだろう。ナショナル・シティの三大名物を「車」「床屋」「ピザ」として、休日にこの3つをのんびり楽しめたら、翌日からの仕事にも覇気が出ることだろう。

***
Frame 002
彫金と乳白色のバランスが特徴の「TIMELESS」
model: TIMELESS we 46
color: Milky Brown Sasa (182)

テンプル内側に彫金を施したクラシカルな雰囲気に、ENALLOIDらしい乳白色が絶妙なフレーム「TIMELESS」。薄いレンズカラーは室内でも使用できる濃度に仕上がっています。
 
About Enalloid
岐阜県中津川にて1947年より続くプラスチックフレームファクトリー「恵那眼鏡工業」によるオリジナルブランド。古くから続くスタンダードを守りながら、メガネの新しいスタイルを発信するエナロイドは、デザインや素材のクオリティを重視したジャパン・メイドのフレームとして国内外で評価の高いシリーズです。使いやすさや掛け心地の良さに加え、「日常をちょっといいものにする」をコンセプトに、着る服やアクセサリーを選ぶように、その日の気分でフレームを選ぶ楽しさを提案しています。
http://www.thorough.jp/enalloid/

Photographer 001
若木信吾|Shingo Wakagi
1971年静岡県生まれ。写真家/映画監督。ニューヨーク州ロチェスター工科大学写真学科卒業。雑誌・広告・音楽媒体など幅広い分野で活動中。雑誌『youngtreepress』の編集発行を務め、浜松市の書店「BOOKS AND PRINTS」のオーナーでもある。映画:撮影、監督作品に『星影のワルツ』『トーテム~song for home~』『白河夜船』(原作:吉本ばなな)などがある。

Tags: , , ,









Bi-Rite Market | 人々のマインドを変えていく、食のストーリー

サンフランシスコでは誰もが知る、まさに「行列のできるスーパーマーケット」。ここではその食材が誰によっ… »STORY

「複合農家」という新しいファームの形|Made in Ghent

「これが地図だから、自由にまわって」。と渡された手書き地図。歩き始めるとどこからともなくアヒルたちが… »STORY

アートからファームへ。華麗なる転身|Star Route Farm

キャッツキルはかつて農業で栄えたエリア。高齢化などにより一度は廃れた農業を近年、若い農家たちが復活さ… »STORY

Black Magic Paintカスタムペイントで、愛車に唯一無二の個性を!

「Black Magic Paint(BMP)」はポートランド郊外に工房を構えるバイクのカスタムペイ… »STORY

自転車教育も行う先進的なコミュニティセンター

ポートランドから南下することおよそ2時間。オレゴン大学の所在地として知られるユージーンは、オレゴン州… »STORY

Randi Jo Fabrications 田舎暮らしからバイクパッキングツールを生みだす

ランディ・ジョー・スミスが夫と子どもの家族4人で暮らすのは、人口200人に満たない小さな街、エルクト… »STORY

Bike Friday 折りたためるロードバイクは乗り心地も最高!  

折りたたんでスーツケースにしまえ、世界中、どこにでも連れていける相棒。そんなコンセプトの「BIKE … »STORY

Doughnut Ride レーンを駆使して、ドーナッツ店をホッピング|Oregon Cycling 06

ご存じかもしれないが、ポートランドは一大ドーナッツタウンである。アメリカ人は元来、ドーナッツ好きとい… »STORY

Chris King オレゴンのバイク・コミュニティの立役者

「Chris King Precision Components」社は、ポートランドに拠点を置く自転… »STORY

Lighthouse Ride 灯台にステイして海岸線をライド|Oregon Cycling 05

「オレゴンには海がある」というと、びっくりする人も多いだろう。太平洋に面するオレゴン・コーストは、約… »STORY

Dustin Klien 西海岸のバイクシーンを牽引するカリスマ

自転車、スケボー、アート、音楽。長くサンフランシスコのバイクシーンを牽引してきたアーティストでデザイ… »STORY

Lodge Ride バイクパッカー憧れのビッグライド|Oregon Cycling 04

「オレゴン・ティンバートレイル(OTT)」はアメリカ最長を誇る、全長およそ1,070kmのバイクトレ… »STORY

Fishing Ride デシューツ川でバイクフィッシング|Oregon Cycling 03

今日のライドはフライフィッシングの本場、セントラル・オレゴンを流れるデシューツ川流域である。スタート… »STORY

Portland Japanese Garden|ポートランドで見つける、“本物”の日本

隈研吾が手がけた建築物が新たに加わった「ポートランド日本庭園」。リニューアルオープン以来、伝統的な日… »STORY

Winery Ride 飲んで漕いで、ワイナリー・ライド|Oregon Cycling 02

オレゴン州はワインの一大産地である。その歴史は1840年代に遡るというからなかなかのものだ。代表的な… »STORY

現代のチマヨ織りに、砂漠の風景を紡いで|Art in New Mexico(6)

チマヨはサンタフェの北東にある織物の街だ。現在、チマヨ様式と呼ばれる織物のスタイルは、20世紀初頭に… »STORY

Fossil Ride 自然が描いた神秘のストライプ|Oregon Cycling 01

ペインテッドヒルズはジョン・デイ化石層国定公園で見られる、セントラル・オレゴンを代表する絶景である。… »STORY

Teva®のシューズで秋のポートランドを遊び尽くす

豊かな自然と美食とクラフトビールと!「Bike City USA」と謳われるポートランドには、コージ… »STORY

PAPERSKY Interview 田中慎也/サイクリスト

名古屋を拠点に、独自のサイクルカルチャーを築いている名物店、「サークルズ」。自転車の奥深い魅力を、日… »STORY

編集長ルーカスが選んだオレゴンみやげ

編集長ルーカスがオレゴンでみつけた旅のおみやげが、オレゴン特集号本誌にて紹介されています。オレゴン州… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.18 Portland

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

オレゴンの景勝地と7つの自転車

日本の本州と四国を合わせた面積とほぼ同じ広さを誇るオレゴン州。オレゴン州というと荒々しい海岸線や手つ… »STORY

Delta Air Lines | Direct Flight to Portland

デルタ航空は、2020年春より米国―東京間の全運航便を成田空港から羽田空港に移行されます。これに伴い… »STORY

高山都さんと自転車で巡るオレゴンの旅

アウトドアアクティビティの本場、オレゴン州の魅力を体感するなら断然、自転車がいい。自転車の速度だから… »STORY

オレゴンの8番目のワンダー、それは自転車!|Editor’s Note #61

オーガニックフードを食べると、最高の気分になる。オーガニックな交通手段である自転車に乗ると、やはり最… »STORY

PAPERSKY #61 OREGON Cycling issue オレゴン特集

11月30日(土)発売のPAPERSKY最新号(#61)は「オレゴン/サイクリング」特集! 美しい自… »STORY

name
サンディエゴ
place
アメリカ

© 2008-2020 Knee High Media. All Rights Reserved.