Menu Links
mammoth hello camp 2019

マンモス・ハローキャンプ 2019 開催!|3/2 チケット発売

マンモススクールが主催する、年に一度のビッグイベント「mammoth HELLO CAMP(マンモス・ハローキャンプ)」。アウトドアでのライブやワークショップ   »STORY

Nao Tsuda

津田直写真展「エリナスの森」

写真家・津田直の写真展「エリナスの森」が、7/16まで山梨のevam eva yamanashi ギャラリー形にて開催されています。バルト海に面する美しい小国・リトアニア   »STORY

mammoth hello camp 2018

マンモス・ハローキャンプ 2018 開催!チケット発売中!

マンモススクールが主催する、年に一度のビッグイベント「mammoth pow-wow(マンモス・パウワウ)」が、「mammoth hello camp(マンモス・ハローキャンプ)」に生まれ変わります   »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 富士みち編 vol.3 浅間神社

PAPERSKYと旅のセレクトショップ「THE NORTH FACE globe walker」が提案する、日本の古道を歩く連載企画「OLD JAPANESE HIGHWAY」。かつて車のなかった時代、人々が行き交った街道を   »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 富士みち編 vol.2 吉田うどん

PAPERSKYと旅のセレクトショップ「THE NORTH FACE globe walker」が提案する、日本の古道を歩く連載企画「OLD JAPANESE HIGHWAY」。かつて車のなかった時代、人々が行き交った街道を   »STORY

OLD JAPANESE HIGHWAY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 映像でたどる日本の古道 富士みち編

PAPERSKYと旅のセレクトショップ「THE NORTH FACE globe walker」が提案する、日本の古道を歩く連載企画「OLD JAPANESE HIGHWAY」。かつて車のなかった時代、人々が行き交った街道を   »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.2 富士みち

旅のセレクトショップ、globe walkerとPAPERSKYが訪れたのは、春の気配が漂い始めた富士山麓エリア。大月から「富士みち」を経て富士吉田へ、そして吉田口から5合目まで、2泊3日をかけてたどる信仰の道   »STORY

mammoth pow-wow 2017

3/3チケット発売開始!マンモスパウワウ 2017

3月3日(金) 9:00より、「mammoth pow-wow(マンモスパウワウ)2017」のチケットが発売スタートします。5月13日(土)・14日(日)、富士山麓にあるPICA富士西湖にて開催されるファミリー向け野外フェスティバル   »STORY

mammoth pow-wow

マンモスパウワウ 2017 開催&チケット発売日のお知らせ

マンモススクールが主催する、年に一度のビッグイベント「マンモスパウワウ(mammoth pow-wow)」。 ライブやワークショップ、アウトドアプログラムなど、大人も子どもも一緒になって楽しめるファミリー向け野外フェスティバルです   »STORY

mammoth pow-wow 2016

3/3チケット発売開始!マンモスパウワウ 2016

3月3日(木) 9:00より、「mammoth pow-wow(マンモスパウワウ)2016」のチケットが発売スタートします。ライブやワークショップ、アウトドアプログラムなど、大人も子どもも一緒になって楽しめるファミリー向け   »STORY

mammoth pow-wow

マンモスパウワウ 2016 特設サイト&チケット発売日のお知らせ

マンモススクールが主催する、年に一度のビッグイベント「マンモスパウワウ(mammoth pow-wow)」。 ライブやワークショップ、アウトドアプログラムなど   »STORY

the north face

THE NORTH FACE キッズキャンププログラム @ マンモスパウワウ

子どもたちのための自然体験プログラムを実施しているザ・ノース・フェイス。5月に開催される親子のための野外フェス・マンモスパウワウ 2015(@PICA富士西湖)にて、小学生を対象に、子どもたちだけで1泊2日のキャンプ&アウトドア体験   »STORY

mammoth pow-wow

マンモスパウワウ 2015 公式サイト&チケット発売日のお知らせ

マンモススクールが主催する年に一度のビッグイベント「マンモスパウワウ(mammoth pow-wow)」。 ライブやワークショップ、アウトドアプログラムなど、大人も子どもも一緒になって楽しめるファミリー向け野外フェスティバル   »STORY

