Menu Links
  • Photography: Jules Davies

標高も高く気分も上がる、ニューメキシコ|Editor’s Note #58

, 2018/12/01

ニューメキシコにいると、空に浮かぶ雲に手が届く、ように感じる。地平線の向こうに目をやると、海が見えてくる、ように感じる。夜になると、星々が輝く天の川で頭を洗える、ような気がする。乾燥した砂漠に落ちる雨粒のにおいをかぐと、ブタの鼻でピニオンマツの香りを吸っている、ように感じる。そうして自然に酔ってくると、オレンジや赤、ピンクやグリーンの光が嵐となって現れ、終わらない子守唄のように次から次へと色のスペクトラムが変わっていく、ように感じる。そう、感じる。感じる。感じる。感じる!

ニューメキシコにいる間、僕はたびたび日本で感じるような畏敬の念に抱かれた。それはこれまでアメリカという国では感じたことのない感覚だった。この土地の文化、つまりこの土地の深層にある、大地と人々に敬意を表した文化に取り巻かれる感覚とでもいえばよいだろうか。それは空気のなかにも、アート作品、クラフト、プエブロ建築、そして今回の旅で出会った人々の心のなかにも感じられるものだった。その文化の基層には先住民の文化があり、その上にスペインやメキシコの文化、表層部には西洋文化が広がっている。これらが渾然一体となって、まさに「ニュー」なニューメキシコが、今ここに存在している。

画家のジョージア・オキーフは、ニューメキシコに魅せられ、40年以上もの間、この地で絵を描き暮らしていた。オキーフが作品をとおして表現したかったもの、それはニューメキシコの「Outdoor Beauty=自然美」である。オキーフは自身が感銘を受けた風景をそのままに描く才能があった。その風景とは彼女が見たすべてのもの、つまり目に見えるもの、見えないもの全部含めた風景を描く、稀有な画家だった。そして彼女が見せてくれたもの、それは本当のニューメキシコの色であり、「魅惑の地」そのものだった。

オキーフの筆使いにふれ、この地に2週間ほどいたら、僕らの目にもオキーフが見た風景が見えてきた。かつてオキーフはニューメキシコについて「空気がどこか違っている。空は違うし、星々も違う。風も違う」と語っていたが、本誌を手がかりにニューメキシコを旅すれば、きっとあなたもオキーフの言う、「他とは違った何か」がわかるだろう。

 
Naturally Higher in New Mexico

When in New Mexico you can pick big fluffy clouds out of the sky. Or so it feels. And you’re eyes travel beyond the horizon and see an invisible sea. Or so it feels. And in the evening the Milky Way washes your head with twinkling star dust. Or so it feels. And the smell of a few precious drops of rain hit the dry desert dirt and turn your nose into a snout which effortlessly sucks in the delicious smell of piñóns. Or so it feels. And just as you become drunk on nature a storm of color and light flashes oranges, reds, pinks and greens before your eyes and you begin to glide from one color spectrum to the next as if caught in an endless lullaby. Or so it feels. So it feels. It feels. Feels. Feel!
In New Mexico, I was awe struck by a feeling that I frequently get in Japan but had never felt in the United States. I was struck by a feeling of culture, deep culture, a culture that was respectful of both people as well as the land, I felt this culture in the air, in the artwork, in the crafts, in the pueblo architecture and in the hearts of the individuals we met during our travels. New Mexico is filled with a strong Native American culture, it also has inherited a Spanish culture and Mexican culture and most recently a Western culture. Today these cultures combine to create a truly ‘new’, ‘New Mexico’.

Georgia O’Keeffe who lived in, painted, and explored New Mexico for over 40 years is the focus for our New Mexico ‘Outdoor Beauty’ issue. She was gifted with a talent to literally paint the landscape as she saw it and in doing so bring out it’s spirit for all of us to see. She made visible the invisible and in doing so showed us the true colors of New Mexico, ‘The Land of Enchantment’.
After following in O’Keeffe’s brushstrokes for two weeks we too began to see New Mexico as she did. O’Keeffe once said of New Mexico: “It’s something that’s in the air, it’s just different. The sky is different, the stars are different, the wind is different.” And we at Papersky believe a trip to New Mexico will make you different as well.
 
