Menu Links
Photography: Yoshiaki Hirokawa

プリミティブな雰囲気の縄文ランプ|Jomon Modern Crafts 4

縄文時代の中ごろ、関東から信州にかけて隆盛を極めた土器の様式がある。考古学者によって勝坂式や曽利式と名づけられたそれらの土器は   »STORY

岩手御所野の土を野焼きした土面|Jomon Modern Crafts

「この土面は岩手の御所野遺跡の粘土でつくり、野焼きしたもの。モチーフになっているのは、岩手県から出土   »STORY

縄文土器とエゾシカ皮の太鼓|Jomon Modern Crafts 3

茂呂剛伸さんは北海道を拠点に活動する縄文太鼓奏者。赤茶色の土器に動物の皮を張った縄文太鼓で和太鼓とア   »STORY

亀ヶ岡式土器文様のガーリックポット|Jomon Modern Crafts

縄文時代末期、1万年以上続いた土器づくりの文化は文様の成熟期に入る。その中心となったのが、東北地方北   »STORY

アシリ・レラ/アイヌ活動家|PAPERSKY Interview

日高山脈から流れる沙流川沿いに開けた山裾の集落、北海道平取町二風谷。ここでは山と川からの豊かな恵みを   »STORY

Jomon Modern Crafts 縄文のDNAを現代に受け継ぐものづくり

自然と共生しながら1万年以上もの間、土器を作り続けた縄文の人びと。縄文時代の終わりからおよそ2300   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.