Menu Links
Photography: Hao Moda

Black Magic Paintカスタムペイントで、愛車に唯一無二の個性を!

「Black Magic Paint(BMP)」はポートランド郊外に工房を構えるバイクのカスタムペインターだ。ペインティング担当のルディ・ジュン(写真)とカスタマーサービスを請け負うベン・コーバリスが   »STORY

Photography: Hao Moda

自転車教育も行う先進的なコミュニティセンター

ポートランドから南下することおよそ2時間。オレゴン大学の所在地として知られるユージーンは、オレゴン州随一の先進的なバイク・コミュニティで知られている。ユージーン市は   »STORY

Photography: Hao Moda

Randi Jo Fabrications 田舎暮らしからバイクパッキングツールを生みだす

ランディ・ジョー・スミスが夫と子どもの家族4人で暮らすのは、人口200人に満たない小さな街、エルクトン。母、そして祖母に倣って9歳からミシンを踏み始めたという彼女は   »STORY

Photography: Hao Moda

Bike Friday 折りたためるロードバイクは乗り心地も最高!  

折りたたんでスーツケースにしまえ、世界中、どこにでも連れていける相棒。そんなコンセプトの「BIKE FRIDAY」が誕生したのは1992年のこと。「自転車こそが、ヘルシーで環境に優しい   »STORY

Photography: Hao Moda

Doughnut Ride レーンを駆使して、ドーナッツ店をホッピング|Oregon Cycling 06

ご存じかもしれないが、ポートランドは一大ドーナッツタウンである。アメリカ人は元来、ドーナッツ好きというけれど、ポートランダーのドーナッツ愛は別次元といえるだろう   »STORY

Photography: Hao Moda

Chris King オレゴンのバイク・コミュニティの立役者

「Chris King Precision Components」社は、ポートランドに拠点を置く自転車のパーツメーカーだ。1976年の創業当時から、ものづくりへの姿勢や環境に配慮した生産体制   »STORY

Photography: Hao Moda

Lighthouse Ride 灯台にステイして海岸線をライド|Oregon Cycling 05

「オレゴンには海がある」というと、びっくりする人も多いだろう。太平洋に面するオレゴン・コーストは、約583kmにわたってダイナミックな岩場の海岸線が続く。その昔、オレゴン・コーストには   »STORY

Photography: Hao Moda

Dustin Klien 西海岸のバイクシーンを牽引するカリスマ

自転車、スケボー、アート、音楽。長くサンフランシスコのバイクシーンを牽引してきたアーティストでデザイナーのダスティン・クラインは、現在、ポートランド郊外に構えたアトリエで創作活動を行っている   »STORY

Photography: Hao Moda

Lodge Ride バイクパッカー憧れのビッグライド|Oregon Cycling 04

「オレゴン・ティンバートレイル(OTT)」はアメリカ最長を誇る、全長およそ1,070kmのバイクトレイルだ。カリフォルニアからコロンビアリバー渓谷に至るトレイルの半分以上が   »STORY

Photography: Hao Moda

Fishing Ride デシューツ川でバイクフィッシング|Oregon Cycling 03

今日のライドはフライフィッシングの本場、セントラル・オレゴンを流れるデシューツ川流域である。スタートは、デシューツ川のフィッシングの拠点となる街、モーピン   »STORY

Photography: Hao Moda

Portland Japanese Garden|ポートランドで見つける、“本物”の日本

隈研吾が手がけた建築物が新たに加わった「ポートランド日本庭園」。リニューアルオープン以来、伝統的な日本庭園の様式美とモダンな建築の融合が注目を集めている   »STORY

Photography: Hao Moda

Winery Ride 飲んで漕いで、ワイナリー・ライド|Oregon Cycling 02

オレゴン州はワインの一大産地である。その歴史は1840年代に遡るというからなかなかのものだ。代表的な産地のひとつが、冷涼、高湿の気候が特徴のウィラメット・ヴァレー   »STORY

Photography: Hao Moda

Fossil Ride 自然が描いた神秘のストライプ|Oregon Cycling 01

ペインテッドヒルズはジョン・デイ化石層国定公園で見られる、セントラル・オレゴンを代表する絶景である。乾いた砂漠地帯に、イエロー、ゴールド、赤、黒と色彩豊かな   »STORY

Photography: Hao Moda

Teva®のシューズで秋のポートランドを遊び尽くす

豊かな自然と美食とクラフトビールと!「Bike City USA」と謳われるポートランドには、コージーな雰囲気が漂う Teva®の シューズがよく似合う。Teva®のモダンアウトドアシューズを   »STORY

papersky

編集長ルーカスが選んだオレゴンみやげ

編集長ルーカスがオレゴンでみつけた旅のおみやげが、オレゴン特集号本誌にて紹介されています。オレゴン州のシンボルでもあるビーバーをかたどったマグネットや   »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing × papersky

