Menu Links
  • Photography: Naoki Ishikawa

石川直樹、カヌーの源となる森を探して

, 2010/08/31

古来、南太平洋では星などを利用して自らの位置と進むべき方角を導き出すナビゲーションシステムが確立されていた。伝統航海術、あるいはスターナビゲーションと呼ばれるその叡智は、口承によって今でもミクロネシアの離島などで受け継がれている。海図もコンパスも用いず、カヌーに乗ってまだ見ぬ島を目指して海へ出て行った人類の旅路に関するフィールドワークは、僕のライフワークでもある。

人々を島へと導いたカヌーは、巨木がなければ作ることはできなかった。その木は豊かな森がなければ生まれない。森には雨が必要だ。雨は土壌に吸収され、川となって海へ向かい、海は島と島をを繋ぐ架け橋となる。その海へとカヌーは漕ぎだし、やがて最後には、再び森へと帰っていく。

以前は深い森が南太平洋の島々を覆い、カヌーを作るための巨木には事欠かなかった。しかし、乱伐によって島の森は激減し、現在では巨大な流木が漂着したときにのみ、カヌー作りをするという島も増えている。森の減少は、カヌー作りの伝統や技術の継承をも困難にしていた。

渡海の原点ともいえる森を自分の目で確かめてみたいという思いは、島々で航海術のフィールドワークをすればするほど強くなる一方だった。ハワイとニュージーランドとイースター島を繋ぐ“ポリネシアトライアングル”と呼ばれる海域では、数家族を乗せて移住できるほどの大型カヌーが10世紀ごろから建造されている。現在の観光地化された島には見る影もないが、以前はそのようなカヌーを作るのに十分な樹木が育っていたということを古いカヌーが証明している。

カヌーの源となる森を探して島々を旅し、最後に自分が行き着いたのが、ポリネシアトライアングルの南端、ニュージーランド北島の原生林だった。カヌーの原材料となった樹木が育ち、島の木を使って現在もカヌー作りが行われているのは、ポリネシア全域を見渡しても、ニュージーランド最北部にパッチワークのように残っている原生林しかない。そして、これらの森は決して隔絶されたものではなく、航海者でもある先住民マオリの生活と密接に関係しながら、聖地として今もあり続けていた。

北島の森へと入っていくと、自分がどこにいるのか、どこへ向かっているのかわからなくなるような感覚に襲われる。『The Void』という言葉には、「空間「無限」「すき間」といった意味があるが、まさにこの森はVoidそのものだった。そこを入り口にしてどこへでも伝っていけるような一種のエアポケットとしての森。数千年の年月が宿る森のその先には、見えない島々の過去と未来や、それを繋ぐカヌー、そして広大な海がいつも存在している。

森から海へ、そして海から森へ、その循環の一瞬に自分は今、生きている。

協力:ニュージーランド観光局 www.newzealand.com
Special thanks: Tourism New Zealand

 
石川直樹 Naoki Ishikawa
1977年東京生まれ。写真家。東京藝術大学大学院博士課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表しつづけている。写真集 『NEW DIMENSION』、『POLAR』にて、講談社出版文化賞、日本写真協会新人賞を受賞。その他著書に『 THE VOID』(ニーハイメディア)『VERNACULAR』(赤々舎)、 『Mt.FUJI』(リトルモア)などがある。ヒマラヤ取材を含む農業体験をまとめた新刊 『種を播く人』(集英社)は近日発売。瀬戸内芸術祭(女木島)にて島をテーマにした新作を発表。

