Menu Links
UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.10 Shodoshima

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREEN TRAVEL」は、「出発点」をテーマに、旅のスタート地点に立つ旅人の姿を通して   »STORY

風が吹いてきたよ 2017

風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭 開催

香川県・小豆島発の音楽・食のイベント「風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭」が、10/22(日)に開催されます。小豆島・肥土山(ひとやま)の農村地区に   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

強く生きるための、智恵と健康法を授ける|Meet the Monks (4)

西之瀧は800年以上の歴史をもつ、小豆島最古の霊場。本殿のある岩窟には、龍水と呼ばれる清水が湧く。断崖に立つ護摩堂からの夕暮れは、「天空の霊場」という別名に恥じない荘厳さ! とはいえ   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

小豆島遍路 Day7 | “日本の原風景”、千枚田の里山で7日間の旅を終えた

いよいよ最終日。今日は島のほぼ中央、肥土山・中山地区の田園風景を歩く。迎える案内人は、2012年に肥土山地区で新規就農した三村拓洋さん・ひかりさん夫妻   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

SNSを駆使して神木を守る、次世代の住職|Meet the Monks (3)

宝生院といえば、国の特別天然記念物に指定されているシンパクが有名だ。古墳時代に応神天皇が手植えしたという逸話を残す大木は、樹齢1,600年超! 悠久の物語を秘めるシンパクを守るのが   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

小豆島遍路 Day6 | 江戸時代 vs 現代、イノシシ対策に思うこと

小豆島には昔からシカ、サル、イノシシなど、多くの野生動物が棲息していた。江戸時代中期、動物から農作物を守るために築かれたのが「しし垣」。石や土で築かれたそれは島内全長でおよそ   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

新旧の試みで、現代の寺のあり方を考える|Meet the Monks (2)

農村歌舞伎という特殊な文化を守る地域ゆえだからだろうか、肥土山集落の結束力は異様に強いのだという。そんな集落の要になっているのが多聞寺だ。12世紀末ごろの開創   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

小豆島遍路 Day5 | 小豆島は石の島。岩の巨大彫刻を眺めて歩く

本日は島の中心部に位置する景勝地、寒霞渓周辺の霊場巡り。寒霞渓は「日本三大渓谷美」と称される観光スポットだが、お遍路の旅ではスルーする。出発地の第13番霊場栄光寺から   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

歩き遍路には小豆島の魅力の素が詰まっている|Meet the Monks (1)

おそらく島で最も遍路道を歩いている僧侶だろう。常光寺の副住職で、碁石山の堂守を務める大林慈空さん。出身は大阪で、前職はまさかのSEという。叔父が常光寺で住職を務めていたことから   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

小豆島遍路 Day4 | ツラい急坂のご褒美は、瀬戸内海随一の景勝美

1日目の土庄はごま油の香りだったが、この地区は醤油の懐かしいにおいに包まれていた。「醤の郷」という名のとおり、小さな界隈に十数軒の醤油蔵がひしめく。   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

小豆島遍路 Day3 | 豆坂を越えて、コーヒーに出合うまで

江戸時代から花崗岩の産地として知られた小豆島。丁場跡や切石積など石の文化の片鱗が各地で見られるが、当然、ロッククライミングも盛んだった。今日歩くのは、第81番霊場恵門の   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

小豆島遍路 Day2 | 海と山をつなぐ遍路道、ダイナミックな起伏を行く

今日は島の北側を攻める25kmの旅。朝8時、今日の案内人、いのうえただひろさんと落ち合った。いのうえさんとは昔から親交のあるルーカス曰く、彼は「ミスター・小豆島」。   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

小豆島遍路 Day1 | 海岸沿いを歩き、竜宮城のような庵に寄り道

高松港から朝一番の高速船に乗り、小豆島・土庄港に渡る。穏やかな洋上を往く、およそ30分の航海。船から降りると、そこはごま油の香りが漂う小さな港町だった。   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

平野甲賀|日々是好日。文字と向き合う小豆島の日々

日本を代表する装丁家でグラフィックデザイナーの平野甲賀さんが、小豆島に移住したのは2014年のこと。妻の公子さん、愛猫の空と暮らす小豆島は「ちょっと不便で、野菜がうまい」。そんな平野さんが語る、文字と島暮らしのこと   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

