Menu Links
  • yuji hirayama

瞬間的な極地へ|平山ユージ フリークライマー

, 2014/02/17

初めて岩登りをしたのが15歳。最初は勝手が分からないし怖いしで、おつかなびっくりだったけれど、なんとか簡単なルートを登り切った。どきどきしながらも解放された感覚があった。下りてから、また10メートルほど離れたところを登った。それで気付いたのは、岩の表情というのはひとつひとつ違うということ。ここを登るのかあそこを登るのかで表情ががらりと変わる。表面のかもし出すものが、ひとつひとつ遣う。それを知って、「ああ、これは一生飽きないな」と思った。こんな小さな岩なのに色んな表情を持っている。1 メートル違うだけで、傾斜も難しさもまた違ってくる。世界中には岩が無数にある。こんな小さな岩でコレだけ楽しめるとなると、無限に楽しめるんじゃないか、これはすごい可能性があるぞと、その時にぱっと世界が思い浮かんだ。その日一日の出来事で人生ががらりと変わった気がする。

当時は6メートルほどの小さな岩も満足に登り切れなかった僕も、現在では1000メートル級のビッグウォールにオンサイト(初見一発で一度の墜落もなしに登り切ること) 挑戦している。成功すれば、この規模のオンサイトは世界初だ。僕のクライミング・スタイルは、道具に頼らずに素手で登ることが理想。しかも、筆書きのようにさっと描きたい。

それほどの壁を登っていても怖いという感覚はない。死ぬということは考えないけれど、怪我には常に注意を払っている。僕の挑戦というのは1回落ちたらおしまいだから、怖いというより、ここを登り切らなきゃ、という気負いのほうが強い。ちょっと筋肉が言うことを聞かなくなったらそれでアウトだし、足が滑ったら終わってしまう。まさに一発勝負。南極やヒマラヤは地上の極地だけど、自分がいるのは身近で、瞬間的な極地。いつでも気を緩めれば落ちていける。でもそうすまいと極限まで努力している。

なぜ、そんな挑戦をするのか? 足跡を残したいというのもあるし、自分がやることが世界ーでありたい。誰もやらないことをやって歴史に名を残したい。今、35歳になり現役でいられる時間も限られていると思うけど、まだまだ自分の潜在能力を引き出せる気がしている。もう一度リセットして次の目標に向かいたい。スタート台に立ちたいですね。

 
平山ユージ
17歳で日本のトップクライマーとなり、19歳で渡仏。以来プロとして活躍。過去2回、ワールドカップ総合優勝を飾る。2002年、エルキャピタン「サラテ」を理想のスタイルでワンデー・オールフリーと、エルキャピタン「ノーズ」を世界最速で完登。2003年、5年の準備期間を経て世界最難関ルートのひとつ「エルニーニョ」完登に成功。2児の父でもある。

※ このインタビューは、PAPERSKY no.10(2004年)に掲載されたものです。
Adventure Traveler 地球が誇る冒険者たち
vol.1 平山ユージ プロフェッショナル・フリークライマー

Tags: ,









小島聖 初エッセイ「野生のベリージャム」

女優・小島聖さんが、旅や食のエピソードを綴った初エッセイ『野生のベリージャム』が発売されました。女優… »STORY

旅も中盤、カリフォルニアへ|BRUNO自転車 北米旅レポート vol.4

BRUNOがサポートする輪行女子世界旅、北米西海岸を縦断する伊藤沙也加さんから旅のレポートが届きまし… »STORY

サンフランシスコを目指して|BRUNO自転車 北米旅レポート vol.3

BRUNOがサポートする輪行女子世界旅、北米西海岸を縦断する伊藤沙也加さんから旅のレポートが届きまし… »STORY

創業40年のバックパックブランド|PAPERSKY mountain club

2017年、グレゴリーは創業40周年を迎えた。バックパック界のロールスロイス。高峰への遠征を支え、多… »STORY

A History of Gregory | GREGORY 40th Aniversary Fair

カリフォルニアで生まれ、最高の背負い心地と品質、機能性を追求したバックパックをつくり続けてきたGRE… »STORY

今なおハンドメイドでつくられるミッドセンチュリーモダンの逸品

1940年代のカリフォルニアには、東海岸では考えられないような安く広い土地が残されていた。一年中温暖… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 vol.4 セコイア・キングスキャニオン