【関連記事】
» 写真家・石川直樹と歩くニュージーランドの旅
» マオリがつなぐ森と海・石川直樹『THE VOID』

Tags: ,









Milford Track 世界中のハイカーが憧れるNZを代表するトレイル

世界遺産テ・ワヒポウナムの核心部、フィヨルドランド国立公園内に位置する。湖から谷を抜け、山岳エリアに… »STORY

Kepler Track 日本アルプスの稜線歩きを好むハイカー向き

湖畔から森の道を登りきると、そのトレイルは雲上の稜線歩きへハイカーを誘い、そこから谷沿いの原生林を進… »STORY

エイベル・タズマン|黄金ビーチと原生林が織りなす奇跡のトレイル

太陽に恵まれ、温暖な気候で有名なエイベル・タズマン国立公園内の、無数の美しいビーチをつなぐ全長54,… »STORY

ニュージーランド、遙かなる道筋。縦断の末に見えた風景

2010年暮れ、構想から16年を経た壮大な計画が実現間近に迫った。夢のニュージーランド縦断トレイルだ… »STORY

鳥たちが誘う、ニュージーランドの奥深く

森を抜け、美しい湖畔をパスするといきなり眼前に勇壮なパノラマが。1日、2日では着けない山の奥深くに、… »STORY

Day-5 丘の上から漂う、果実の香りに誘われて

水辺ではサギの仲間、ブルーヘロンの美しい姿に見惚れ、時にはブルーペンギンまで出没するというロードを爽… »STORY

山戸浩介・ユカ|山のなかの”美味しい”旅へ

料理研究家の山戸ユカさんはご主人の浩介さんとともに、夫婦でよく山歩きを楽しむ。山歩きの最中、新たな料… »STORY

Day-4 オーガニック王国の深淵に触れる、一筋の道

街のランドマークである大聖堂や、ニュージーランド初のラグビーマッチがおこなわれたフィールド「ボタニカ… »STORY

Routebarn Track 神々しい自然景観が次々と展開

ニュージーランド初挑戦のハイカーにおすすめしたいのがこの縦走路。3日間32kmという、短い行程にこの… »STORY

Day-3 太陽が育んだ、豊かな“味”を巡る旅

次に目指したのは「グレイトテイスト・トレイル」と呼ばれる、ちょっと美味しそうな名前のバイクコース。拠… »STORY

山と道|2人で追求する、どこまでも軽快な山歩きのカタチ

世界最軽量クラスの山道具で知られるガレージメーカー「山と道」。夏目彰さん、由美子さんは夫婦で山歩きに… »STORY

Day-2 シダの森を駆け抜ける、3日間の山岳ライド

クック海峡を通り過ぎる風を感じながら、フェリーで南島北部の街・ピクトンへ。ここからウォータータクシー… »STORY

編集長ルーカスが選んだニュージーランドみやげ

今回取材先のニュージーランドで、ルーカスがみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに並び… »STORY

Day-1 風の街、ウェリントンでギアと旅気分をチューニング

マウンテンバイクライドを控え、まずは北島南部の首都、ウェリントンへ。ここは南島への玄関口として、毎日… »STORY

ルーカス B.B.ニュージーランドトークイベント

5月17日、東京・青山のBOOK246で開催される「New Zealand NIGHT vol.5」… »STORY

旅のパートナー 伊藤弘さんと行くNZロングハイク&ライド

太古から守られてきた巨木の森と、美しい海岸線が続く北島。南島では、南極からの風が優しくたなびく勇壮な… »STORY

Wide Open Travellers vol. 1 伊藤弘さん

「Wide Open Travellers」は、本誌の特集にあわせてその旅とカバンを紹介する、GRE… »STORY

ニュージーランドの“長い”旅路|Editor’s Note #41

前号を発行してから、“長い”時間が経ってしまった。なぜなら僕らは、ニュージーランドを“長い”時間をか… »STORY

PAPERSKY #41 ニュージーランド特集号 発売!

4月30日発売された『PAPERSKY』No.41の特集は「ニュージーランド」。豊かな自然に恵まれ、… »STORY

DRINK LOCAL! ローカルフードとして味わうコーヒー

ニュージーランドのコーヒー・キャピタルと呼ばれるウェリントン。メインのキューバ・ストリートには賑やか… »STORY

マップでめぐるオークランド | +10 City Maps No.5 Auckland

PAPERSKYがセレクトしたおすすめのショップやレストランなど、マップを通じて街の魅力を伝える「+… »STORY

lakeside-bike-ride

レイクサイド&アイスクリーム・ライド

湖に沿うように書かれた点線は、キャンプ場から続くお勧めの自転車ルート。「この湖畔からの景色は最高だよ… »STORY

NEW ZEALAND

スマートで美しい山道具をつくる|山と道 インタビュー

バックパックやサコッシュ、スリーピングマットなど、ハイキングに特化した軽量ギアを製作する「山と道」。… »STORY

世界を旅する大道芸人|FUNNY BONES

トランクから次々といろいろな小道具が飛び出し、マジックやジャグリング、パントマイム、ボイスパーカッシ… »STORY

ニュージーランド グリーンデザインの旅

PAPERSKYのウェブチームが、ただいまニュージーランドを訪れています。夏真っ盛りのニュージーラン… »STORY

ラジオで伝えるクライストチャーチの息遣い

ニュージーランドのコミュニティFMの一つ、クライストチャーチにある「Plains FM」。地元のイベ… »STORY

name
ワイポウア・フォレスト
place
ニュージーランド

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.