Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

風雨に浸食され、壊され、再生する|Sekizai|真鶴石材 3

, 2014/07/15

「私は仏師。石を彫る職人です」と、竹林昭吉郎が工房の前で言う。1948年に真鶴で生まれた竹林は、いまでは歳を重ね、太平洋を一望できる工房で作業に励んでいる。太平洋の海面を照らす光は、磨き上げられ、工房の外にずらりと並べられた作品にも、年輪が刻まれた彼の顔にも降り注いでいる。

竹林が彫っているのは、墓石や庭の置物ではない。寺院に奉納するための神聖な石像だ。その神聖な彫刻品に敬意を表して、東京都世田谷区のある寺が竹林に「大仏師」の称号を与えた。その称号をもって、竹林が僧侶とほぼ同じ地位にあると認めている。「この仕事で大切なのは、どれだけの愛を与えられるかということ。そして石を通じて、その愛をどのくらい示せるかということです」と彼は話す。

竹林が石を彫りはじめたのは18歳のころ。小松光義という名工に弟子入りしたのが始まりである。その後、湯河原に移り、銅像と塑像を専門とする彫刻家のもとで修業した。そこで10年学び、不動明王などの仏像の細部を彫るために必要な技術を身につけた。「修業時代は、空いた時間を利用して仏教も学びました。仏教の勉強はいまも続けています」竹林はそう言って、本の山を指さした。そこには彫刻の本と仏教の本が積まれていて、うち何冊かは開いたままになっている。

竹林は私たちを工房に案内してくれた。工房の床の上には作業中の大きな灰色の石の塊が置いてあり、半ば仏像の形になっている。近くの山から切りだされた、長方形の石塊だ。木槌と、大型の釘のような形をしたさまざまな種類の金属製のノミを使って、その石を削っていく。
 「この調子では、30年後にこの土地に墓石や彫刻をつくる人間がいるかどうか心配です。石材はあっても、職人や技術が消えてしまうのではないかと」。石材職人はその技術を活かす新しい方法を考案する必要があると竹林は考えている。「住宅とか、彫刻とか、ほかの方面の…」と彼は言う。

竹林は使いこまれた工具を手に取って座り、石を削りはじめた。「こうしていると瞑想に入っていきますよ。ここで作業している間に、いろいろなことを考えます」、そう言いながら石を削る。この石がどのように風雨に浸食され、壊され、それから大地の張力と圧力によって、どのように再生したのか――。「石は生き物なのです」。彼はそう言って、木槌を再び振り下ろした。割れた石の破片が床に飛び散り、削りくずが空中に舞いあがった。

竹林美術彫刻工房
神奈川県足柄下郡真鶴町岩939-2
TEL: 0465-68-5068
busshi.jimdo.com

Tags:









自転車とキャンプをテーマにした「BIKE & CAMP KANTOU」

自転車とキャンプをテーマにした「旅フェスティバル」をキーワードにしたイベント「BIKE & CAMP… »STORY

畑で収穫されたバッグ

数年前に知人から一枚のDMが届いた。最近気になるバッグブランドと出会って勝手にPRを買って出たという… »STORY

どこにも行かない自由|PAPERSKY book club

上手いというわけでもないし、かといって下手でもない。初めて高仲健一さんの陶器を見たときの感想は、失礼… »STORY

LUCA-MON ON THE ROAD vol.6「ういろうはういろうでも」

編集長ルーカスの旅をモデルに、イラストレーターの間弓浩司さんが描く漫画「Luca-mon on th… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 茨城 ムービー

2019年5月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 茨城のレポート映像がで… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 茨城 開催レポート

新緑美しい5月最後の週末は、それはもうアツイ(気温も)!茨城での自転車旅を過ごすことができました。日… »STORY

台湾 Hike & Bike 発刊記念トークイベント @ 山と道研究所

6/29(土)、鎌倉にある「山と道研究所」にて、PAPERSKY最新号「台湾 Hike & Bike… »STORY

フクシマアズサのほうき|日本のつくり手 第16回

つくばにほうきづくりが伝わったのは明治時代のこと。栃木県の鹿沼で技術を習った行商人が地元に持ち帰り、… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 茨城

東京から特急列車で約75分の距離にありながら、可住地面積は全国上位。毎年、農業産出額は全国トップ3入… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 茨城」参加募集スタート

令和元年、最初のツール・ド・ニッポンが旅するのは茨城県の霞ヶ浦と水戸。水戸黄門として知られる徳川光圀… »STORY

茨城県北サーチ「なにかが道をやってくる」@ メゾン・ケンポク

茨城のメゾン・ケンポクにて、写真家・松本美枝子によるアート・プロジェクト茨城県北サーチ「何かが道をや… »STORY

PAPERSKY STORE @ JUNGLE FESTIVAL 2018

10月20日〜21日の2日間、千葉・南房総にある白浜フラワーパークにて開催される、ディジュリドゥ奏者… »STORY

PAPERSKY STORE @ TINY GARDEN FESTIVAL & Loppis Ueda

9月には、PAPERSKY STOREが2つのイベントに出店します。9月1日〜9月2日は、群馬県嬬恋… »STORY

GOMA「JUNGLE FESTIVAL 2018」

ディジュリドゥ奏者/画家のGOMAが主催するCAMPイベント「JUNGLE FESTIVAL 201… »STORY

PAPERSKY STORE @ Oaxacan Week in Umigoya

8月6日〜12日、葉山・一色海岸にあるビーチハウス「UMIGOYA」にて開催される「Oaxacan … »STORY

FM ヨコハマ「FUTURESCAPE」に編集長ルーカスが出演

FM ヨコハマのラジオ番組「FUTURESCAPE」(9/30放送)に、PAPERSKY編集長ルーカ… »STORY

自転車を巡るドキュメンタリー Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ

ドキュメンタリー映画「Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ」のワンデー上映会が、10/… »STORY

Tour de Nippon in Gunma Movie

2017年5月に開催したTour de Nippon in 群馬のレポート動画ができました。六月の収… »STORY

今井だるま店のだるま|Urban Research Doors 日本のつくり手 第10回

だるまはその赤色が病気や災いを防ぎ、魔除けの効果があると信じられ、古くから縁起物として親しまれてきた… »STORY

初夏の群馬へ。小麦畑を縫ってバイク&山の姿に触れるハイクな週末

六月の収穫を目前に控えた、黄金色の小麦畑。新緑美しい五月のツール・ド・ニッポンでは、群馬での充実した… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 群馬

秋から春に吹く上州からっ風。冬の長い日照時間と乾燥した季節風により、群馬では良質な小麦がとれる。南に… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.4 江の島片瀬漁協 湘南丸 浜野展行さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

le coq sportif「ツール・ド・ニッポン in 群馬」プレゼントキャンペーン

5月27日(土)・28日(日)に開催される「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 群馬」の参… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.1 ジョウモウ大学 橋爪光年さん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

Tour de Nippon in Gunma 参加募集スタート

初夏の旅先は、群馬へ。列車でのんびり移動しても、東京から2時間たらず。町の風景と田畑が織りなす車窓の… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.34 坂口修一郎

毎回、ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する… »STORY

name
真鶴
place
神奈川

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.