Menu Links
  • PAPERSKYPhotography: Natsuko Ishikawa

光を写す唐紙の技|京都・かみ添

, 2011/05/23

入り口から差し込む光が部屋の奥に届き、雲母によって摺られた唐紙に水玉文様を浮かび上がらせている。襖によって受け止められたやわらかな光は、日の傾きとともに時の流れを室内に映し込む。京都の西陣にある唐紙工房・かみ添は、唐紙職人の嘉戸浩が2年前に開いた店。唐紙とは和紙に絵柄を摺ったものであり、江戸時代より襖紙として広く使われていた。
「昔の人は電気のない時代、自然と入ってくる光の加減で、時間を感じていたんだろうと思うんです。朝の光、夕方の光、お月さんの出た夜の光。ふすまの表情がふんわり浮かんでくるような、そうした微妙な光の加減の中で話をしたり、お茶を飲んだりしてはったんやろうなぁと」

嘉戸はアメリカで デザインを学び、グラフィックデザイナーとしての仕事を経験した。「唐紙に興味を持ったのは、アメリカにいたときのことです。大学の講義で、資料として出されるのが日本の美術品だったんです。浮世絵、日本画、枯山水など、日本よりも海外での評価が高いことを知りました。そこで唐紙に出合ったんです。文様の配置や間のとり方などのレイアウトが絶妙で、そこにはグラフィックのすべてがつまっていると感じました」

帰国後、京都の唐紙職人のもとを訪ね、刷師として5年間唐紙の事を学んだ。型押しという古典印刷技術でさまざまな版木を使い、手摺りにより文様を紙に写す。嘉戸が使う版木のデザインは、唐紙古来の伝統柄だけでなく、海外を旅した彼自身の経験から生まれるものも多い。
「イスラムのモスクで見た装飾が素晴らしくて、たくさん写真を撮りました。それが日本に昔からある七宝文様に似ていて、面白いと思ったんです。そういったものから版木のデザインを考えたりもします」

店の座敷の襖を飾っているのは、骨董屋から譲り受けたという古いトルコの版木を使った唐紙。長い時を経て出自を失った版木を手にしたとき、嘉戸は職人としての想像力によって再び生命を吹き込む。
「いつの時代のものか、何のためのものか全くわからないんです。でも顔料をのせてみると、どのように使われていたかなんとなくわかります。この版木には欠けている部分があるんですけど、それはどこかにぶつけてかけたんやないと思うんです、たぶん何度も使っているうちに自然にかけてしまった。何回も使ったり、木が朽ちたりして、職人さんのかけた時間が積み重なってこうなっている。だからそれも含めて版木が持つデザインだと思っています。唐紙には珍しい絵柄ですけど、色合わせは昔からの配色が多い。金地に浅葱色押し、粉地に雲母など、自然といいなと思うのが古来からの色合わせになるのも、きっと頭の中にこびりついているものなんでしょうね」

店の名前の由来でもある”添える“という言葉について尋ねると、紙は主役ではないから、と嘉戸は答えた。
「襖も空間のためにあるものだし、便箋も手紙を書くためにある。紙は何かに添えられるものだと思うんです。でも、ちょっといい便箋を使ったりすると、そういう気持ちが相手に伝わる。主役にはならないけど、控えめな、そういう気持ちを添えられるものでもあると思います」

唐紙職人としての技と、グラフィックデザイナーの感性が結びついた独特の唐紙。それはまた、唐紙を手にする人の想像力によって、さまざまな光を写しだす。

かみ添 Kamisoe
京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
http://kamisoe.com/
展示会情報
2011年5月25日(水)〜31日(火)「和モダンを楽しむ暮らしのアート展」
阪急うめだ本店 12階
<参加作家>
かみ添(唐紙)・浦辻靖弘(木工)・今宵堂(陶芸)・坂井直樹(金工)
奈良井志野(漆芸)・波多野光(絵画)・須賀凌子(和布)
Photo:[1] 石川奈都子 [2] 斎藤さだむ、尹煕倉 「四角の話」 [3-5] 河合智子
インタビュー&構成:チームヤムヤム
Interview & text: Team YumYum

Tags: , , ,









PAPERSKY STORE @ Kyoto Hiker’s Gear Party

12月15日、16日の2日間、京都・新大宮広場にて開催される、ハイカーのためのアウトドアマーケット「… »STORY

「ふたつのことば 佐々木愛 × 持塚三樹」展 @ 誠光社

京都の誠光社にて、12/1より「ふたつのことば 佐々木愛 × 持塚三樹」展が開催されます。展覧会タイ… »STORY

PAPERSKY POP UP STORE in 京都 MAGASINN KYOTO

11/23(木)〜11/26(日)の4日間、京都・二条城のそばにある“泊まれる雑誌”がコンセプトの宿… »STORY

自転車の楽しみ方、ネクストステージへ|PAPERSKY bicycle club

ついに、そのときが近づいてきている。PAPERSKY自転車クラブの活動にも、ツール・ド・ニッポン以外… »STORY

京都の泊まれる体験型本屋 Editorial Haus MAGASINN(マガザン)

