Menu Links
  • 第1番札所・霊山寺の仁王門でこれからの旅路に思いを馳せる
  • 霊山寺で見かけたお遍路さん。白衣にはすでに多くのご法印が
  • 静寂に包まれた焼山寺の境内に、風情ある鐘の音が響き渡る
  • 長い旅路の末に辿り着いた焼山寺で、ご本尊様を前に合掌
  • 作業を見学させて頂いた藍染めユニットBUAISOU.のメンバーの手
  • BUAISOU.の渡邉健太さん(左)と楮(かじ)覚郎さん(右)
  • 200年前と変わらぬ製法で阿波和三盆糖をつくる岡田製糖所
  • 阿波市土成町にある「かねぎん板野」で頂いた名物・たらいうどん
  • 阿波おどり会館で披露された阿波鳴連による優雅な女踊り
  • 観客が参加した阿波踊り体験では、見事ルーカスが優秀賞を獲得!

DAY1: Tokushima 徳島で触れる伝統文化の過去と未来

, 2014/11/30

HENRO-ing 1200 years × 1200 km × 120 sec.
クルマで見つける新しい四国、ドライブ遍路1200km
DAY1:Tokushima 徳島で触れる伝統文化の過去と未来

旅のスタート地点は、四国巡礼の第一歩とされる”発心の道場”・徳島県。大谷焼の窯元が点在する県道を経て、やはりまずは第1番札所・霊山寺へ。多くのお遍路さんが、お大師さまとの「同行二人」の長い旅路の第一歩を踏み出したこの場所で、ルーカス編集長率いる取材班もこの先の無事を祈願する。

霊山寺からクルマで約30分ほどの上板町は、江戸時代に阿波藍の生産で栄えた地域にある。現在も阿波和三盆糖と並ぶこの地の特産品である阿波藍だが、その原料をつくる「藍師」は、現在上板町に5軒残るのみだという。

後継者不足に悩む町に新風を吹き込んでいるのが、渡邉健太さんと楮(かじ)覚郎さんによる藍染めユニットBUAISOU.だ。藍の生産から商品開発までを手がけ、そのグループ名とは裏腹に、藍の伝道師として国内外でワークショップなども精力的に行っている。「藍染めの金剛杖カバーをつくってほしい」というルーカスの要望から、新たなコラボレーションが生まれるかもしれない。

第12番札所・焼山寺は、徒歩であれば5,6時間を要する「遍路ころがし」と呼ばれる山道の末にたどり着く遍路道最大の難所だ。ルーカスがついた鐘の音が、境内に響き渡る。まだクルマなどない時代、これだけ大きな鐘をいかにしてここまで運んできたのだろうか。

徳島市内では、阿波おどり会館で毎日行われている夜公演に参加。阿波鳴連による勇壮な男踊り、上品な女踊り、元気あふれるちびっ子踊りのコントラストと、それを引き立てる鳴り物の迫力に、約400年続く阿波踊りの奥深さを実感させられた一行だった。
 
★Information
霊山寺/Ryozen-ji
徳島県鳴門市大麻町坂東字塚鼻126 TEL:088-689-1111

技の館/Waza no yakata
徳島県板野郡上板町泉谷字原東32-4 TEL:088-637-6555

岡田製糖所/Okada sugar manufacture
徳島県板野郡上板町泉谷字原中筋12-1 TEL:088-694-2020

かねぎん坂野/Kanegin Sakano udon restaurant
徳島県阿波市宮川内落久保104 TEL:088-695-2081

焼山寺/Shosan-ji
徳島県名西郡神山町下分字地中318 TEL:088-677-0112

阿波おどり会館/Awa odori kaikan
徳島市新町橋2-20 TEL:088-611-1611
 

HENRO-ing 1200 years × 1200 km × 120 sec.

PriusPHV http://toyota.jp/priusphv/

QONVERSATIONS / OHENRO_01
「BUAISOU.」インタビュー(藍の職人ユニット)

HENRO-ing ストーリー一覧はこちら

Text: Yuki Harada (Qonversations)
Photography: Koichi Takagi
Movie: Shota Nakajima

Tags: , , , , , , , ,









ふたつの島でつくられるチョコレート

アフリカ大陸の南東にある大きな島国、マダガスカル。ユニークな形のバオバブの木や、原産のワオキツネザル… »STORY

HOMEMAKERSのジンジャーシロップ|日本のつくり手 第4回

瀬戸内海に浮かぶ小豆島。雨が少なく、日照時間が長いため、オリーブや柑橘類の栽培に適した温暖な気候の島… »STORY

風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭 開催

香川県・小豆島発の音楽・食のイベント「風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭」が、10/2… »STORY

強く生きるための、智恵と健康法を授ける|Meet the Monks (4)

