Menu Links
Photography: Naoki Wagatsuma

ニッポンの魅力再発見の旅 十勝

日高山脈と太平洋に挟まれた、北海道のまんなかの蒼茫たる大地、十勝地方。大豆、小豆、じゃがいもなどの大規模農業が盛んな道内随一の農業地帯の生産者たちは、今、何を想うのか   »STORY

Photography: Shota Taira 

ニッポンの魅力再発見の旅 宮古島

沖縄本島から宮古海峡を飛び越え、290km。宮古島と7つの島、宮古諸島にたどり着く。独自に発展した、みゃーくふつ(宮古方言)や、御嶽信仰、ウヤガン祭やパーントゥなどの稀有な祭祀   »STORY

Photography: Yoichi Nakamura

ニッポンの魅力再発見の旅 浜松

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街……。時代によりさまざまなムーブメントを生み出してきた街、浜松。遠州灘、浜名湖、天竜峡へと連なる山々。自然に抱かれた都会で暮らす   »STORY

Photography: Yoma Funabashi

ニッポンの魅力再発見の旅 秋田/田沢湖

秋田犬、あきたこまち、温泉、田沢湖、稲庭うどんにいぶりがっこ……私たちが知る秋田のキーワードは、どれも間違いなく名物。訪れればもう、心を掴まれてはなれない。春夏秋冬どんなときも私たちを癒しほぐしてくれるニッポンのふるさと、秋田へ   »STORY

Photography: Miwa Uehara

ニッポンの魅力再発見の旅 群馬

秋から春に吹く上州からっ風。冬の長い日照時間と乾燥した季節風により、群馬では良質な小麦がとれる。南に関東平野、北西に長い裾野を広げる赤城山などの美しい山々。変化に富んだ自然は地域の誇りだ   »STORY

Photography: Takashi Ueda

ニッポンの魅力再発見の旅 京都/丹後

私たちが知る風情ある京の町は、全体からみればほんの一部。町の南にはお茶の産地が、北は豊かな森が広がる。そのもっと北は景勝地の多い丹後半島で、日本海に面している。こんな京都もあったのか、に気づく旅へ。私たちは“海の京都”を訪れた   »STORY

Photography: Nohagi Naka

ニッポンの魅力再発見の旅 奥能登

能登半島は、左手の親指をちょこんと倒したときの形と似ている。ちょうど第一関節から先にある穴水町、輪島市、能登町、珠洲市を総称した奥能登。奥深い奥ゆかしい、心惹かれるおくのおく   »STORY

Photography: Kiyoshi Nishioka

日本の魅力再発見の旅 奈良/天理

日本では古来より山を神と捉え、崇めた山岳信仰があった。吉野に広がる山々や大神神社などがその名残を今に伝える。周囲に古墳が密集し、日本書紀に記される古道、山の辺の道が奈良へと続く   »STORY

Photography: Masashi Kuromoto

ニッポンの魅力再発見の旅 名古屋

“名古屋”で思い浮かぶのは、シャチホコ、手羽先、味噌カツ、トヨタ、えびせん、天むすにひつまぶし。私たちが描く名古屋のイメージはわかりやすいものだが、それはほんの一部にすぎない。周囲にある、いくつもの顔立ち異なる愛おしい町を知る旅へ   »STORY

Photography: Tomoyuki Nishioka

ニッポンの魅力再発見の旅 伊勢・鳥羽

誘われたきっかけは、鳥羽・答志島。北緯34度32分の太陽の道の上にあり、太陽信仰との関係説もあるここは、四季を通じて海産物が豊富。かつて魚介類を神宮に納めていた歴史もあるのだとか   »STORY

Photography: Patrick Tsai

ニッポンの魅力再発見の旅 香川県小豆島

豊かな人と心、食の魅力にあふれる小豆島。温暖な瀬戸内の気候、風光明媚な海と空と山の景色は、ここを訪れる人だけが得られる何よりのご褒美になる。さぁ、潮風に乗って   »STORY

Photography: Tomohide Tani

ニッポンの魅力再発見の旅 大分

地域の人が町の魅力や本質を見つめ、外からの芸術家がアートという手法でその魅力を翻訳する。大分は今、県内各地でアートと地域が連携した取り組み   »STORY

Photography: Takafumi Inoue

ニッポンの魅力再発見の旅 鳥取

山地の石や岩が風化して砂となり、川から海へ流れ出たものが、再び陸地へ堆積し海岸砂丘となる…。10万年以上の歳月をかけてできあがった   »STORY

Photography: Motohiro Ozaki

ニッポンの魅力再発見の旅 広島県尾道市

町に根づく文化、自然や人の魅力を“再発見”するツール・ド・ニッポンの旅。古きをたずねて新しきを知る〜温故知新という言葉が似合う広島の尾道   »STORY

Photography: Ryota Wakimura

ニッポンの魅力再発見の旅 鹿児島

町に根づく文化、自然や人の魅力を“再発見”するツール・ド・ニッポンの旅。初上陸した九州・鹿児島で出会ったのは、おもてなし上手の人たちと、クラフトマンの心意気でした   »STORY

Photography: Junpei Aburano

ニッポンの魅力再発見の旅 青森県八戸市

日本各地の自然や文化、魅力を再発見する旅、ツール・ド・ニッポン。今回、ツール・ド・ニッポンが選んだ旅先は、青森県八戸市。5月に三陸復興国立公園に指定されたばかりの美しきニッポンの宝、種差海岸と南部地方の食文化に出会う旅   »STORY

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.