Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

食べられる記念碑「亀寶最中」 | 大漁 2

, 2014/11/24

焼津の商店街には、ほとんど人影がない。買い物をしている年配の女性が2~3人いるくらいだ。長年、焼津で暮らす人々の話を聞けば、この商店街にアーケードがかかっていたころは、「いつも人でごった返していて、毎日がまるでお祭りのようだった」らしい。しかし、その面影はいまやどこにも残っていない。当時のにぎわいに貢献したのは、おびただしい数の酒場である。焼津のひとりあたりの飲み屋の数は、1960年代までは日本でもっとも多かった。数カ月、ときには何年にもわたる遠洋漁業から戻った漁師たちは、厳しい労働の対価として、家一軒、または溺れるほどの酒が買えるような大金を手に入れた。この時代は、漁に出ればかならず大漁。焼津の全盛期である。

当時の羽振りのよさをよく伝えているのが、焼津の和菓子文化だ。遠洋漁業に出ていた漁船が大漁で帰港すると、船元はその喜びを親族、友人、知人などにおすそわけする習慣があり、そのおすそわけに和菓子がよく使われた。なかでも焼津らしいと重宝されたのが、焼津の格式高い和菓子屋のひとつ、白喜久の「亀寶(きほう)最中」である。特産の鰹節をかたどった最中はいまも人々に愛されているが、50年前の焼津の繁栄を伝える記念碑としての人気のほうが高くなっている。「毎日ひとつは食べています」白喜久の3代目店主、大沢文彦は言う。繊細な最中の皮には、現代人の好みに合うあっさりした甘さのあんが包まれている。(大沢いわく「いまの人たちは、甘いばかりではない深い味わいを求めますから」)。亀寶最中は、大沢の父が焼津の新しい銘菓をつくりたいと試行錯誤した末に完成させたものだ。本物の鰹節をデフォルメし、あんがたっぷりと入るように工夫した。漁業全盛期に誕生したこの最中は焼津を象徴する和菓子として、発売するとたちまち銘菓となった。

大沢の前には父、その前には祖父がそれぞれ菓子をつくっていたが、東京の製菓学校で和菓子づくりを学んだのは大沢が初めてである。店に伝わる伝統の製法を守ることも重要だが、昔ながらの味を「新しい時代に合わせて変えていく」必要があると大沢は考える。大沢の和菓子づくりは高く評価されており、話を聞く私たちの目の前に、和菓子界のオリンピックに相当する全国菓子大博覧会から授与されたトロフィーが並んでいた。「いまはどんな味に挑戦していますか?」と尋ねると、大沢は真顔で答えた。「魚を使った和菓子を考案中です」と。

白喜久 / Shiragiku
静岡県焼津市本町5-1-3
TEL: 054-628-2213
 
This story originally appeared in Papersky No. 32 (p66-67).

English» For a Good Catch: Edible Monuments

Tags: ,









OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.3 鰹節

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

PAPERSKY Tour de Nippon in 浜松 Movie

2018年3月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 浜松のレポート動画がで… »STORY

OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.2 古道再生

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.1 西伊豆古道

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.5 西伊豆古道

眼前に駿河湾、背後に天城山系の低山が控える西伊豆・松崎町。今回、globe walkerが歩くのは、… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 浜松 開催レポート

例年より早い桜の開花によって、春の気分とぽかぽか陽気に包まれた3月下旬の週末に、浜松で開催した「PA… »STORY

「SHARE THE LOCAL 静岡」大阪・DOORS HOUSEで開催中

大阪のURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設されたキュレーションスペース「DOORS… »STORY

ツール・ド・ニッポン in 浜松 参加募集スタート

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街…。時代とともにさまざまなカルチャーを生み出してきた街、浜松… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 浜松

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街……。時代によりさまざまなムーブメントを生み出してきた街、浜… »STORY

カネサ鰹節商店の本枯れ鰹節|日本のつくり手 第12回

伊豆半島の西側に位置する西伊豆町田子は、江戸時代からカツオ漁で栄え、鰹節商店が40軒も並んだ「鰹の町… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.3 フォトグラファー mushさん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

インダストリアルとクラフトの魅力が融合したウォールクロック 

静岡県のほぼ中央に位置する静岡市一帯は、江戸時代に徳川幕府によって全国から職工を集められたことから、… »STORY

BRUNOと行く、夏の週末キャンプ旅

「ワォ!!」。車窓をぼんやりと眺めていたジュリエンさんが突然声をあげた。彼が指さす方向に目を向けると… »STORY

ピアノ工場|PAPERSKY Japan Club

趣味はピアノ、なんていうと聞こえはいいが実は念願だった中古のピアノを最近買ったばかり。もっぱら聴くの… »STORY

自転車と街とで使えるシューズブランド STOMP LOX

静岡を拠点に、カジュアル志向の自転車乗りに向けたビンディングシューズを製作する「STOMP LOX(… »STORY

マップでめぐる静岡|+10 City Maps No.16 Shizuoka

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第16弾は、富… »STORY

糸がなくなれば負ける|浜松大凧 3

午後遅くの浜松市の中田島砂丘の上の青空は、視界をさえぎるものもほとんどなく、大きく広がっている。ひと… »STORY

凧印の戦い|浜松大凧 2

和紙でできた大凧が空に舞い、竹でできた軽い骨組みからは数百メートルの長さの麻糸が続いている。その麻糸… »STORY

空に消えていく凧 |浜松大凧 1

遠州灘を臨む街、浜松には江戸時代ごろから続く祭りがある。市内の各町が参戦し、長さ1,000m以上の麻… »STORY

漁師のためのシャツ「魚河岸シャツ」|大漁3

遠州屋の店先には品物がちらほらとしか見当たらない。取材に訪れたのが夏ではなかったからだろうか。ガラス… »STORY

TOUR DE SANDWICH by PAPERSKY vol.3 静岡編|Japan Jikkan

料理家が自転車で各地をめぐりながら、いろんな人や食材、風土に出会って受けたインスピレーションを“サン… »STORY

若木信吾さんと浜松古代散歩

遺跡や古墳は、自分が生まれ育った場所にもあることぐらいは聞いている。しかし、その場所を詳しく知る機会… »STORY

Stone Age in Hamamatsu 故郷・浜松のルーツをめぐる旅

11月30日に発売する『PAPERSKY』#46 "NORTHERN JAPAN | JOMON" … »STORY

写真家・若木信吾 「英ちゃん 弘ちゃん」写真集制作

若木信吾の新しい写真集制作に向けたクラウドファンディングが、「IMA FANd!」にてスタートしまし… »STORY

GREEN PARK PICNIC -TEA PARTY- 開催

静岡県の藤枝駅前公園にて、5月24日(土)に開催される「GREEN PARK PICNIC -TEA… »STORY

佐々木 愛 Four Songs| ベルナール・ビュフェ美術館

ベルナール・ビュフェ美術館にて、美術作家・佐々木愛さんの展覧会が開催されます。佐々木愛さんは、200… »STORY

name
白喜久
place
静岡
address
静岡県焼津市本町5-1-3

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.