西之瀧は800年以上の歴史をもつ、小豆島最古の霊場。本殿のある岩窟には、龍水と呼ばれる清水が湧く。断… »STORY

小豆島遍路 Day7 | “日本の原風景”、千枚田の里山で7日間の旅を終えた

いよいよ最終日。今日は島のほぼ中央、肥土山・中山地区の田園風景を歩く。迎える案内人は、2012年に肥… »STORY

SNSを駆使して神木を守る、次世代の住職|Meet the Monks (3)

宝生院といえば、国の特別天然記念物に指定されているシンパクが有名だ。古墳時代に応神天皇が手植えしたと… »STORY

小豆島遍路 Day6 | 江戸時代 vs 現代、イノシシ対策に思うこと

小豆島には昔からシカ、サル、イノシシなど、多くの野生動物が棲息していた。江戸時代中期、動物から農作物… »STORY

新旧の試みで、現代の寺のあり方を考える|Meet the Monks (2)

農村歌舞伎という特殊な文化を守る地域ゆえだからだろうか、肥土山集落の結束力は異様に強いのだという。そ… »STORY

小豆島遍路 Day5 | 小豆島は石の島。岩の巨大彫刻を眺めて歩く

本日は島の中心部に位置する景勝地、寒霞渓周辺の霊場巡り。寒霞渓は「日本三大渓谷美」と称される観光スポ… »STORY

歩き遍路には小豆島の魅力の素が詰まっている|Meet the Monks (1)

おそらく島で最も遍路道を歩いている僧侶だろう。常光寺の副住職で、碁石山の堂守を務める大林慈空さん。出… »STORY

小豆島遍路 Day4 | ツラい急坂のご褒美は、瀬戸内海随一の景勝美

1日目の土庄はごま油の香りだったが、この地区は醤油の懐かしいにおいに包まれていた。「醤の郷」という名… »STORY

小豆島遍路 Day3 | 豆坂を越えて、コーヒーに出合うまで

江戸時代から花崗岩の産地として知られた小豆島。丁場跡や切石積など石の文化の片鱗が各地で見られるが、当… »STORY

小豆島遍路 Day2 | 海と山をつなぐ遍路道、ダイナミックな起伏を行く

今日は島の北側を攻める25kmの旅。朝8時、今日の案内人、いのうえただひろさんと落ち合った。いのうえ… »STORY

小豆島遍路 Day1 | 海岸沿いを歩き、竜宮城のような庵に寄り道

高松港から朝一番の高速船に乗り、小豆島・土庄港に渡る。穏やかな洋上を往く、およそ30分の航海。船から… »STORY

平野甲賀|日々是好日。文字と向き合う小豆島の日々

日本を代表する装丁家でグラフィックデザイナーの平野甲賀さんが、小豆島に移住したのは2014年のこと。… »STORY

お遍路さんの気分で歩いた小豆島、150kmの旅路

のんびり歩いて旅をして、街と親しくなってくると、空気のにおいや風の肌触り、そんな曖昧なものの移り変わ… »STORY

ニッポン散歩、自転車でまいりましょうよ|PAPERSKY bicycle club

季節は待望の春、そして初夏へと流れている。私が暮らす京都は、観光シーズンまっただ中。町は車やバス、人… »STORY

ルーカス B.B.と歩く、小豆島88カ所 歩き遍路の7日間

ここ数年、古道歩きに夢中のPAPERSKY編集長ルーカス B.B.が降り立ったのは、瀬戸内海で2番目… »STORY

マップでめぐる小豆島|+10 City Maps No.20 Shodoshima

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第20弾は、瀬… »STORY

編集長ルーカスが選んだ小豆島みやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスが小豆島でみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに並んでいます。小豆島の… »STORY

天国のトレイル|Editor’s Note #53 小豆島

小豆島を訪れたのは、これまでに5回ほど。訪れるたびに新たな発見があり、そのたびにこの島に魅了されてい… »STORY

PAPERSKY #53 小豆島特集号 SHODOSHIMA | HIKE Issue

4月30日発売のPAPERSKY 53号は、小豆島特集。瀬戸内海に浮かぶ、豊かな自然と文化に恵まれた… »STORY

とっておきの島カレーを召し上がれ|小豆島

小豆島の旬の食材をひと皿に集めて、島のみんなに振る舞いたい! そんなおもてなしの気持ちから、graf… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|小豆島編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」の小豆島編を公開し… »STORY

カラビナを付けて旅のお供に、Hiker’s Towel|PAPERSKY Store

旅やハイキング、サイクリングにぴったりのPAPERSKYオリジナルタオル「Hiker's Towel… »STORY

茹できびドライブスルー|PAPERSKY food club

6月、梅雨の時期の高知は本当に雨がよう降ります。実は、高知は年間雨量と日照量ともに全国1位! そのお… »STORY

name
霊山寺
place
徳島
address
徳島県鳴門市大麻町坂東字塚鼻126
phone
088-689-1111

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.