Menu Links
  • HOKKAIDOPhotography: Yoichi Watanabe

ニセコから世界へ フォトグラファー渡辺洋一

, 2010/01/05

スキーに魅せられ、北海道・ニセコに移り住んで写真を撮り続けているフォトグラファー・渡辺洋一。彼の写真には、雄大なバックカントリーの美しさと、その美しさに魅せられた滑走家たちの姿が写し出されている。バックカントリー・スキーとは、自然と触れ合うことを目的とし、人工のスキー場でなく自然の森や林の中を滑るもの。ニセコのパウダースノーは世界的にも有名で、多くのスキーヤー・スノーボーダーが集まってくる。渡辺さん自身「スキーのためにニセコに移住し、スキーを滑ることを中心に生きている」というほど、 雪山を愛してやまない。そんな彼が、滑走家として、同じライフスタイルを持つ人々の旅と日常を撮ってきた写真の数々が、写真集「雪山を滑る人」として12月に発表された。

写真集には、ニセコをはじめ、北米、オセアニア、ヨーロッパ、北欧など世界中で撮った滑走写真が収められている。「被写体は雪山やそこを滑る滑走家たちですが、一つの事を長く追いかけ、向き合っている者の視点や世界観を感じて頂ければと思います。そして地球には雪が降る場所がある事を知ってほしい」と彼は話す。

旅と好きな場所について渡辺さんに伺った。「世界中に旅をしても、結局は雪山に登り、滑ることをやってます。何処に行っても同じ事を繰り返しています。しかし、そこには、初めて見る風景が広がります。僕にとって旅とは町、海、山、人を視ること、そして滑ることです。その場所に好みをつけるのは難しいけど、数多くの印象に残り、通った場所をあげるのなら“アラスカ”を選びます。そこには無限に連なると思うほどに山があり、人影も少ないのです。とても旅心をくすぐります。そして、人が作ったスキー場ではなく、 雪山の急斜面を滑走します。そのような雪山が多くあり、ワイルドな自然があるアラスカに惹かれます。」

写真集にはアラスカをはじめ、カナダ、ノルウェー、スイス、アルゼンチン、ニュージーランドなど、渡辺さんが魅せられた世界各地の雪山の写真が掲載されている。撮ることとともに、滑ることの魅力を知る彼だからこそ、その写真は多くの人々の心を魅了する。渡辺さんは、ニセコで「ウパシツアー」というスキーガイドを主宰している。森の中のコースをガイドしながら、滑っている姿を写真・ビデオ撮影してくれる。写真集を手に取れば、雄大なバックカントリー・スキーを自ら体験してみたくなることだろう。

[プロフィール]
渡辺洋一(わたなべよういち)スキーヤー/写真家
1966年生まれ、北海道・ニセコ在住。雪と人とのかかわりをテーマに写真を発表。国内外の雑誌、広告に作品を寄与。写真集『NISEKO POWDER』(2006年、須田製販)、『HIRAFU NISEKO』(08年、東急リゾートサービス)を発表。2004〜2005年には写真展「雪と太陽へ」を東京・青山と北海道・倶知安で開催。映像作品『ruwe』『ruwe _』『rawne』(2000年、03年、05年、Upas filims)を発表。写真撮影ガイド「ニセコウパシ」主宰 www.upas.jp

写真集「雪山を滑る人 -Gliders of The Snow Mountains」
写真/渡辺洋一 造本/町口 覚 発行/実業之日本社 2009年12月9日発売

