Menu Links
bruno worldtour report
bruno worldtour report

旅の終わり~ ベルゲン|BRUNO自転車 北欧旅レポート vol.5

BRUNOがサポートする輪行女子世界旅、畠山準弓さんから旅のレポートが届きました。一ヶ月北欧を巡る旅も最終回。最終目的地ノルウェー・ベルゲンから帰国まで。   »STORY

撮影:Janice D’Avila
撮影:Janice D’Avila

自転車を巡るドキュメンタリー Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ

ドキュメンタリー映画「Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ」のワンデー上映会が、10/1(日)に横浜のブリリアショートショートシアターにて開催されます。サンパウロ、LA、トロント、ボゴタ(コロンビア)など   »STORY

Japanese Odyssey
Japanese Odyssey

日本を縦断するロングライド Japanese Odyssey 2017

自転車によるロングライドイベント「Japanese Odyssey(ジャパニーズ・オデッセイ) 2017」が、2017年8月に開催されます。昨年9月に開催された第2回目となるイベントでは、東京からスタートし、南東北、中部日本、山陰地方や四国などのチェックポイントを通過   »STORY

bike & camp
bike & camp

自転車キャンプツーリングフェスタ「BIKE&CAMP」

自転車で行く「旅」をキーワードに、輪行&キャンプツーリング、バイクパッキングなどの魅力を体験できるイベント「BIKE&CAMP」が、6/2(金)-4(日)に、三重県の青川峡キャンピングパークにて開催されます   »STORY

Photography: KaO
Photography: KaO

京都に来ていなかったらきっと日本に暮らしてなかった|Kyoto Cyclists 4

「各地を走っているけれど、自転車に乗るなら僕は西日本のほうが好き。MTB選手だったからかな。関西は山が遠くないでしょう。住まいも京都の山麓にあるから、思い立ったら自転車でいつでも走りにいける。日本は他国より車の運転マナーも   »STORY

Photography: KaO
Photography: KaO

道具は大切に扱う、一生ものにする|Rendezvous with Kyoto Cyclists 3

「材料は一部のパーツをのぞいて、すべて国産。ひとつひとつこの伏見でハンドメイドしているオリジナルのフレームです。日本人の身体に合ったサイズで、町中でも走りやすい自転車があれば、鴨川や近所の山や公園だって、気持ちよく移動できるでしょう   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

Day6 伊根〜京都 | 舟屋の窓辺に腰かけ、6日間の自転車旅を想う

伊根浦には小さな入江を取り囲むように舟屋と呼ばれる家屋がびっしりと立ち並び、独特の景観をつくり出している。海に面した舟屋の1階は舟のガレージで、道路が整備されていなかった時代、住民たちはどこへ行くにも舟を使っていたという   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

Day5 琴引浜〜伊根 | 職人文化と絶景続きの海岸線。丹後の宝にふれた日

弥栄町で染色工房を営む大下倉和彦さんを訪ねた。丹後はかつてちりめん生地の一大産地として栄えたが、時代の変化とともに衰退、大下倉さんのお父さんも工場を営んでいたが廃業してしまったという。わずかに残された工場跡を工房に   »STORY

papersky bicycle club
papersky bicycle club

女ひとり、ニッポン1周自転車旅|PAPERSKY bicycle club

まるで片思いのような気持ちで、ポストを開けている。届く便りには、目にした情景や気持ちが小さな文字でビッシリと綴られている。でも、こちらから文を届けることはできない、一方通行の文……かのお相手が旅へ出る前に   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

ニッポンの魅力再発見の旅・京都/丹後

私たちが知る風情ある京の町は、全体からみればほんの一部。町の南にはお茶の産地が、北は豊かな森が広がる。そのもっと北は景勝地の多い丹後半島で、日本海に面している。こんな京都もあったのか、に気づく旅へ。私たちは“海の京都”を訪れた   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

Day4 天橋立〜琴引浜 | 海の京都を満喫。波音をBGMに眠る夜

旅も4日目になると、朝起きて自転車に乗って走ることが日常になってくる。この日はひとまず西を目指し、丹後半島のつけ根を横切る。景色が半島に変わったことを感じながら峠を越えると、突然、美しいイングリッシュガーデンに出くわした   »STORY

