Menu Links
  • Photography: Shota Taira 
  • Photography: Shota Taira 
  • Photography: Shota Taira 
  • Photography: Shota Taira 

ニッポンの魅力再発見の旅 宮古島

, 2018/05/21

沖縄本島から宮古海峡を飛び越え、290km。宮古島と7つの島、宮古諸島にたどり着く。独自に発展した、みゃーくふつ(宮古方言)や、御嶽信仰、ウヤガン祭やパーントゥなどの稀有な祭祀……。輝くばかりの青さと神秘に包まれた、南の島の旅へ。

「宮古ブルー」と讃えられる島の青さは、旅人を惹きつける魅力とエネルギーに溢れていた。空はどこまでも清々しく、透きとおる海は神秘的ですらあった。「橋の上からウミガメの泳ぐ姿が見えるんです」と、島の人は誇らしげに笑う。橋とは隣接する池間島、来間島、伊良部島へとかかる、歩道のある道路橋のこと。160km2に満たない宮古島はどこにいても、たとえばガジュマルの生い茂る鬱蒼とした森を歩いていても、ほのかな潮の香りや湿った空気が、海の気配をいつもすぐそばに感じさせてくれる—。

那覇空港から50分のフライトを終え、レンタカーに乗り込んだ。幹線道路を走り市街地へ。漠然と長閑な田舎と海ばかりをイメージしていたので、本土の地方都市と同じような繁華街があるのは意外に映った。しばらく眺めていると、建物のほとんどが箱型のコンクリート建築だと気づく。商業施設も、民家も、畦道にポツンとある農具小屋さえも。—台風対策か—。そうわかってからは、外壁にところどころ施されているささやかな装飾、沖縄特有の「花ブロック」という幾何学模様に切り抜いた風通しのいいブロックが、とてもチャーミングに思えた。風土から生まれたデザインの実用美に、苦境にさらされても明るさを失わない、島人のスピリッツの一端を覗いた気がした。「それは孤島の宿命なんです。自然の驚異を受け入れ、乗り越えていく。“なにくそ、負けるか”という気持ちを表す島の言葉、“あららがま”の精神を、私たちは連綿と受け継いでいるんです」。祥雲寺の住職、岡本恵昭さんはそう言った。今回の取材のために関東から駆けつけてくれた書家アーティスト、新城大地郎さんのお祖父さんだ。親から子へ、そして孫へ。バトンをつなぐように伝承される高邁な精神性がゆっくりと語られていく。島に根づく、家族や集落の“共同体”の意識。それはやがて、島独自の祭り(祀り)につながる。御嶽という限られた者しか立ち入ることのできない神聖な場所で、口伝のみで存続する集落ごとの儀式や神歌により年に数度行われる秘祭。宮古ではそれが日常の延長に、当たり前のものとしてある。しかしそれも、近年はなくなったり徐々に形を変えていたりするそうだ。かつて大地郎さんはそれに危機感を抱いていたが、「集落のおばあたちに、それでいいの? って訊いたら、大丈夫、大丈夫さー、って」。何かが変わっても、根の部分、大切なものは変わらない。それが島の偉大さ、寛大さ。先祖が代々生きてきた術。悩む孫に岡本さんは「変わっていくのが歴史でしょ」と伝えたという。

ふと目覚めると、港の風景が広がっていた。それは大きな窓枠に切り取られ、まるで絵画のように見える。壁にかかるサンドアートで、「Hotel Locus」で朝を迎えたのだと思い出した。今年1月にグランドオープンしたこのホテルは、宿泊者をアクティブな気持ちにさせる。無駄を省いたシンプルな内装はスタイリッシュで、ホテルでぼやぼやくつろぐのではなく、せっかくの美しい島を体感してほしい、という粋な心配りが伝わってくる。「食や文化やスポット、当ホテルだけでなく、島全体をひとつの魅力的なリゾートとして提案しています」とマネージャーの高田和大さん。地元のアーティストや漁師や住民、地域とのつながりを大切にしているからこそ、スタッフは定番からコアまで島のスポットに詳しく、宮古ならではのハンドクラフト体験やマリンアクティビティも案内してくれる。フロント脇のショップには、島の伝統に現代的な感覚をプラスしたセンスのいいプロダクトが並び、「LOCUS TABLE」では島野菜や地産の肉や魚をふんだんに取り入れたポップなホテルグルメが朝昼晩と堪能できる。さりげなく島との一体感を感じさせるスタンスは「宮古に来たらまた泊まりたい」と素直に思わせてくれるし、とても居心地がいい。レンタルバイクがあるのもうれしいポイントだ。

