Menu Links
Photography: Nahoko Morimoto

Agrado Guest House|Oaxaca Hotels 3

樹齢100年を超えるハカランダの木が見下ろすゲストハウス。回廊のある中庭には、大きなアボカドの木が葉を茂らせている。緑に溢れるコロニアルスタイルの邸宅を   »STORY

Casa Oaxaca|Oaxaca Hotels 2

外観からはこれほどゆったりとした空間が広がっているとは想像もできない。敷地内に入るためにはノックをし   »STORY

Hotel Azul|Oaxaca Hotels 1

かつて16家族が暮らしていたというオアハカの典型的なアパルトメントのさわやかな水色の壁は、そのまま残   »STORY

Criollo 未来は伝統の延長にあることを示す店|Oaxacan Cuisine 5

原種、という意味をもつレストランでは、毎日メニューが変わる。シェフがアバストス市場に行って、食材を見   »STORY

Los Danzantes メスカルを堪能するための料理|Oaxacan Cuisine 4

もともとはメスカルメーカーだったという。およそ20年前のオープン時にはそれほど重要な酒と考えられてい   »STORY

Mezquite オアハカ伝統料理のモーニング|Oaxacan Cuisine 3

屋上からオアハカ市街地の象徴たるサント・ドミンゴ教会が間近に見えるレストランは、モーニングにおすすめ   »STORY

Pitiona 前衛を歩む、オアハカのトップランナー|Oaxacan Cuisine 2

「俺は、遊んだようなファニーな料理しかつくらないから」と笑うのは、シェフのホセ・バーニョさん。メキシ   »STORY

Origen 伝統とコンテンポラリーのバランス|Oaxacan Cuisine 1

伝統的な手法をどの程度重んじるのかによって、オアハカのレストランのスタイルは決まる。革新的なメニュー   »STORY

Bean to Bar チョコラテは日常のソウルフードになった

オアハカでは大人たちが道端で、ほろ苦く、しっかりと甘い「チョコラテ」を飲んでいる。 深く根づいたカカ   »STORY

鮮烈にして芳醇なメキシコの蒸留酒・メスカル

メキシコではマゲイと呼ばれるアガベ科の植物を使った蒸留酒、メスカル。メキシコの酒といえばテキーラが世   »STORY

暮らすように旅する基点としてのメルカド

朝食を食べに、「11月20日市場」へ赴く。干し肉を整然と並べた肉屋の横では炭火が焚かれ、オーダーする   »STORY

古代の王様が愛した、メキシコ流サウナの効能

世界中にその土地に合ったサウナがあるものだが、メキシコのテマスカルはとても特殊なものではないだろうか   »STORY

アーティストが支え、伝えていくクラフトの現在

オアハカの民芸品の多くは、織物、陶器、刺繍といったように、それぞれ村単位で支えられている。伝統工芸と   »STORY

オアハカの多様性を映す民芸の愉しみ

民芸という言葉のなかには、日常生活で使われる工芸品を愛でる楽しさが含まれている。アルテサニアと呼ばれ   »STORY

中心地の植物園が示す、植生の豊かさと民度の高さ

オアハカの街の中心には、サント・ドミンゴ教会があり、その前庭にはアガベが植えられ、ジャカランダに似た   »STORY

オアハカ料理を体で知るための1日料理教室へ

オアハカは、メキシコのなかでも食の宝庫として知られている。食材の豊かさに起因する料理の多様性を知るた   »STORY

オアハカの豊かな食、美しい色彩

オアハカ郊外にあるヤグール遺跡の洞窟から、紀元前6,000年前のチリ、トウモロコシ、カボチャの種が見   »STORY

YAECAの井出恭子さんと、食とクラフトをめぐる旅

ただ歩いていても、ドアと壁のビビットな配色にインスピレーションを受けてしまうほど、日本とは異なる光景   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.