Photography: KaO
Photography: KaO

自転車なら、京都の四季を誰より楽しめる|Kyoto Cyclists 2

「自転車でどこまででも行けるんです」 毎日の往復約10kmの通勤も、実家がある宇治へも、そしていくつも峠を越えて日本海へも自転車で出かけてしまうのが明日香さんだ。京都発の和装ブランド「SOU・SOU」に勤める彼女らしい和の装いもさることながら   »STORY

Photography: KaO
Photography: KaO

思い立って自転車で山へ。そういうことも、京都の日常|Kyoto Cyclists 1

どんなシーンでどう使うか? サイズや形の希望だけでなく、使う人と顔を合わせ、細やかなやりとりをとおしてバッグをつくるのが、彼女の仕事のやり方だ。メッセンジャーバッグやトートバッグ、バックパックなど十数種類をそろえる   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

Day3 綾部〜天橋立 | ついに日本海! 峠から見下ろす日本三景・天橋立

「僕も一緒に宮津まで行っていいですか?」 自転車で日本一周の経験もある昭文さんの、トラベラーの血が騒いだらしい。その日の旅の目的地、天橋立のある宮津までの同行を申し込んでくれた。旅の道中に仲間が増えるほど嬉しいことはない   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

Day2 園部〜綾部 | 丹波の山から次々と、個性的な夫婦が現る!!

2日目はすばらしく晴れ上がり、朝から気分は最高だった。園部の城下町を抜けて9号線をひた走り、兵庫県篠山市との県境にあるルーカスの旧友、宮本健さんと美穂さん夫妻の営む天然酵母パン「KARUNA」を目指す
  »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

Day1 京都〜園部 | 京の町は遠ざかり、霧が立ち込める雨の奥山を走る

旅立ちは雨だった。この日は京都在住30年の自転車ガイド、ヴィンセントさん(P.99)が加わり、総勢7人の大所帯。トレインになって京都の町をクルーズする非日常感と旅の始まりの高揚が重なり   »STORY

Photography: Mai Narita
Photography: Mai Narita

東へ西へ上ル下ル。自転車で京都、本の旅へ

便利な機器の普及により、本を携えて旅に出ることも減ったかもしれない。それでも、やっぱり好きなのだ。路地裏にある本屋さんへも、自転車なら渋滞かまわずスイスイ。京都、本日和。西へ東へ、目的地は本のあるところ   »STORY

papersky
papersky

PAPERSKY presents KYOTO BOOKSTORE RIDE

PAPERSKY no.52「京都/自転車」特集、「Bookworms to your Bikes」(p86~p93)と連動した企画として、京都にあるユニークな本屋さん10店を自転車でめぐるスタンプラリーを開催中です   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

ムーンライトギア・千代田高史さん愛用のバイクパッキングの道具

前後キャリアに荷物を満載した時代は今は昔。バイクパッキングの登場以降、自転車旅の道具は驚くほど軽く、コンパクトになった。ライトウェイトな旅道具のオーソリティ、千代田高史さんのバッグの中身から、新しい時代のサイクルツーリングの方向性を探る。   »STORY

Photography provided by: Pannier
Photography provided by: Pannier

Pannierが紹介する、世界のバイクパッキング事情

自転車の旅をテーマとした今回の特集のため、サイクルツーリングやバイクパッキングについて調べるうちに、ひとつのウェブサイトと出会った。「Pannier」という名のそのサイトには、イギリスやヨーロッパを中心に   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

ムーンライトギア・千代田高史さんと走る バイクパッキング6日間の旅

東京・岩本町にあるアウトドアギアのセレクトショップ、ムーンライトギア。その代表兼バイヤーを務める千代田高史さんは、ウルトラライト・ハイキング(UL)やファストパッキングといった現在のオルタナティブなアウトドアカルチャーの日本におけるキーパーソン...   »STORY

Photography: Takashi Ueda
Photography: Takashi Ueda

自転車で、海の京都へ|Editor’s Note #52

京都はまちがいなく、日本で最も美しく、住みやすく、多くの人々が訪れる場所である。金閣寺、龍安寺、清水寺、二条城、そして市内の中心にある錦市場…。京都は歴史的な建造物が点在し、日本の伝統文化にふれられる場所   »STORY

