Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

火事や枯死を乗り越えて|別府の竹細工 2

, 2013/06/25

「ここで働く人たちはみんな高齢者。全員が地元の出身です」。永井貴美代はそう語るが、これは彼女自身にも当てはまる。彼女は84歳で、昭和4年に別府に生まれた。別府で約100年前から営業を続ける製竹工場、「永井製竹」の四代目社長である。「いまの若い人たちは、こういう仕事をやりたがらないから」と彼女は言う。「若い子には大変すぎる仕事です。だから働いているのは、歳を取っても技術をもっている高齢者ばかりなんですよ」。永井は昔もいまも、別府の竹業界にとってなくてはならない存在だ。永井製竹では大分県内にある竹林から伐採したばかりの竹を、職人が細工に使える形に加工している。

竹には550以上の品種があるが、この地で使われているのはマダケ(学名Phyllostachys bambusoides)。「私がここで働きはじめたのは1954年のこと。当時、25歳でした。結婚してからは、夫とふたりで工場の一室に住みこみました」。彼女はいまでもここにいて、工場の入り口に置かれた机で仕事をしている。工場の床は、竹の粉だらけ。トタン屋根の倉庫には幹竹がぎっしり詰められている。壁に立てかけて、天日乾燥中のものもある。この工場は2種類の役割を果たす。ひとつは竹を細工に使える形に加工することだ(具体的には、竹の幹を煮沸して油分を取り除き、乾燥させて象牙色にする)。

別府の製竹業界の黄金期は1980年代のバブル経済崩壊とともに終焉したが、永井にはそのずっと前の第2次世界大戦後から、次から次へと苦難が襲いかかっていた。まず、1965年には工場が火事になり、すべてを失う。「その次は、竹林が全部枯れちゃったの」と彼女は回想する。竹の開花周期は60年から120年。花をつけたあと、竹林は枯れて死に絶える。「あの10年間は本当につらかったですねえ。苦難の10年でした」。その苦難の時期に、永井は備蓄しておいた竹を使って、スプーン、焼き鳥用の竹串、盃などの製品をつくらざるを得なかった。「1960年代には100人以上の従業員がいましたが、いまでは24人だけ。若い人はいません。ときどき若い子が入ってきますが、大変な仕事ですから、しばらくすると辞めてしまいます」。工場内を歩くと、高々と積みあがったマダケの山の間に、高齢の職人たちが黙々と幹竹を切ったり、削ったり、洗ったり、乾燥させたりしているのが見える。彼らにとって竹はいまでも、何千年にもわたって日本人の生死に深くかかわってきた文化的、宗教的に重要な素材である。
 
This story originally appeared in PAPERSKY’s NEW ZEALAND | LONG Issue (no.41)

Tags: , ,









別府竹細工 大橋重臣の共縁バスケット|日本のつくり手 第3回

大分県別府市は、名湯で知られる昔ながらの観光地であり、古くから竹細工産業で栄えてきた町でもある。大橋… »STORY

ハイカーの集い「ハッピーハイカーズ 法華院ギャザリング」九州九重にて

7/28(土)、29(日)、ハイカーのためのイベント「ハッピーハイカーズ・法華院ギャザリング」が、… »STORY

ハイカーのためのイベント「ハッピーハイカーズ 法華院ギャザリング」

九州初となる、ハイカーのためのイベント「HAPPY HIKERS HOKKEIN GATHERIN… »STORY

旅に便利な竹のお香入れ “Clear Sky” Travel Incense Case/中村さとみ

"Clear Sky"と名付けられた、旅に便利な竹のお香入れ。竹細工が盛んな大分を拠点に活動するBA… »STORY

Tour de Nippon in OITA Movie

2014年11月に開催したTour de Nippon in 大分のレポートムービーができました。2… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 大分

地域の人が町の魅力や本質を見つめ、外からの芸術家がアートという手法でその魅力を翻訳する。大分は今、県… »STORY

おもてなしの心に迎えられたツール・ド・ニッポン大分旅を終えて

2014年を締めくくるツール・ド・ニッポン旅が目指したのは、九州・大分の国東半島。歳月をかけ、土地と… »STORY

PAPERSKY BICYCLE MAP vol.10 大分 OITA

PAPERSKYが提案する、日本の魅力再発見の旅プロジェクト「Tour de Nippon」では、訪… »STORY

Tour de Nippon in 大分 参加募集スタート

ツール・ド・ニッポンが2014年の締めくくりに選んだ旅先は、大分県国東半島。ここは大陸との交易で栄え… »STORY

国東半島を舞台にした「国東半島芸術祭」開催

大分県の国東半島を舞台にした「国東半島芸術祭」が、10月4日(土)より約2ヶ月間にわたり開催されます… »STORY

KEENと歩く、国東半島ハイブリッド・トレイルの旅

ただ「歩く」だけでなく、文化やアートを感じられる里山歩きの旅を考えるKEEN。今回、新たにサポートす… »STORY

昔の編みかたを合わせて編む|別府の竹細工 3

「私が初めて竹に触れたのは、竹林から自分のおもちゃを切りだしたときでした」と大橋重臣は言う。今年で3… »STORY

写真家・石川直樹さんと行く大分・国東半島の旅|カルトラ

旅を通じてアートやカルチャーに生で触れ、心を耕すプレミアム体験型ツアーを提案している「カルトラ」。フ… »STORY

遺伝子に刻まれたもの|別府の竹細工 1

大分全域に分布する竹林は、日本全国の竹林の約6割を占める。そこから切りだした背の高いマダケが別府竹細… »STORY

name
永井製竹(株)
place
大分
address
大分県別府市光町3-14
phone
0977-24-0417

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.