Menu Links
  • Photography: Gustav Karisson Frost

フィーカは、ソーシャルな文化に変化してきた|Sweden Fika Guide 1

, 2018/01/11

訪ねたのは、“動物の庭”という意味合いをもつユールゴールデン島の森の奥、5,000ヘクタールにも及ぶ広大な土地に野菜、ハーブ、花々が咲き乱れる「Rosendals Trädgård」。もともとは王家の別荘の庭だったバラ園を1980年代に財団が引き取り、バイオダイナミック農法の庭園へとつくり替えたのだという。ここで採れた素材を生かした料理やお菓子が食べられる温室のカフェは、午後になるとフィーカを楽しむ人々でいっぱいになる。このカフェのマネージャーを務めるクリストファー・ベスコウと、若い感性で世界的な菓子コンテストでもたびたび受賞しているペイストリーシェフ、コンラッド・ティルセンに、フィーカの話を聞く。

「ここのペイストリーは、誰もが懐かしく感じるホームメイドのような味わいのなかにも、素材のよさと気の利いたアレンジがある。僕自身、もともとなんでも手づくりする家庭に育っているので、ベーシックなものづくりへの尊敬があるんだ」と話すコンラッドは、原点を思い出すためにときどきここでフィーカをするという。「昔は、フィーカというとおばさまたちがおしゃべりするお茶の時間だったのが、今ではソーシャルな文化に変化してきた。大切なコミュニケーションの時間には、場所と気分にフィットするお菓子があるといい。僕だっていつもここにいると、素材がよく職人的でいてモダンにデザインされた君のつくるペイストリーが無性に食べたくなるよ」と、クリストファー。今ではノルディック・キュイジーヌの原点回帰の哲学は、世界的なスタンダードになった。小さなカフェからハイエンドなレストランまで、どんなスタイルにおいてもクラフトとサステナブルは皆が惹かれるキーワードのようだ。
 
クリストファー・ベスコウ/Christofer Beskow
グラフィックデザイナーとして活動後、ノーベル賞の授賞式会場でもあるストックホルム市庁舎のバンケットでプロジェクトマネージャーを務める。現在は「Rosendals Trädgård」のカフェマネージャー。

コンラッド・ティルセン/Conrad Tyrséns
Dessert & Choklad Stockholmのオーナーで、パティシエ。厳選した素材を使い、洗練されたセンスで表現される菓子は定評がある。2013年にはノーベル賞の晩餐会でデザートを提供した。

» PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA Issue

Tags: , ,









Vete-Katten|FIKA café in Stockholm 10

ヨーロッパらしいクラシックなティーサロンのたたずまいを残す、1928年創業の老舗ベーカリーカフェ「V… »STORY

Bageri Petrus|FIKA café in Stockholm 9

週末ともなると店の前に長蛇の列ができるほど、パンのクオリティに定評のあるベーカリーカフェ。今回の滞在… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.12 Sweden

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Sophies Canelé|FIKA café in Stockholm 8

ストックホルムの街にはちょっとめずらしいカヌレの店を発見。2年前にオープンしたばかりというここは、オ… »STORY

Kaffe|FIKA café in Stockholm 7

オシャレ過ぎても居心地が悪い。少しの“いなたさ”を求める人におすすめのカフェ。もともとこの近くでカフ… »STORY

6/5/4|FIKA café in Stockholm 6

インディペンデントでクリエイティブな店が集まるソーホーエリアの一角にあるサーフショップ。そのたたずま… »STORY

Drop Coffee|FIKA café in Stockholm 5

カフェから10分ほどの場所にロースタリーをもち、扱う豆はすべて実際に産地を訪ねて見極めたもののみ、フ… »STORY

Green Rabbit|FIKA café in Stockholm 4

次々と新しいレストランがオープンし、食のシーンがますます元気なストックホルムで、ミシュランの2つ星を… »STORY

Petrus Jakobsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 4

「子どものころから手づくりの食べ物に囲まれて育ちました。特にフィーカは思い出深くて、子どもながらにコ… »STORY

Elisabeth Johansson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 3

店はもたず、雑誌やテレビなどを中心にフードスタイリストとして活躍しているエリザベス・ヨハンソンは、母… »STORY

Per Olsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 2

ストックホルム中心地から地下鉄で30分ほどの郊外に、昔ながらのたたずまいをしたカフェ「Nya Lun… »STORY

Conrad Tyrséns|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 1

ストックホルムから南へ200kmほどの距離にある、ゴッドランド島ヴィスビーで生まれ育ったというコンラ… »STORY

Try Swedish, Fika Recipes|フィーカの文化からレシピまで

2015年に出版されて以来、さまざまな国で読まれているという、フィーカの文化からレシピまでを紹介する… »STORY

Snickerbachen 7|FIKA café in Stockholm 3

フィーカのカフェ選びは、味だけでなく場所のムードも大切。6年前にオープンしたというここは、1800年… »STORY

シャイなスウェーデン人のセラピーでもある|Sweden Fika Guide 5

1926年の創業以来、サスティナビリティと品質を追求し続けてきたスウェーデンを代表する老舗インテリア… »STORY

Klättermusen いいものをさらに磨いていく職人的なギアを

1984年、「北極圏へと出かける人たちをサポートするための、厳しい自然環境にも耐え得るアウトドアギア… »STORY

会わずに済む今の時代だからこその文化|Sweden Fika Guide 6

ストックホルム郊外の住宅地に、ポツンと赤い屋根のいいたたずまいをしたカフェがある。ジェニファー・リン… »STORY

FJÄLLRÄVEN タイムレスに愛される国民的アイテム

ストックホルムの街を歩けば、あちこちで四角いリュック「KANKEN」を背負った後ろ姿を目にする。あら… »STORY

Full Course Fika|call “家と庭” × 長田佳子 × PAPERSKY

トラベルライフスタイル誌『PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA』発刊を記念して、… »STORY

フィーカは、ごく日常的な小休止の時間|Sweden Fika Guide 4

自然からダイレクトに映し出されたような色彩にあふれるOyyoのスタジオ。ひと言ではなんとも言えない美… »STORY

Café Pascal|FIKA café in Stockholm 2

ストックホルムのカフェで出されるコーヒーのクオリティは、フィーカが育ててきたともいえる。入口脇の棚に… »STORY

Peak Performance アウトドアから見たライフスタイル

ウィンタースポーツのメッカとして世界的に知られるスウェーデン・ジャムランド地方の山村、オーレ。ここを… »STORY

ティーンエイジャーのデートの誘い文句に|Sweden Fika Guide 3

22年来の友人で、ともにアーティストのビヨン・アルダックスとカール・グランディン。ふたりはストックホ… »STORY

Rosendals Trädgård|FIKA café in Stockholm 1

色とりどりの花、あちこちから鳥の声が響き、蜜蜂が飛び交う。ストックホルムの人たちにとって暖かい季節を… »STORY

甘いものがミーティングも弾ませてくれる|Sweden Fika Guide 2

シェップスホルメン島には、水上バスか“王冠の橋”を渡ってアクセスする。4つの美術館・博物館のあるアー… »STORY

Houdini 大自然にいちばん近いアウトドアウェア

「大自然のフィールドがごく日常にあるからこそ、自然への敬意を忘れない。それがスウェーデンに暮らす多く… »STORY

name
Rosendals Trädgård
place
スウェーデン
address
Rosendalsvägen 38, 115 21 Stockholm
link
www.rosendalstradgard.se

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.