この島は他にも「また来たい」だらけだった。行列のできる「モジャのパン屋」のパンは、素朴だけれどしっとりと深い素材の味がして、食べるとほんのりハッピーに。島の野菜とフルーツでつくる「ジュース屋うる」のスムージーや酵素ジュースは、明らかにここでしか飲めない品々で、身体にじんわり染みる感覚がクセになる。「じゃからんだ」はご当地グルメの極致。地元の旬が溢れんばかりにつまったメニューは、訪れる人々の五感を癒す。「夏になると、太陽のにおいがするのよね」。元気いっぱいな島の子どもたちが通う「はなぞのこどもえん」の園長、新城久恵さんは、嬉しそうに言った。「ここで暮らしていると、日々に追われてあくせくしてたらもったいないな、もっと広い心をもたなきゃ、って思えます」。

宮古島には、海のように深く、見た目以上に果てしのない美しさがあった。
  
PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 宮古島(2018.5.26-27開催)
http://www.papersky.jp/tour/miyakojima/

PAPERSKY Tour de Nippon in 宮古島 Movie
https://www.youtube.com/watch?v=Bj17HqTyFHc
 
» PAPERSKY no.56 HAWAII | RETREAT Issue

Tags: , , ,









PAPERSKY Tour de Nippon in 宮古島 Movie

2018年5月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 宮古島のレポート映像が… »STORY

マップでめぐる宮古島|+10 City Maps No.23 MIyakojima

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第23弾は、沖… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 宮古島」開催レポート

沖縄本島と台湾のほぼ中間に位置する宮古島。“宮古ブルー”と呼ばれる青く澄んだ海とサンゴ礁に囲まれ、空… »STORY

奥原硝子製造所のペリカンピッチャー|日本のつくり手 第13回

那覇市内に工房を構える『奥原硝子製造所』は昭和27年創業。現在も稼働している琉球ガラスの工房では沖縄… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 宮古島 参加募集スタート

ツール・ド・ニッポンが初夏の旅先に選んだのは、青く澄んだ海と白砂のビーチ、美しいサンゴ礁が広がる沖縄… »STORY

津田直 新作写真展「IHEYA ・ IZENA」

写真家・津田直による新作写真集「IHEYA ・ IZENA」の刊行に合わせた写真展が、8/19(金)… »STORY

近代の手が届かないロマンス|Yaeyama weavers|染織 3

新絹枝が身にまとった藍色の着物の袂をたくし上げると、織り上がった布に日光が影を落とす。「その着物はお… »STORY

石垣島の新しい魅力を伝える「ISHIGAKI NOW」USIO Design Project

「ISHIGAKI NOW」は、USIO Design Projectから生まれた、石垣島の新しい魅… »STORY

日本の端にある苧麻|Yaeyama weavers|染織 2

潮風が石垣の町全体に吹き渡り、3階の窓から入ってくる。木製の織機や、その前に座る女性たちの間を縫って… »STORY

長く深い洞窟から持ち帰った布|Yaeyama weavers|染織 1

八重山の女性は400年にわたって、織物を年貢として上納してきた。織りの作業は難しく、根気のいる仕事で… »STORY

“ラフ&ピース”をテーマにした沖縄国際映画祭

毎春宜野湾と那覇で開催され、今年で5年目を迎えた「沖縄国際映画祭」。"ラフ&ピース"(笑いと平和)を… »STORY

ハナレグミ|旅に出て、内なる自分を手に入れる

2006年は、永積タカシにとって変化の年だった。クラムボン・原田郁子とポラリス・オオヤユウスケとのコ… »STORY

OKINAWA

レインボーブルー|沖縄、八重山諸島の3つの島へ(No.21)

僕たちの乗る飛行機が、石垣空港の短い滑走路に例のごとく緊急ブレーキでの着陸を試みようと急降下する直前… »STORY

ハナレグミと八重山民謡の意外な共通点

沖縄に惹かれ、もう何度目かわからないほど訪ねているという、ハナレグミの永積タカシさん。Papersk… »STORY

OKINAWA

Island+Cycling 自転車に乗って島の地図をつくろう

沖縄県八重山諸島、石垣島から高速船でわずか10分で到着する竹富島。旅のミッションは、島の地図を作るこ… »STORY

place
宮古島

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.