» PAPERSKY #58 NEW MEXICO|Outdoor Beauty Issue

Tags:









生涯をかけて集めたネイティブアメリカンアート|Art in New Mexico(3)

1902年に生まれたミリセント・ロジャースは、20世紀初頭を代表するソーシャライツ。母親の影響で早く… »STORY

A.ジラードの世界観を凝縮した、驚異のジオラマ|Art in New Mexico(1)

アレキサンダー・ジラードといえば、ミッドセンチュリー期のハーマン・ミラー社を代表する建築家兼テキスタ… »STORY

El Rey Court 南西部の個性が際立つ、アートな宿へ

サンタフェらしい休日を満喫できるのが、ダウンタウンから車でおよそ 10分の場所にあるブティックホテル… »STORY

心を揺らす自分だけのプレイスを探して|O’Keeffe’s New Mexico 5

ニューメキシコでのオキーフは、夫であるアルフレッド・スティーグリッツの反対を押し切って車を買い、自ら… »STORY

Los Poblanos エシカルを発信するラベンダー農場へ

「Los Poblanos」は「世界のベストホテル100」にも選ばれたことのある、自然豊かなファーム… »STORY

アドービの集落と小さな教会に魅せられて| O’Keeffe’s New Mexico 4

タオスはサンタフェから100kmほど離れた、砂漠の荒地にたたずむ街だ。オキーフが半生を過ごすことにな… »STORY

アートと美食三昧、Teva®と歩くサンタフェの街

力強い太陽の光、コバルトブルーの空とコントラストをなす、 エキゾチックな土色の建物。自然が培ったサン… »STORY

砂漠のまんなかのオフグリッド暮らし

シンガポール生まれのジェフと、セントルイス出身のコリーン。 LAからアビキューの砂漠へ拠点を移したカ… »STORY

画家に永遠の霊感を与えた、多色の荒地|O’Keeffe’s New Mexico (2)

ゴーストランチはピンクやオレンジ、イエロー、赤、紫など、さまざまな色の砂岩でできた古代の丘が点在する… »STORY

スペイン人がつくった歴史と文化とアート | O’Keeffe’s New Mexico 1

ニューメキシコの州都サンタフェは、アメリカで最も古い歴史をもつ州都だ。ヒスパニック系と、プエブロ族や… »STORY

TRAVELING SHIRTS vol.2 USA, New Mexico

JAMES&CO. × PAPERSKY「TRAVELING SHIRTS」は、毎回、本誌編集長のル… »STORY

管啓次郎/比較文学者・詩人|PAPERSKY Interview

詩人として、また比較文学者として、世界のさまざまな土地を訪れながら思考し、創作を続ける管啓次郎さん。… »STORY

孤高の画家、ジョージア・オキーフを追いかけて

男性が支配していた20世紀初頭のアートシーンに新たな可能性を切り拓いた画家、ジョージア・オキーフ。周… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.15 New Mexico

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

モデル&写真家の琉花さんとアメリカ・ニューメキシコ州へ

モデル、そして最近ではフォトグラファーとしても活躍する琉花さんが、ニューメキシコ州アルバカーキの空港… »STORY

アーティストもヒッピーも。ニューメキシコで見出す自分の居場所

砂漠のイメージが強いニューメキシコ州は、じつは変化に富んだ地勢をしている。州北部には深い原生林が、サ… »STORY

編集長ルーカスが選んだニューメキシコみやげ

編集長ルーカスがニューメキシコでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。… »STORY

PAPERSKY #58 NEW MEXICO|Outdoor Beauty Issue 発売

「PAPERSKY」最新号(#58)が、11月30日に発売となります。今回の特集先は、ネイティブ・ア… »STORY

料理と畑仕事と。穏やかに過ごしたもうひとつの家|O’Keeffe’s New Mexico (3)

オキーフに霊感を与えるゴーストランチは、アートには完璧な場所だったが、それでも一年をとおして暮らすに… »STORY

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 ニューメキシコ編

次号PAPERSKYの特集の地は、アメリカ・ニューメキシコ。11/30の発売に先駆けて、「PAPER… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.