Menu Links
  • Kurumi Arimoto

サルデーニャの美味しいお酒|PAPERSKY food club

, 2014/05/07

今回の旅先、サルデーニャ島で過ごしていた間、摂取していた水分はほとんどがお酒だった気がする。

滞在していたBittiという田舎町のさらに山の上の農家民宿で、毎日呑んでいた、というか呑まされていたアッバアルデンテという酒がある。アッバアルデンテとは、ワインを作ったあとの葡萄の搾りかすを蒸溜させたもので味は焼酎によく似ている。アルコール度数は47度。

朝食を軽くすませる代わりにエスプレッソにアッバアルデンテを注いでひと飲み! これは羊飼いの男達の飲み方。そして、羊の放牧へと出かけていく。

エスプレッソ割りはさすがに私は呑まなかったが、毎食後に必ず出されるので、「必ず」呑まなければいけない。最初はあまりに強いので「朝から勘弁してください…」と逃げてたが、慣れてくるとキツさも感じなくなり意外とすいすいいただけてしまう。旅中、風邪で喉が痛くなってしまった時もこのアッバルデンテで喉を消毒して治してしまったくらいである。

もうひとつ、この島の代表的なリキュール、Mirto(ミルト)がある。ブルーベリーのような紫色の実をつけるサルデーニャ島特産のハーブ。葉と共に豚肉料理にもよく使われるが、リキュールは実の部分をアルコールに漬けた後、砂糖シロップを加えて作る。アルコール度数は30度くらい。トロッとしているが甘酸っぱい味なので消化も助けてくれる。

どれも混じりっけなしのピュアなお酒だから次の日に残らないし、胃はスッキリする。まるで胃腸薬。やはり、サルデーニャ料理にはこれらの美味しいお酒は欠かせない。うっかり水を飲んでると「水はだめだ。ワインを呑みなさい。」とローカルのおじさん達に怒られてしまう。

「サルーテ!」
この言葉を何度言っただろうか。はじめましての1杯、取材先でいただく自慢の自家製ワイン、友達が来たから1杯、更に親戚が来たからもう1杯、また会いましょうと交わす別れの1杯。数えきれないくらいサルーテしたのは確か。
 
» PAPERSKY #44 Sardegna | FOOD Issue (no.44)

Tags: ,









サン・ピエトロ島を目指す南海岸線のドライブ

サルデーニャ島へ旅をするなら、弾丸ツアーは似合わない。州都・カリアリを拠点に、海岸線に沿ってスルチス… »STORY

暮らしの一部としての織物|サルデーニャの手仕事(4)

島のちょうど真ん中あたりに位置するサムゲーオは、サルデーニャにおけるテキスタイルの中心地だ。島でつく… »STORY

食卓に音楽をもたらすサルデーニャの国民食、パーネ、カラザウ

カルタ・ダ・ムジカ=音楽の紙。食べるときにパリパリと小気味いい音を立てることから、そんな詩的な別名も… »STORY

サルデニアン・ナイフ|暮らしに生きるサルデーニャの手仕事(3)

サルデーニャでつくられたというだけで、ある種のオーラをまとう。それくらい、サルデニアン・ナイフにはブ… »STORY

ビッティで、羊飼いの暮らしぶりから羊の恩恵を学び、堪能する

今回の旅で6泊もお世話になったアグリツーリズモのErtilaでは、朝食はミルクにヨーグルトとプリン、… »STORY

木そのままの姿をとどめたコルクの皿|サルデーニャの手仕事(2)

Ertilaに滞在していたとき、チーズやハムなどのつまみから、バーベキューやパスタ、驚くべきことに煮… »STORY

最も標高の高いフォンニで、最もおいしいポルチェッドゥを

羊のイメージが強い一方で、サルデーニャの伝統の料理にはポルチェッドゥなるものも堂々と存在する。ポルチ… »STORY

歓待を受けたサンテレーネ、ほろ酔いのドルガーリ

ドルガーリは山から海、洞窟まであるバルバージアの観光スポット。工芸や伝統菓子の店、チーズやパン、ワイ… »STORY

さまざまに活躍する籠|暮らしに生きるサルデーニャの手仕事(1)

島の中東部、オリスターノより少し上に位置するサン・ヴェロ・ミリス。伝統的な籠を編む女性がいるという情… »STORY

世界に誇るイタリアのキャビア、カブラスのボッタルガ

その価値を表現するため、カブラス産のボッタルガ、つまりカラスミは、イタリアのキャビアとも称されるが、… »STORY

島の台所、サン・ベネディット市場からカリアリ散策へ

カリアリはサルデーニャ島の南の玄関口であり、島第一の都市。実際、歩く人々や立ち並ぶ店など、今回の旅で… »STORY

サルデーニャ食堂 by PAPERSKY @ New Journey Restaurant

6/6(金)、渋谷のROCKETにて、PAPERSKY最新号の特集に関連したイベント「サルデーニャ食… »STORY

おいしく食べる、シンプルに暮らす|サルデーニャの伝統料理

地中海の真ん中に位置しているという地理的な特徴から、侵攻のため、あるいは交易のために、さまざまな場所… »STORY

サルデーニャ島の旅は、ハーツレンタカーで!

四国の1.3倍もの面積をもち、海あり、山あり、洞窟、古代遺跡ありの、バラエティに富んだ景勝地や魅力的… »STORY

編集長ルーカスが選んだサルデーニャみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがサルデーニャでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに揃っています。写… »STORY

サルデーニャの旅のナビゲーター 料理家・有元くるみさん

「ここ、どこなんだろう? って思う。ヨーロッパだという以外は特定できない感じ」。旅慣れたくるみさんで… »STORY

サルーテ!|Editor’s Note #44

食べたり、料理したり、飲んだりすることが好きなら、サルデーニャというパラダイスがあなたを待っている。… »STORY

4/30発売 PAPERSKY #44 イタリア・サルデーニャ島特集号

明日4月30日、本誌『PAPERSKY』の最新刊が発売になります。今号の特集は、イタリアのサルデーニ… »STORY

name
サルデーニャ
place
イタリア

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.