Tiny Houses Worshop

タイニーハウスをつくり暮らすためのワークショップ開催

「タイニー(小さな)」「ハウス(家)」でシンプルに暮らすライフスタイルを求めて。PICA 山中湖ヴィレッジを会場に、週末を使ってタイニーハウスに   »STORY

写真:亀田正人

映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』デビッド・ラマが来日

8月30日よりドキュメンタリー映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』が公開される。これを記念して主人公のクライマー、デビッド・ラマ   »STORY

Photography: Naohito Nishiyama

エレッセが提案する、新たなテニス体験の機会

一昨年実施された調査によれば日本のテニス人口は約373万人。この国でテニスを楽しむ人の数は、まちがいなく長期的な減少傾向にある   »STORY

elesse

この夏、テニスを感じる山中湖へ|Tennis Jam In Yamanakako

テニスの新たな体験を提供することを目的に、elesse(エレッセ)が山中湖で展開するイベント「TENNIS SUMMER JAM in YAMANAKAKO   »STORY

mammoth pow-wow

マンモス・パウワウ 2014 開催&チケット発売日のお知らせ

親子のための野外フェスティバル「mammoth pow-wow(マンモス・パウワウ)2014」が、5月10日(土)・11日(日)、富士山麓にあるPICA富士西湖にて開催されます。mammoth pow-wowは、マンモススクールが   »STORY

papersky mountain club

初冬のたのしみ|PAPERSKY mountain club

紅葉は終わったが、本格的な雪山シーズンはもう少し先。晩秋から初冬にかけてはちょっと中途半端な時期である。そんなシーズンに出かけたくなるのが、雪を被った高山を眺めながら歩く低山ハイクだ   »STORY

FeW

女性ガイドによる女性のための山歩き

「山登りを始めたけれど次にどこへ行ったらいいかわからない」「テント泊に挑戦したいけれど一緒に行って教えてくれる人がいない」「連れていってもらうんじゃなくて自分の力で山に行けるよ   »STORY

Mont Blanc

“破天荒な練馬の双子”、世界水準のミュージシャン MONT BLANC

既存のジャンルに当てはまらない音楽観で国内外から注目を集めている「Mont Blanc」は、ダイファイとゲンファーの双子で結成された音楽ユニット。岩山に立ちエスニックな仮面を   »STORY

Photography: Tetsuya Yamamoto

山本哲也写真展「Green」ギャラリートラックス

旅を重ねながら透明感のある写真を撮り続ける写真家・山本哲也さんの写真展が、八ヶ岳のGALLERY TRAXにて開催されています。1993年〜2013年までの20年間を「green」をテーマにまとめての展示となっています。   »STORY

mammoth-pow-wow 2013

「マンモス・パウワウ 2013」チケット発売スタート

親子のための野外フェスティバル「mammoth pow-wow 2012」が、5月11日(土)・12日(日)、富士山麓にあるPICA富士西湖にて開催されます。「mammoth pow-wow(マンモス・パウワウ)」は、マンモススクールが主催する一年に一度のビックイベント。ライブやワークショップ、アウトドアプログラムなど、大人も子どもも楽しめる、親子のための音楽&キャンプのお祭りです。6年目をむかえる今年は、   »STORY

MOUNTAIN CLUB
Photography: PAPERSKY

成瀬洋平原画展「やまとやまびと」

甲府の山のお店エルクにて、成瀬洋平さんの原画展「やまとやまびと」を1/31まで開催しています。「山と山人」… 山の風景のなかにいる「人」を描いた作品を中心に展示した展覧会です。「これまで、それほど意識して人を描いてはきませんでしたが、気がつくと風景の中に人がいたり、人の存在がわかるテントがあったりと、知らず知らずのうちに人を描いていました...   »STORY

