Menu Links
  • 第45番札所・岩屋寺の境内に続く山道には、多くのお地蔵様が並ぶ
  • 岩屋寺本堂の脇からほぼ垂直に架けられたハシゴを見上げるルーカス
  • 納経帳に書かれているのは、岩屋寺のご本尊・不動明王の文字
  • 伊丹十三の脚本・監督全10作品は、どれもヒット作ばかり
  • 松山市にある道後温泉は、日本三古湯のひとつと言われるほどの歴史を誇る
  • 松山の銘菓「坊っちゃんだんご」は、3色それぞれ異なる餡が使われている
  • 元IT企業勤務という経歴を持つ仙遊寺副住職・小山田弘憲さん
  • 第58番札所・仙遊寺のご本尊・千手観世音菩薩
  • 味だけではなく、目にも美しい仙遊寺の精進料理
  • 道後温泉からほど近い石手寺には、多くの貴重な文化財が

DAY5: Ehime 荘厳な風景に魅せられ、不可思議空間に惑う

, 2014/12/12

古岩屋荘自慢の天然温泉で朝風呂を浴びようと部屋を出ると、窓の外には見事に色づいた紅葉が。この辺りは紅葉の名所だと聞いてはいたが、昨晩は見えなかった鮮やかな風景に朝から気分があがる。

この旅で初となる雨の中、しばらくクルマを走らせると、第45番札所・岩屋寺に着く。駐車場から20分ほど山道を歩くと、荘厳な岩山の麓に佇む本堂が姿を現す。その脇に架けられたはしごの上にあるのは、かつてこの地で修行した後、空海と出会いこの山を譲ったという法華仙人のお堂跡だ。高い所が苦手なルーカスをはじめ取材班が勇気を出してはしごをよじ登ると、かつて空海が「山高き谷の朝霧海に似て、松吹く風を波にたとえむ」と詠った幻想的な風景が広がっていた。

松山市に入り、伊丹十三記念館に立ち寄る。デザイナー、俳優、エッセイスト、映画監督など様々な分野で才能を発揮し、音楽や料理などに優れた見識を持つことでも知られた氏の生き様に、感銘を受ける。

『坊っちゃん』にも登場する道後温泉の由緒ある湯を堪能し、第51番札所・石手寺へ。この寺の奥には、ひっそりと口を開ける洞窟があるのだが、しばらく前に入ったカメラマンが待てども待てども帰ってこない。心配になって後を追うが、薄暗い洞窟内は想像以上に広い。至る所にお地蔵様や不可思議な宗教画などが見られる外界離れした空間に心細さを覚えながら、カメラマンの姿を探す。必死の捜索は実ることなく、結局洞窟を出たところで無事合流できたのだが、色々な意味で記憶に残るお寺になった。

今夜お世話になるのは、今治市にある仙遊寺の宿坊だ。美味しい精進料理を頂き、副住職の小山田弘憲さんから、このお寺に来た経緯や、高野山での修行のお話などを伺ってから、翌朝のお勤めに備え、速やかに寝床に就く一行だった。
 
★Information
岩屋寺/Iwaya-ji
愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥1468 TEL:0892-57-1511

物産館みどり/Products shop Midori
愛媛県上浮穴郡久万高原町菅生2-1439-1 TEL:0892-21-0503

伊丹十三記念館/Itami Juzo museum
愛媛県松山市東石井1-6-10 TEL: 089-969-1313

亀井製菓/Kamei seika
愛媛県松山市枝松1-5-39(本社) TEL:089-931-5051(代表)

道後温泉本館/Dogo onsen
愛媛県松山市道後湯之町5-6 TEL:089-921-5141

石手寺/Ishite-ji
愛媛県松山市石手2-9-21  TEL: 089-977-0870

仙遊寺/Senyu-ji
愛媛県今治市玉川町別所甲483  TEL:0898-55-2141
 

HENRO-ing 1200 years × 1200 km × 120 sec.

PriusPHV http://toyota.jp/priusphv/

QONVERSATIONS / OHENRO_05
小山田弘憲インタビュー(仙遊寺副住職)

HENRO-ing ストーリー一覧はこちら

Text: Yuki Harada (Qonversations)
Photography: Koichi Takagi
Movie: Shota Nakajima

Tags: , , , , , , , ,









ふたつの島でつくられるチョコレート

アフリカ大陸の南東にある大きな島国、マダガスカル。ユニークな形のバオバブの木や、原産のワオキツネザル… »STORY

HOMEMAKERSのジンジャーシロップ|日本のつくり手 第4回

瀬戸内海に浮かぶ小豆島。雨が少なく、日照時間が長いため、オリーブや柑橘類の栽培に適した温暖な気候の島… »STORY

風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭 開催

香川県・小豆島発の音楽・食のイベント「風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭」が、10/2… »STORY

強く生きるための、智恵と健康法を授ける|Meet the Monks (4)

