Menu Links
  • papersky food club

クスクスの美味しい蒸し方 |PAPERSKY food club

, 2016/12/27

この10月、3年ぶり4回目のモロッコへ行ってきました。今回は1ヶ月の長い滞在でしたが、特に予定も入れず、サーフィンをしたりしてのんびりと過ごしました。何も予定を入れないと、不思議と楽しいプランが飛び込んできます。今回もそんな連続でした。

ある日、知り合いのお母さんからモロッコ家庭料理を教わるチャンスがありました。その日はちょうど金曜日、モロッコではタジンとクスクスをつくる日だとされていて、お邪魔したお家のお母さんは多人数分のクスクスをつくっていました。クスクスを習うのは10年ぶりだろうか? 以前教わったときはさほど時間をかけず、最後にバターを加えて、とても美味しかったのを覚えています。以来、私もその方法でつくっていました。もちろんそれぞれの家庭ごとにつくり方はさまざまです。このお母さんはなんと! 2時間以上もかけていました。たくさんの水とサラダオイルを混ぜて、クスクス用蒸し器(鍋で野菜を蒸してその蒸気でクスクスを蒸す2段式鍋)に移して15分くらい蒸す。再び平らな容器にあけて手で混ぜる。そしてまた、水とサラダオイルを加えてよく混ぜて蒸し器へ…。という作業を何度も何度も繰り返す。私は途中、ミントティーと昼寝で休憩を取ってしまいましたが、その間も何度も蒸す、混ぜる、を繰り返すお母さん。注ぎ込んでいたサラダオイルの量に唖然としてしまいましたが、さらに最後に大量のバター(おそらく200gくらい)が加えられました。そうすると、しっとりとふっくらとした柔らかいクスクスができ上がるのです。隠し味に玉ねぎのすりおろしを加える。目からウロコ、お母さんオリジナルの技! さっそく試してみよう。

一緒にいただくのは、鶏肉と野菜のタジン。玉ねぎとレーズンでジャム状に煮つめたトゥフォヤと呼ばれるものを混ぜて、盛りつけの最後にもトゥフォヤをたっぷり盛り、甘辛スパイシーなタジンでした。パンやお菓子を焼くのがとても上手な娘さんが焼いたモロッコパン「ホブス」と甘〜いミントティーを準備して。ちょうど、子どもたちが学校からお昼を食べに帰ってきました。みんなで遅めのお昼をいただきながら、お母さんが「明日も料理を教えてあげるからウチに来なさいな!」と、また楽しいプランが飛び込んできたのでした。

Tags: ,









MOROCCO

オアシスのキャンプ場|砂漠の夜

夕方からラクダに乗って、砂漠のなかにあるオアシスにつくられたキャンプ場に向かう。たった2時間とはいえ… »STORY

山で見つけた、謎のスパイス 45épices|PAPERSKY food club

前々回のコラムでクスクスのお話をした、モロッコの旅。その旅には他にも目的がありました。モロッコの中北… »STORY

MOROCCO

音楽の村へ|モロッコ・砂漠の昼

でこぼこの砂地の道を走り、タマネギやアルファルファなどが植えられた小さな畑や四角い土の箱のような家が… »STORY

脳内モロッコトリップができる調味料“HARISSA”|PAPERSKY food club

ここ最近、ずっとつくり続けている調味料がある。北アフリカ料理ではよく使われている「HARISSA(ア… »STORY

naiad story vol.4 アルガンオイル 自然と人とのつながり

アルガンの木はモロッコのみで生育する植物で、シアバターで知られるシアの木と同じアカテツ科の樹木。7~… »STORY

モロッコ料理の名脇役|PAPERSKY Food Club

モロッコ料理に欠かせない伝統的な調味料にプリザーブドレモンがある。甘いジャムではなくて、たっぷりの塩… »STORY

naiad story vol.2 ガスール 大地からのおくりもの (2)

モロッコを原産とし、肌や髪をうるおすスキンケア素材として、古くから愛用されてきた粘土「ガスール」。今… »STORY

PAPERSKY読者限定、ナイアード「ガスール」プレゼント

モロッコの大地が生んだ、肌を潤す粘土「ガスール」。暑い夏の日差しでうっかり日焼けしてしまった肌のケア… »STORY

naiad story vol.1 Ghassoul ガスール 大地からのおくりもの (1)

地中海と大西洋に面した北アフリカの国、モロッコを原産とし、肌や髪をうるおすスキンケア素材として、古く… »STORY

MOROCCO

モロッコ南部にしかない貴重なアルガンオイル

マラケシュからエッサウィラに向かう道の途中、雄大な草原にブロッコリーのような木がポコポコと並ぶ不思議… »STORY

MOROCCO

職人のワザが光るモロッコの伝統菓子

結婚式や特別なお祝いのとき、モロッコではアーモンドと小麦粉と砂糖がベースのシンプルで小さな焼き菓子が… »STORY

思わず、モロッコ郷愁 ‘Food Trip’ in Morocco

12月中旬のさわやかな晴天の東京で、ニーハイメディアの事務所兼アトリエにてモロッコ料理教室「Food… »STORY

MOROCCO

サハラ、遊牧民のライフスタイル|砂漠の朝

モロッコのもうひとつのライフスタイルを探しに、サハラにある街メルズーガを目指した。メルズーガにはサハ… »STORY

MOROCCO

CARAVAN|刷り込まれた価値観が、剥がれていく瞬間

幼少時代を南米ベネズエラの首都カラカスで過ごすという一風変わったルーツを持ち、その後も転々と放浪生活… »STORY

MOROCCO

職人たちの立てる音が響く集合工房

モロッコのメディナには、行商用の宿だった建物を複数の職人たちが仕事場として使っている共同工房がいくつ… »STORY

MOROCCO

モロッコのライフスタイルに触れるショップ「MICHI」

何世紀にもわたって、南アフリカから、アラビア半島から、ヨーロッパから異国の文化が流れついてきたモロッ… »STORY

MOROCCO

モロッコ、インスピレーションの宝庫に迷いこんで(No.26)

およそ100年にわたって、アフリカ人、ベルベル人、ユダヤ人、アラブ人、ヨーロッパ人が互いに調和しなが… »STORY

MOROCCO

有元くるみさん、モロッコのマーケットで

茅ヶ崎にて洋服・雑貨の店「griot」(グリオ)を主催する、有元くるみさん。数年前からモロッコ・マラ… »STORY

place
モロッコ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.