Photography: Cameron Allan Mackean

擦りながら無に近づく|望月苔雲|雨畑硯 3

暮れゆく日のなかで黒く濃い輝きを放つ。雨畑原石でつくられた硯に少しだけ入っている墨。望月苔雲が竹炭と溶かした魚の骨を混ぜ、乾燥させて固めた特別な墨である。床の上に広げた長い紙の上を筆が走り、言葉、詩、格言などが太い線で現れる。「大好きな言葉がたくさんあります」と望月が笑う。自の前の紙の山を探し、ようやくお目当てのA3サイズほどの大きさの紙を見つけた。   »STORY

Photography: Cameron Allan Mackean

石に魅入られる|雨宮嫡太郎|雨畑硯 2

硯は日本の書の歴史に欠かせないものである。また、日本の精神的歴史を体現する瞑想の道具でもある。「純粋で、真実に近いものを書きたいなら、心がきれいでなければなりません。硯でおもしろいのは、自分を見つめ直す道具になるところです。彫刻作品と呼んでもいいと思います」。ござの上にあぐらをかいているのは雨宮嫡太郎。雨端硯本舗の13代目職人である彼は、   »STORY

Photography: Cameron Allan Mackean

硯石の洞窟|望月玉泉|雨畑硯 1

雨畑は山間の小さな村だ。いたるところに野生の猿が生息している。この地は、光沢があり、硬く、水持ちのよい粘板岩の産地として知られている。この岩の歴史は古く、約700年前にこの村の洞窟から初めて切りだされて以来、日本屈指の品質を誇る硯の材料として使われてきた。   »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 富士みち編 vol.3 浅間神社

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案する、日本の古道を歩く連載企画「OLD JAPANESE HIGHWAY」。かつて車のなかった時代、人々が行き交った街道を   »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 富士みち編 vol.2 吉田うどん

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案する、日本の古道を歩く連載企画「OLD JAPANESE HIGHWAY」。かつて車のなかった時代、人々が行き交った街道を   »STORY

OLD JAPANESE HIGHWAY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 映像でたどる日本の古道 富士みち編

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案する、日本の古道を歩く連載企画「OLD JAPANESE HIGHWAY」。かつて車のなかった時代   »STORY

Photo: Saori Tao

H PLUS + PAPERSKY フライ・フィッシングイベント

フライフィッシャーマンであり、バンブーロッドビルダーの井手高太郎さんを講師に迎え、H PLUSとPAPERSKYがフライ・フィッシングイベント   »STORY

Photo: Saori Tao

フライフィッシャーマン 井手光太郎 フライ・フィッシングイベント

フライフィッシャーマンであり、バンブーロッドビルダーの井手高太郎さん。宮大工の祖父と工業デザイナーの父の影響で幼いころからものづくりやデザインに興味をもち、現在は「六角竹竿高太郎」を   »STORY

Photography: Darryl Wee

八ヶ岳にある森のレストラン、仙人小屋

山梨県八ヶ岳にあるギャラリートラックスから、車でくねくねとした山道を上っていくと、霧がかった森のなかに木造の「仙人小屋」が現れた。「まわりには本当になにもないから、そこに行くのは仙人がひっそりと暮らす聖地への巡礼みたい…」と噂で聞いていた場所だ。「仙人小屋」とはそんな山奥にたたずむ里山料理のお店。ようやくたどり着き、車から降りると、その小屋の隣に新しい小屋があるのが視界に入ってきた。「仙人小屋」によく似た木造の建物で、こちらは「自然屋」という名の料理店だった。   »STORY

森が教えてくれる”朝”と”夜”の過ごし方

日常生活では、やらなければならないことばかりの忙しい時間でもある「朝」と「夜」。そんな雑事の時間が遊びの時間へと変わるのが、キャンプの醍醐味の一つだろう。親子で楽しむ音楽&キャンプイベント・マンモスパウワウでは   »STORY

mammoth pow-wow

自然の中で音楽に触れる、親子で楽しむ野外ライブ

広場や森の中で行われる野外ライブの魅力は、自由なスタイルで音楽を思い思いに楽しめること。そして、ミュージシャンと客席との間を隔てるようなステージの段差を感じさせないこと   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.