森のなかを伸びる道路をレンタカーで走っていくと、いつの間にか辺りに生えている木が巨木ばかりになってい… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 vol.3 ヨセミテ国立公園

モノレイクを出発した私たちはTioga Pass峠を越え、ヨセミテ国立公園へと向かった。標高はどんど… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 |モノレイク・トゥファ州立自然保護区

デスバレー国立公園を出た私たちは、約250km北に位置するモノレイク・トゥファ州立自然保護区にやって… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 vol.1 デスバレー国立公園

岩と砂と風が創り出す幻想的な風景を眺めながら、沙漠の一本道を車で進んでいく。今回私たちは、カリフォル… »STORY

人々が守り続けてきた巨木の森、マリポサグローブ

いまや世界中から年間400万人の観光客が訪れるヨセミテ国立公園だが、この地が国立公園となるまでには、… »STORY

GREGORY HELLO CALIFORNIA|カリフォルニアの旅へ

カリフォルニアで生まれ、30年以上にわたり最高の背負い心地と品質、機能性を追求したバックパックをつく… »STORY

PAPERSKYカラーのチコバッグ|PAPERSKY Store

カリフォルニア州チコにあるChicoBag社は、2007年にリサイクルショップで購入したミシンから始… »STORY

Juniper Ridge | 太古の香りを現代に届けて

20年ほど前、地元のハイカー、ホール・ニュービギンが思い立ったのは、森の植物からパフュームやコロンを… »STORY

ザイルを使ったカメラストラップ「YOSEMITE CAMERA STRAP」

YOSEMITE CAMERA STRAP(ヨセミテカメラストラップ)は、本物のアウトドアギア… »STORY

街から受ける、強烈なエネルギー|成長を続けるデニム Levi’s®

ドイツから来たリーバイ・ストラウスがサンフランシスコ・ベイエリアに商店を構えたのは1853年のこと。… »STORY

サーモンが私たちに教えてくれること|Patagonia Provisions

Patagoniaはこれまで、環境問題に強い関心を抱き、さまざまな取り組みを行ってきた。とりわけユニ… »STORY

世界初、自動販売機型サヌークショップが期間限定オープン

カリフォルニア生まれのフットウェアブランド「Sanuk®(サヌーク)」が、世界初のベンディングマシン… »STORY

Alite | 人の心を潤す、壮大なグランドデザイン

「お金のことはほとんど考えてない(笑)。フォーカスしてるのは、どうすれば都市生活者を楽しくさせられる… »STORY

アスリートを支え続けるエナジーバー|Clif Bar

世界中のアウトドアマンに愛されるClif Bar。その本拠に訪れると、まるでスポーツクラブのような設… »STORY

Ramen Shop | 日本から学んだ「ブレンズ」の概念

いまや全米随一のグルメシティに変貌を遂げたサンフランシスコ。AppleやFacebook、Twitt… »STORY

St. George Spirits | 創造の種が詰め込まれたウィスキー

僕らが次に目指したのはThe Island Cityと呼ばれるアラメダ・エリア。美しい湾を臨む広大な… »STORY

復興への強い意志が息づく、歴史あるホテル

1906年4月、M8前後とも推定される大地震がサンフランシスコを襲った。この影響で街の各所では膨大な… »STORY

STUSSY Livin’ GENERAL STORE presents Letterpress Poster

誰かが語りかけているかのような、微妙にかすれた文字のひとつひとつ。活版印刷ならではのアナログ感が漂う… »STORY

サンフランシスコ手ぬぐい|PAPERSKY Store

日本の伝統的なアイテムのひとつ手ぬぐいは、軽量で速乾性も高く、何かと便利なすぐれもの。世界の都市のイ… »STORY

Jay Nelson ジェイ・ネルソン/アーティスト|PAPERSKY Interview

サンフランシスコ在住のジェイ・ネルソンは世界的にその名を知られる、異色のアーティストだ。代表的な作品… »STORY

name
エルキャピタン
place
ヨセミテ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.