Menu Links
Photography: Ryo Kenjo

Table on Ten 地元農家が集う、キャッツキルのハブ・ステーション

キャッツキル山地の北側。曲がりくねった道をえんえん走ったところにあるブルームビル。過疎化が進み、人口は200人前後。お世辞にも活気があるとはいえない街に、はるばるマンハッタンから訪れる   »STORY

Swoon Kitchenbar アップステート・フードカルチャーのパイオニア

アップステートの取材中、農家でもレストランでもよく耳にした「Swoon」という名のレストラン。誰もが   »STORY

Lady Jayne’s Alchemy ガーデンから生まれる、奥深い発酵の世界

すべての始まりは、自宅でつくった手製のビネガーだった。知るほどに奥深さを増す「発酵」の世界に魅せられ   »STORY

Murray’s 気鋭のデザインカフェが、19世紀の教会に出現!

チボリはジャーマンタウンの少し南に位置する町。ランドマークはアート関係を志す学生が集うバード・カレッ   »STORY

NYの日常に花をもたらすフラワーファーム|Saipua Flower Farm

2006年、ブルックリンにオープンした生花店「Saipua」。葉物や枝物を取り入れたリラックス感のあ   »STORY

Gaskins 小さな街に灯りをともす「みんなの食堂」

月曜日の午後6時。週始めというのに、「Gaskins」のテーブルはテラス席まで満席だ。訪れているのは   »STORY

「コーポラティブ・ファーム」という考え方|Letterbox Farm Collective

ハドソンのファーマーズマーケットで、ひときわ明るい雰囲気を放つブースを見つけた。店に立つのは全員20   »STORY

Black-Eyed Suzie’s 地元農家を知り尽くしたオーガニックカフェ

ハドソンバレーの農家について知りたいなら、「Black-Eyed Suzie’s」に行けばいい。そう   »STORY

Fish & Game 地元食材から学び、変化する。進化系ファインダイニング

今、ハドソンで最も予約の取りにくいレストランを挙げるとすれば、まちがいなく「Fish & Game」   »STORY

Phoenicia Diner 農場直結! 新しい時代のダイナー

豊かな自然が残るキャッツキル自然保護区に「マンハッタンから車を飛ばしてでも行きたい!」と話題のダイナ   »STORY

老舗ファームも柔軟に進化中!|Samascott Orchard

別名「ビッグ・アップル」と呼ばれるニューヨークシティ。その由来は、ニューヨーク州におけるリンゴ生産量   »STORY

兄妹で切り開く 、新しい酪農の可能性|Chaseholm Farm

かつてハドソンバレーは畜産や酪農もさかんな地域だった。が、この30年で全米の畜産・酪農家は一気に大規   »STORY

「複合農家」という新しいファームの形|Made in Ghent

「これが地図だから、自由にまわって」。と渡された手書き地図。歩き始めるとどこからともなくアヒルたちが   »STORY

アートからファームへ。華麗なる転身|Star Route Farm

キャッツキルはかつて農業で栄えたエリア。高齢化などにより一度は廃れた農業を近年、若い農家たちが復活さ   »STORY

アップステートで生まれた東海岸流「EAT GOOD」カルチャーを巡る

元来「アップステート」とはニューヨーク州の北部・中部・西部地域、つまりニューヨーク市とロングアイラン   »STORY

料理研究家・山戸ユカさんと旅するニューヨーク・アップステート

近年、ニューヨークの都市部から若手農家が続々と移住しているというアップステート。マンハッタンから電車   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.