Tags: , ,









アイヌ音楽、受け継がれる伝統と変容し続ける未来

口承で伝えられるアイヌ文化は、音楽もまた独自の進化を遂げてきた。伝統を受け継ぐ一方で、どのように表現… »STORY

Day6 網走~北見~音威子府|ビッキ終焉った。の地でゴールを迎える

最終日となる6日目。日本最北に位置する稚内の少し手前にある音威子府村がこの旅のゴールだ。目的は、彫刻… »STORY

Day5 斜里~網走|斜里のコミュニティで、牛を描く作家に出会う

5日目はまるまる斜里町で過ごした。宿泊した「しれとこくらぶ」は、ホスピタリティがすばらしく、いろいろ… »STORY

Day4 根室〜斜里|自然が凝縮。狭いが奥深い、知床半島を走る

4日目は、世界自然遺産の知床半島を目指す。根室から別海、野付半島、羅臼町まで一気に海沿いを走り抜け、… »STORY

Day3 大樹~根室|東の果て、根室に魅了された夫妻のもとへ

大樹町の「MEMU EARTH HOTEL」からスタートした3日目。東へと車を走らせ、根室半島を目指… »STORY

Day2 白老~鹿追~大樹|鹿追町「page」の工房で、手仕事に触れる

2日目は、白老町から大樹町へ。その途中にある、鹿追町で「page」として活動する木工作家・高野夕輝さ… »STORY

Day1 函館~八雲~白老|山麓の渓流で魚と戯れる

到着した日の函館は曇天だった。ときどき小雨が混じる、肌寒い日。それでも旅の始まりはいつだって気分が高… »STORY

木彫り熊に会いに、北海道八雲町へ

誰もが知る存在でありながら、じつは隠れた歴史をもっている北海道の木彫り熊。そのルーツである八雲町を、… »STORY

Memu Earth Hotel 前衛建築と自然が織りなす、唯一無二の空間

十勝の雄大な自然のなかにたたずむ「MEMU EARTH HOTEL」。2018年、著名な建築家が手が… »STORY

The North Face / Helly Hansen in Shiretoko

持続可能なツーリズムという観点から、知床自然センター内にオープンした「THE NORTH FACE … »STORY

PAPERSKY STORE @ Enter Zone Outdoor

9月7日(土)、8日(日)の2日間、北海道・札幌にあるPeakPerformance Sapporo… »STORY

PAPERSKY Hokkaido Road Trip with Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツのあるライフスタイル情報を発信するウェブサイト「Mercedes-Benz LIV… »STORY

PAPERSKY 北海道特集発刊記念トークイベント @ 江別 蔦屋書店

9/6(金)、江別 蔦屋書店 "暮らしの棟 コミュニティパーク"にて、PAPERSKY 60号「北海… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.17 Hokkaido

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

人と大地の豊かさに触れるドライブの旅

北海道はロードトリップの旅が似合う。約83,457km2の面積、東京都の38倍もある広大な土地は、都… »STORY

Final Frontier Shiretoko, Hokkaido 知床半島・石川直樹

世界中のいろいろな場所を旅してきたが、その地を好きになるかどうかは、結局のところ人との縁としかいいよ… »STORY

森と人をつなぐ、飛生アートコミュニティー

1986年、廃校跡地に生まれた飛生アートコミュニティー。春からの森づくり、9月の芸術祭とキャンプイベ… »STORY

編集長ルーカスが選んだ北海道みやげ

編集長ルーカスが北海道みつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。写真は、北… »STORY

今、ここにある、北海道|Editor’s Note #60

ピクシーズの「Where is My Mind?」が、ブルメスター社のサウンドシステムから鳴り響いて… »STORY

PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue 北海道特集 発売

7月30日発売の「PAPERSKY」最新号(#60)は、北海道特集。日本でありながら、どこか異国へ誘… »STORY

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 北海道編

次号PAPERSKYの特集は、北海道。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundtra… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝 ムービー

2018年9月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 十勝のレポート映像がで… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝」開催レポート

北海道の十勝地方で開催した、今年最後のツール・ド・ニッポン。広大な畑、牧場、そしてどこまでも続く真っ… »STORY

マップでめぐる十勝|+10 City Maps No.24 Tokachi

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第24弾は、北… »STORY

Hokkaido Travel Towel 北海道 手ぬぐい|PAPERSKY STORE

「PAPERSKY Tour de Nippon」の開催に合わせて制作している、PAPERSKY ×… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 十勝

日高山脈と太平洋に挟まれた、北海道のまんなかの蒼茫たる大地、十勝地方。大豆、小豆、じゃがいもなどの大… »STORY

name
ニセコ
place
北海道虻田郡
link
ニセコウパシ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.