HÜBNER 2017
HÜBNER 2017

メッセンジャーのヌードカレンダー HÜBNER 2017

昨年発表され話題となった、メッセンジャーのヌードカレンダーの第2弾が発売されました。被写体は街をフィールドとして、人と人とをフィジカルに結ぶ都会のアスリート、メッセンジャーたち   »STORY

Photography: Atsushi Tanno
Photography: Atsushi Tanno

インドア自転車イベント「TRACK TOP TOKYO」レポート

8/27(土)、8/28(日) に品川埠頭近くの倉庫で開催された国内初のインドアバイクイベント「TRACK TOP TOKYO」。木製バンクでのライドをはじめ、DJミュージック、フードブース出店、自転車に関する映画   »STORY

Photography: Maria Laub
Photography: Maria Laub

BRUNOが支援する世界自転車旅、ヨーロッパを舞台にスタート!

スイス生まれの自転車ブランド「BRUNO」が、自転車で世界旅にチャレンジしてみたい人を支援するプログラム「世界の自転車旅をサポート~ 若者よ旅に出よ」。7月に募集された応募者の中から選考が行われ   »STORY

Photography: Lee Basford
Photography: Lee Basford

BRUNOと行く、夏の週末キャンプ旅

「ワォ!!」。車窓をぼんやりと眺めていたジュリエンさんが突然声をあげた。彼が指さす方向に目を向けると、雲の隙間から富士山がちらりと顔をのぞかせている。僕らが今いるのは、品川発の新幹線のなか   »STORY

TRACK TOP TOKYO
TRACK TOP TOKYO

巨大倉庫で開催されるインドア自転車イベント「TRACK TOP TOKYO」

品川埠頭近くの倉庫にて、アート、映画、音楽が融合した自転車イベント「TRACK TOP TOKYO」が開催されます。木製バンクの搬入された巨大ストレージの中で全てが完結する、国内初のインドアバイクイベント   »STORY

c01

BIKE & TRAVEL NIGHT 自転車は最高に楽しい旅のパートナー @ Circles

8月5日(金) 19:30から、名古屋の人気サイクルショップ「Circles サークルズ」にて、自転車をつかった旅の魅力について、スペシャルトークイベントを開催します! ゲストは、PAPERSKY編集長・ルーカス B.B.   »STORY

BRUNO
BRUNO

[参加者募集] BRUNOが応援する旅|世界の自転車旅をサポート

スイス生まれの小径車ブランド「BRUNO」が、世界の自転車旅をサポート! 世界旅を自転車でチャレンジしてみたい人を募集し、旅の費用として100万円を支給します   »STORY

STOMP LOX
STOMP LOX

自転車と街とで使えるシューズブランド STOMP LOX

静岡を拠点に、カジュアル志向の自転車乗りに向けたビンディングシューズを製作する「STOMP LOX(ストンプロックス)」。2015年に設立し、イタリアで修行した著名ブランドのOEMなどを手がける   »STORY

Japanese Odyssey
Japanese Odyssey

日本を縦断するロングライド Japanese Oddessy #2

自転車で2,400km以上を走るロングライドイベント「Japanese Oddessy(ジャパニーズ・オデッセイ)」が、2016年9月に開催されます。PAPERSKYは公式サポーターとして、イベントの開催に協力しています   »STORY

Photography: Akira Horiuchi
Photography: Akira Horiuchi

パラシュートの生地でつくるスタイリッシュな輪行バッグ

サイクリストのためのULギアメーカー「FAIRMEAN(フェアーミーン)」と、PAPERSKYのコラボレーションにより生まれた、小径車用の輪行バッグ。スタイリッシュかつ軽量で、すばやく装着できるので   »STORY

Photography: Evan Lin
Photography: Evan Lin

Taiwan Bicycle Trip ユイー・チャンさんと台南ライド

台湾のベスパ業界では有名人。ビンテージやカスタムされたベスパのガレージ&ショップ、それに自転車店のオーナーでもあるユイーさんに、地元・台南の味を案内してもらおう   »STORY

999c97691c77e026fe7315ee98459c52

RAPHA presents 東京を自転車で楽しむためのMAP

ロンドン発のハイエンドサイクリングウェアブランド RAPHAとPAPERSKYによる、東京を自転車で楽しむためのMAPができました。いつもの町を違う角度で自転車から眺めてみる   »STORY