京都・二条城近くにある『Editorial Haus MAGASINN(マガザン)』は、「触って、使… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.5 蒲入水産有限会社(伊根) 田中晃斗さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

藍染トートバッグ|PAPERSKY STORE

京都・丹後を拠点とする「高蔵染」とつくった、藍色に染まったボディに滴らせたしぶきが美しいトートバッグ… »STORY

Tour de Nippon in Kyoto/Tango Movie

2017年3月に開催したTour de Nippon in 京都/丹後のレポート動画ができました。残… »STORY

海が、試練の辛さを忘れさせてくれた。丹後半島サイクリング旅

残雪や雨を心配していた3月のツール・ド・ニッポン。京都・丹後半島旅の週末は、好天にも恵まれた、それは… »STORY

京都に来ていなかったらきっと日本に暮らしてなかった|Kyoto Cyclists 4

「各地を走っているけれど、自転車に乗るなら僕は西日本のほうが好き。MTB選手だったからかな。関西は山… »STORY

マップでめぐる海の京都|+10 City Maps No.19 Seaside Kyoto

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第19弾は、日… »STORY

道具は大切に扱う、一生ものにする|Rendezvous with Kyoto Cyclists 3

「材料は一部のパーツをのぞいて、すべて国産。ひとつひとつこの伏見でハンドメイドしているオリジナルのフ… »STORY

Day6 伊根〜京都 | 舟屋の窓辺に腰かけ、6日間の自転車旅を想う

伊根浦には小さな入江を取り囲むように舟屋と呼ばれる家屋がびっしりと立ち並び、独特の景観をつくり出して… »STORY

Day5 琴引浜〜伊根 | 職人文化と絶景続きの海岸線。丹後の宝にふれた日

弥栄町で染色工房を営む大下倉和彦さんを訪ねた。丹後はかつてちりめん生地の一大産地として栄えたが、時代… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 京都/丹後

私たちが知る風情ある京の町は、全体からみればほんの一部。町の南にはお茶の産地が、北は豊かな森が広がる… »STORY

ツール・ド・ニッポン in 京都/丹後 参加募集スタート

3月のツール・ド・ニッポンでは、丹後半島をめぐる週末旅に出かけます。京都の北端、日本海に突き出た風光… »STORY

Day4 天橋立〜琴引浜 | 海の京都を満喫。波音をBGMに眠る夜

旅も4日目になると、朝起きて自転車に乗って走ることが日常になってくる。この日はひとまず西を目指し、丹… »STORY

自転車なら、京都の四季を誰より楽しめる|Kyoto Cyclists 2

「自転車でどこまででも行けるんです」 毎日の往復約10kmの通勤も、実家がある宇治へも、そしていくつ… »STORY

Tevaでゆこう。新古息づく、粋な町へ

幾度訪れてもどれほど歩いても、京都の奥深さは、はかり知れない。古きを守り、新しきを汲みながら粋に革新… »STORY

思い立って自転車で山へ。そういうことも、京都の日常|Kyoto Cyclists 1

どんなシーンでどう使うか? サイズや形の希望だけでなく、使う人と顔を合わせ、細やかなやりとりをとおし… »STORY

AMETSUCHIの器|Urban Research Doors 日本のつくり手 第9回

Urban Research Doorsが、PAPERSKYと共に日本各地を巡り、その土地に根ざした… »STORY

Day3 綾部〜天橋立 | ついに日本海! 峠から見下ろす日本三景・天橋立

「僕も一緒に宮津まで行っていいですか?」 自転車で日本一周の経験もある昭文さんの、トラベラーの血が騒… »STORY

Day2 園部〜綾部 | 丹波の山から次々と、個性的な夫婦が現る!!

2日目はすばらしく晴れ上がり、朝から気分は最高だった。園部の城下町を抜けて9号線をひた走り、兵庫県篠… »STORY

Day1 京都〜園部 | 京の町は遠ざかり、霧が立ち込める雨の奥山を走る

旅立ちは雨だった。この日は京都在住30年の自転車ガイド、ヴィンセントさん(P.99)が加わり、総勢7… »STORY

東へ西へ上ル下ル。自転車で京都、本の旅へ

便利な機器の普及により、本を携えて旅に出ることも減ったかもしれない。それでも、やっぱり好きなのだ。路… »STORY

PAPERSKY presents KYOTO BOOKSTORE RIDE

PAPERSKY no.52「京都/自転車」特集、「Bookworms to your Bikes」… »STORY

name
かみ添
place
京都
address
京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
link
website

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.