Menu Links
Photography: Yasuyuki Takagi

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.9 ブリ街道

街道を歩き、それにまつわる歴史を発見する日本の古道歩きの旅。今回は富山湾から飛騨高山まで、寒ブリと旅する80kmのお話。富山のブリは信州へ運ばれ、年越しを祝う「飛騨ブリ」として重宝されたとか...   »STORY

papersky books

[Hike] KISOJI Part 1 Gifu / Nagano | Hike & Bike JAPAN

PAPERSKY BOOKSが贈る、「木曽路」を歩く旅人のためのガイド本(2部構成)。Part 1では、岐阜・中津川にある落合宿から長野・木曽福島の福島宿まで、55.9kmの道のりを3日かけて歩きます   »STORY

ひと鍋パスタの山ごはん

山のごはんはフリーズドライが多くなる。軽いし燃料の節約になる。近所のスーパーで買えて、しかもおいしい。とはいえ、毎回フリーズドライばかりでは飽きてくる。アルパインクライミングなら   »STORY

PHOTOGRAPHY: CAMERON ALLAN MCKEAN

伝統は木から生まれる | 美濃和紙 3

伝統はこだまのようなもの。世代が変わるたびに聞こえかたが違ってくる。伝統とは、年長者から若者へと受け継がれる知識のパターンである。こうしたこだまが   »STORY

PHOTOGRAPHY: CAMERON ALLAN MCKEAN

水のなかでつくる紙 | 美濃和紙 1

静かに差しこむ自然光が一枚の紙をとおして、やわらかな光となって満ちている。世代を超えて受け継がれてきた技で、紙漉き職人はそれぞれの人生をかけ   »STORY

Photography: Cameron Allan Mckean

道具に組みこまれた知恵 | 美濃和紙 2

人間は道具がなくても多くのことができるが、道具があれば神のようになれる。手漉き和紙を魔法のようにつくりだす技を支えるのは、桁と簀   »STORY

Photography: Yohei Natuse

「山パン」 – 家で簡単につくれて山に最適なパン

今夏、一緒に北アルプスへ出かけた近所のパン屋さん「キュルティヴァトゥール」に、家で簡単につくれて山に最適なパンはないか聞いてみた。行動食の定番ドライフルーツとナッツをふんだんに使ったパンなら栄養価も腹持ちもよい。そこで考えてもらったのがこの「山パン」だ。   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.