お遍路さんの気分で歩いた小豆島、150kmの旅路

のんびり歩いて旅をして、街と親しくなってくると、空気のにおいや風の肌触り、そんな曖昧なものの移り変わりを身体で感じられるようになる。そうして心に引っかかる風景を見つけたら   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

ルーカス B.B.と歩く、小豆島88カ所 歩き遍路の7日間

ここ数年、古道歩きに夢中のPAPERSKY編集長ルーカス B.B.が降り立ったのは、瀬戸内海で2番目に大きな小豆島。険しい山々の奥深く、絶景に彩られた古道があるという。島の人々とともに、白装束を身にまとい   »STORY

+10 city maps shodoshima

マップでめぐる小豆島|+10 City Maps No.20 Shodoshima

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第20弾は、瀬戸内海に浮かぶ小豆島。豊かな自然、文化に恵まれた土地には弘法大師ゆかりのお遍路道があります   »STORY

papersky store

編集長ルーカスが選んだ小豆島みやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスが小豆島でみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに並んでいます。小豆島の形が浮き上がった小皿や、創業150年を誇る醤油蔵「ヤマロク醤油」のロゴが入った帆布ポーチ   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

天国のトレイル|Editor’s Note #53 小豆島

小豆島を訪れたのは、これまでに5回ほど。訪れるたびに新たな発見があり、そのたびにこの島に魅了されていく。だからこの島を“小さな豆の島”というには、僕には少し抵抗がある。この島には空港もなければ橋もない   »STORY

Photography: Hideaki Hamada

PAPERSKY #53 小豆島特集号 SHODOSHIMA | HIKE Issue

4月30日発売のPAPERSKY 53号は、小豆島特集。瀬戸内海に浮かぶ、豊かな自然と文化に恵まれた小豆島。ここには弘法大師ゆかりの霊場として開かれた、お遍路の道が存在します。四国のお遍路同様   »STORY

Photography: Tomoko Makiura

とっておきの島カレーを召し上がれ|小豆島

小豆島の旬の食材をひと皿に集めて、島のみんなに振る舞いたい! そんなおもてなしの気持ちから、grafの服部滋樹さんが“島カレー”をプロデュース。キラキラ光る海、青い空、潮風……島とカレーは相性抜群なのだから   »STORY

papersky soundtrack for travelers

旅する音楽 soundtrack for travelers|小豆島編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」の小豆島編を公開しました。PAPERSKYをより楽しむために、特集に合わせてセレクトした珠玉のサウンドトラックです   »STORY

urban research doors × papersky

HOMEMAKERSのジンジャーシロップ|日本のつくり手 第4回

瀬戸内海に浮かぶ小豆島。雨が少なく、日照時間が長いため、オリーブや柑橘類の栽培に適した温暖な気候の島である。島の山間、段々畑の広がる肥土山地区の集落に   »STORY

papersky tour de nippon

Tour de Nippon in SHODOSHIMA Movie

2015年5月に開催したTour de Nippon in 小豆島のレポートムービーができました。温暖な瀬戸内の気候、風光明媚な海と空と山の景色が広がる小豆島   »STORY

皐月のサイクリング、小豆島に吹く風に乗って

つい2日ほど前までの雨予報がウソのような、雨あがりの霧の朝。清涼な空気に包まれた土庄港から、2015年のツール・ド・ニッポンin小豆島という、素晴らしい1日がはじまった。   »STORY

papersky bicycle map

PAPERSKY BICYCLE MAP vol.11 小豆島 SHODOSHIMA KAGAWA

PAPERSKYが提案する、日本の魅力再発見の旅プロジェクト「Tour de Nippon」では、訪れた街を自転車とともにめぐるためのマップ「PAPERSKY BICYCLE MAPS」を   »STORY

Photography: Patrick Tsai

ニッポンの魅力再発見の旅 香川県小豆島

豊かな人と心、食の魅力にあふれる小豆島。温暖な瀬戸内の気候、風光明媚な海と空と山の景色は、ここを訪れる人だけが得られる何よりのご褒美になる。さぁ、潮風に乗って   »STORY

papersky tour de nippon

Tour de Nippon in Shodoshima 参加募集スタート

温暖な瀬戸内の気候、風光明媚な海と空と山の景色が広がる小豆島。高松から1時間、神戸からもわずか3時間。潮風に乗って船でたどりつく楽園では、オリーブの街路樹が出迎えてくれます   »STORY

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.