Photography: Evan Lin
Photography: Evan Lin

Taiwan Bicycle Trip クオック・ファムさんと宜蘭ライド

台湾は、レンタルサイクルがたくさんあるし、自転車専用レーンやサイクリングロードもよく整備されている。自転車をそのまま積める列車だってある。宜蘭と台南へ、自転車で出かけてみよう。田舎道を疾走し、小吃の店をはしごしよう   »STORY

Photography: Lee Basford
Photography: Lee Basford

FIND YOUR OWN TOKYO -3 自分にちょうどいいなにかを求めて

赤い、英国車のフィリップス。CLASKA “DO”のディレクター、大熊健郎さんの愛車だ。機能もスタイルもほどよく、ちょうどよさそうと選んだ一台。大熊さんが着用するのは、コットン混の上質なシャツと伸縮性の高い   »STORY

Photography: Lee Basford
Photography: Lee Basford

FIND YOUR OWN TOKYO -2 おいしい!は、自転車にのることから

彼女がキュッと髪をまとめているのは、140年の歴史を誇る老舗デパート「Liberty London」のリバティプリントを用いたRaphaのシルクスカーフ。3シーズン活躍するロングスリーブのジャージも   »STORY

Photography: Lee Basford
Photography: Lee Basford

FIND YOUR OWN TOKYO -1 町から町へ、自転車&パラシュートで

ジュリエンさんが今、試行錯誤を重ねてデザインを進めているのが輪行バッグ。『PAPERSKY』による日本再発見の旅「ツール・ド・ニッポン」でお馴染みのBRUNOなど、車輪の小さい自転車(小径車)を持ち運ぶための袋   »STORY

papersky bicycle club
papersky bicycle club

10年も20年も、ルーツを大切に仲間と周年を祝おう

10月の末といえば、ハロウィン……いえいえ、東京の秋の恒例となりつつある自転車の映画祭「Bicycle Film Festival」だろう。短編あり長編あり、自転車をテーマに撮られた世界各地の映像作品のあれこれ   »STORY

Bicycle Film Festival 2015
Bicycle Film Festival 2015

世界を自転車でつなぐ祭典「Bicycle Film Festival 東京 2015」開催!

ニューヨーク発信で世界の様々な都市で開催されている自転車映画の祭典・Bicycle Film Festival (BFF)が、今年は10月31日(土)・11月1日(日)の2日間、東京・青山でも開催される   »STORY

swissbike_gorilla

スイス発イタリアンメイドのゴリラ・バイク

一目見れば愛着がわく、ゴリラのロゴマーク。チューリヒでゴリラ・バイクをはじめたトーマスは、“ゴリラ”のわけを、笑って聞かせてくれた。   »STORY

Photo: Maria Laub
Photo: Maria Laub

自転車の楽しさを日常で|ブルーノ・バイク

スイスブランドとして日本でも人気の自転車、ブルーノ(Bruno)。創業者であるブルーノ自身、14歳の頃から20年近くロードやシクロクロス、マウンテンバイクなど数々の競技に出場し、輝かしい戦績を残している   »STORY

Photography: Akikazu Yamashita
Photography: Akikazu Yamashita

自転車旅に出たくなる、『自転車ロングツーリング入門』

荷物を自転車に積んで旅に出よう。モデル、トラベルライターとして活躍する山下晃和さんによる、初の著書『自転車ロングツーリング入門』が刊行されました。   »STORY

revolve traveler
revolve traveler

街乗りから世界一周まで。トラベラーという名の自転車

街乗りでもツーリングでも乗ることができるスタイリッシュなバイクを作りたい - そんなコンセプトを体現したスタイリッシュな自転車。その名も「REVOLVE TRAVELER」   »STORY

OKINAWA
PHOTOGRAPHY: PAPERSKY

Island+Cycling 自転車に乗って島の地図をつくろう

沖縄県八重山諸島、石垣島から高速船でわずか10分で到着する竹富島。旅のミッションは、島の地図を作ること。必要なものは、ノートとペン、そしてレンタサイクル。島の周囲は約9km。そう、ゆっくり気ままに   »STORY

© 2008-2017 Knee High Media. All Rights Reserved.