Menu Links
Photography: Norio Kidera

アイヌ音楽、受け継がれる伝統と変容し続ける未来

口承で伝えられるアイヌ文化は、音楽もまた独自の進化を遂げてきた。伝統を受け継ぐ一方で、どのように表現するかは受け手によっても変わる。阿寒湖コタンのアイヌ音楽の今を   »STORY

Day6 網走~北見~音威子府|ビッキ終焉った。の地でゴールを迎える

最終日となる6日目。日本最北に位置する稚内の少し手前にある音威子府村がこの旅のゴールだ。目的は、彫刻   »STORY

Day5 斜里~網走|斜里のコミュニティで、牛を描く作家に出会う

5日目はまるまる斜里町で過ごした。宿泊した「しれとこくらぶ」は、ホスピタリティがすばらしく、いろいろ   »STORY

Day4 根室〜斜里|自然が凝縮。狭いが奥深い、知床半島を走る

4日目は、世界自然遺産の知床半島を目指す。根室から別海、野付半島、羅臼町まで一気に海沿いを走り抜け、   »STORY

Day3 大樹~根室|東の果て、根室に魅了された夫妻のもとへ

大樹町の「MEMU EARTH HOTEL」からスタートした3日目。東へと車を走らせ、根室半島を目指   »STORY

Day2 白老~鹿追~大樹|鹿追町「page」の工房で、手仕事に触れる

2日目は、白老町から大樹町へ。その途中にある、鹿追町で「page」として活動する木工作家・高野夕輝さ   »STORY

Day1 函館~八雲~白老|山麓の渓流で魚と戯れる

到着した日の函館は曇天だった。ときどき小雨が混じる、肌寒い日。それでも旅の始まりはいつだって気分が高   »STORY

Memu Earth Hotel 前衛建築と自然が織りなす、唯一無二の空間

十勝の雄大な自然のなかにたたずむ「MEMU EARTH HOTEL」。2018年、著名な建築家が手が   »STORY

The North Face / Helly Hansen in Shiretoko

持続可能なツーリズムという観点から、知床自然センター内にオープンした「THE NORTH FACE   »STORY

人と大地の豊かさに触れるドライブの旅

北海道はロードトリップの旅が似合う。約83,457km2の面積、東京都の38倍もある広大な土地は、都   »STORY

森と人をつなぐ、飛生アートコミュニティー

1986年、廃校跡地に生まれた飛生アートコミュニティー。春からの森づくり、9月の芸術祭とキャンプイベ   »STORY

PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue 北海道特集 発売

7月30日発売の「PAPERSKY」最新号(#60)は、北海道特集。日本でありながら、どこか異国へ誘   »STORY

Graphic Landscape 新しい時代を先導したスイスの観光ポスター

人々を誘致するだけでなく、グラフィックデザインの進歩にも大きく貢献したスイスの観光ポスター。100年   »STORY

アルプスの画家が見つめた自然と人間の営み

オーバーエンガディン地方の、ムオタス・ムライユの山岳ホテルから、向かいにある標高2,700mほどのシ   »STORY

絵本から垣間見る、グアルダの素朴な暮らし

アルプスの雄大な自然と人々の素朴な暮らしを絵本のなかで表現したのが、イラストレーターのアロイス・カリ   »STORY

数奇な人生を生きたエマ・クンツのアート

方眼紙に規則正しく、精巧に描かれた図形の数々。神秘的な魅力をもつ絵画の作者はスイス人アーティスト、エ   »STORY

Ingo Giezendanner 作品集を片手に、チューリヒの街歩き

独自の視点でさまざまな街の風景を切り取るスイス人アーティスト、インゴ・ギーゼンダナー。彼が描いたチュ   »STORY

鮮やかな色彩で、ダヴォスの強い光を表現

スイスの光に魅せられた外国人画家は多い。ドイツ表現主義を代表するエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー   »STORY

木版画で制作した異色の『ユングフラウ』 Félix Vallotton

画家フェリックス・ヴァロットンが制作した木版画に『ユングフラウ』がある。ユングフラウはベルン州南部に   »STORY

クレーの心に刻まれた、三角形の山ニーセン

ベルン州南部の高地帯ユングフラウ地方に「ニーセン」というちょっと不思議な山がある。なぜ不思議なのかと   »STORY

Tevaを相棒に、都会のなかで自然と遊ぶ

スイスの魅力は雄大な自然だけではない。むしろチューリヒのような都市部において、自然にアクセスしやすい   »STORY

雲と光が複雑に変化するレマン湖の光景|フェルディナント・ホドラー

スイス人にとって「国民的作家といえば?」と問えば、多くの人がフェルディナント・ホドラーを挙げるだろう   »STORY

平山昌尚/アーティスト|PAPERSKY INTERVIEW

今年の6月から1ヶ月にわたり、チューリヒの出版社「Nieves」で新作の展覧会を開いたアーティストの   »STORY

アーティスト・佐々木愛さんとスイスの風景のなかへ

「画家が描いた風景を訪ねることは初めての経験でした。スイスの壮大な景色を目の前にすると、画家たちは何   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.