西之瀧は800年以上の歴史をもつ、小豆島最古の霊場。本殿のある岩窟には、龍水と呼ばれる清水が湧く。断… »STORY

小豆島遍路 Day7 | “日本の原風景”、千枚田の里山で7日間の旅を終えた

いよいよ最終日。今日は島のほぼ中央、肥土山・中山地区の田園風景を歩く。迎える案内人は、2012年に肥… »STORY

SNSを駆使して神木を守る、次世代の住職|Meet the Monks (3)

宝生院といえば、国の特別天然記念物に指定されているシンパクが有名だ。古墳時代に応神天皇が手植えしたと… »STORY

小豆島遍路 Day6 | 江戸時代 vs 現代、イノシシ対策に思うこと

小豆島には昔からシカ、サル、イノシシなど、多くの野生動物が棲息していた。江戸時代中期、動物から農作物… »STORY

新旧の試みで、現代の寺のあり方を考える|Meet the Monks (2)

農村歌舞伎という特殊な文化を守る地域ゆえだからだろうか、肥土山集落の結束力は異様に強いのだという。そ… »STORY

小豆島遍路 Day5 | 小豆島は石の島。岩の巨大彫刻を眺めて歩く

本日は島の中心部に位置する景勝地、寒霞渓周辺の霊場巡り。寒霞渓は「日本三大渓谷美」と称される観光スポ… »STORY

歩き遍路には小豆島の魅力の素が詰まっている|Meet the Monks (1)

おそらく島で最も遍路道を歩いている僧侶だろう。常光寺の副住職で、碁石山の堂守を務める大林慈空さん。出… »STORY

小豆島遍路 Day4 | ツラい急坂のご褒美は、瀬戸内海随一の景勝美

1日目の土庄はごま油の香りだったが、この地区は醤油の懐かしいにおいに包まれていた。「醤の郷」という名… »STORY

小豆島遍路 Day3 | 豆坂を越えて、コーヒーに出合うまで

江戸時代から花崗岩の産地として知られた小豆島。丁場跡や切石積など石の文化の片鱗が各地で見られるが、当… »STORY

小豆島遍路 Day2 | 海と山をつなぐ遍路道、ダイナミックな起伏を行く

今日は島の北側を攻める25kmの旅。朝8時、今日の案内人、いのうえただひろさんと落ち合った。いのうえ… »STORY

小豆島遍路 Day1 | 海岸沿いを歩き、竜宮城のような庵に寄り道

高松港から朝一番の高速船に乗り、小豆島・土庄港に渡る。穏やかな洋上を往く、およそ30分の航海。船から… »STORY

平野甲賀|日々是好日。文字と向き合う小豆島の日々

日本を代表する装丁家でグラフィックデザイナーの平野甲賀さんが、小豆島に移住したのは2014年のこと。… »STORY

お遍路さんの気分で歩いた小豆島、150kmの旅路

のんびり歩いて旅をして、街と親しくなってくると、空気のにおいや風の肌触り、そんな曖昧なものの移り変わ… »STORY

ニッポン散歩、自転車でまいりましょうよ|PAPERSKY bicycle club

季節は待望の春、そして初夏へと流れている。私が暮らす京都は、観光シーズンまっただ中。町は車やバス、人… »STORY

ルーカス B.B.と歩く、小豆島88カ所 歩き遍路の7日間

ここ数年、古道歩きに夢中のPAPERSKY編集長ルーカス B.B.が降り立ったのは、瀬戸内海で2番目… »STORY

マップでめぐる小豆島|+10 City Maps No.20 Shodoshima

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第20弾は、瀬… »STORY

編集長ルーカスが選んだ小豆島みやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスが小豆島でみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに並んでいます。小豆島の… »STORY

天国のトレイル|Editor’s Note #53 小豆島

小豆島を訪れたのは、これまでに5回ほど。訪れるたびに新たな発見があり、そのたびにこの島に魅了されてい… »STORY

PAPERSKY #53 小豆島特集号 SHODOSHIMA | HIKE Issue

4月30日発売のPAPERSKY 53号は、小豆島特集。瀬戸内海に浮かぶ、豊かな自然と文化に恵まれた… »STORY

とっておきの島カレーを召し上がれ|小豆島

小豆島の旬の食材をひと皿に集めて、島のみんなに振る舞いたい! そんなおもてなしの気持ちから、graf… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|小豆島編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」の小豆島編を公開し… »STORY

カラビナを付けて旅のお供に、Hiker’s Towel|PAPERSKY Store

旅やハイキング、サイクリングにぴったりのPAPERSKYオリジナルタオル「Hiker's Towel… »STORY

茹できびドライブスルー|PAPERSKY food club

6月、梅雨の時期の高知は本当に雨がよう降ります。実は、高知は年間雨量と日照量ともに全国1位! そのお… »STORY

name
岩屋寺
place
愛媛
address
愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥1468

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.