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.18 Portland

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREEN TRAVEL」は、「出発点」をテーマに、旅のスタート地点に立つ旅人の姿を通して、世界各地の魅力や   »STORY

Photography: Travel Oregon

オレゴンの景勝地と7つの自転車

日本の本州と四国を合わせた面積とほぼ同じ広さを誇るオレゴン州。オレゴン州というと荒々しい海岸線や手つかずの原生林、雪深い山々が思い浮かぶ。実際、総面積の46%を森林   »STORY

Delta Air Lines

Delta Air Lines | Direct Flight to Portland

デルタ航空は、2020年春より米国―東京間の全運航便を成田空港から羽田空港に移行されます。これに伴いオレゴン州ポートランドへも羽田空港からの運航に。メインキャビンの   »STORY

Photography: Hao Moda

高山都さんと自転車で巡るオレゴンの旅

アウトドアアクティビティの本場、オレゴン州の魅力を体感するなら断然、自転車がいい。自転車の速度だからこそ見つけられる風景を探しに、モデルの高山都さんとポートランドから   »STORY

papersky talk events

PAPERSKY TALK EVENTS @ 名古屋・福岡・代官山・渋谷

PAPERSKY オレゴン特集号発売を記念したトークイベントが、名古屋(11/29)、福岡(11/30)、代官山(12/3)、渋谷(12/7)の全国4箇所にて開催されます。編集長ルーカスが   »STORY

papersky

PAPERSKY no.61 発刊記念イベント@ TSUTAYA 渋谷スクランブルスクエア

12月7日(土)、TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエアにて、PAPERSKY 61号「オレゴン/サイクリング」特集の発刊を記念したトークイベントを開催します。ゲストは   »STORY

papersky soundtrack for travelers

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 オレゴン編

次号PAPERSKYの特集は、オレゴン。11/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」のオレゴン編を公開しました。PAPERSKYをより楽しむために、特集に合わせてセレクトした   »STORY

Photo: Kazuharu Igarashi

エースホテルが手がけた、オレゴンの森に佇むロッジ

オレゴン州の中央に位置し、美しい山々と針葉樹の森、高地砂漠や火山地帯と、バラエティに富んだ地形を有するデシューツ国立森林公園。フライフィッシング、カヤック、MTB、キャンプ、冬にはスノースポーツを   »STORY

Photgraphy: Taro Mizutani

コース取りのデザインセンス Tryon Creek State Park|オレゴン

ポートランドを知るための大切なキーワードが「サステナビリティ(=持続可能性)」。自然も都市も、人も文化も。すべてを豊かに存続させるための州法や自治体の取り組み、市民のマインドが   »STORY

Photgraphy: Taro Mizutani

多彩なランニングコースを選べるMount Tabor Park|オレゴン

総面積は0.8km²、コース一周でおよそ20~30分とさほど広くはない。でも、しっかり100mほどの高低差があり、短時間でも体に負荷をかけられるのが「マウントテイバーパーク」。300万年も   »STORY

Photgraphy: Taro Mizutani

アフター5は森林散策へ Forest Park|オレゴン

ポートランダーに最も人気が高いランコースは、間違いなくフォレストパークだ。ここは、原生植物を保護する都市型公園としては全米最大の公園で、面積は約20km2。東京ドームが184個入って   »STORY

Photgraphy: Taro Mizutani

数多くの名ランナーを生んだ街、ユージーンへ

オレゴンには著名なランナーの足跡や伝説を感じられる場所がいくつもある。ポートランドを南下し、数多くの名ランナーを生んだ街、ユージーンへ   »STORY

Photgraphy: Taro Mizutani

モーニングトレイル Lower Macleay Park|オレゴン

朝は7時30分に起床。装備を整えたら、すぐさまトレイルへ。2時間のランニングの後は11:30の出勤時間まで自宅でたっぷりヨガに没頭。マウンテンバイクで向かうグレゴリーの勤務先はポートランド   »STORY

+10 city maps

マップでめぐるポートランド | +10 City Maps No.3 Portland

PAPERSKYがセレクトしたおすすめのショップやレストランなど、マップを通じて街の魅力を伝える「+10 City Maps」。第3弾は、アメリカオレゴン   »STORY

OREGON
Photography: Taro Mizutani

PENDLETON ナチュラルなウールへのこだわり

1800年代中盤にその第一歩を記した老舗高級衣料メーカー、PENDLETON。ネーミングのとおりこのブランドは、オレゴンの小さな街・ペンドルトンを拠点に発展を続け、いまも本社機能をポートランドに置く。24時間体制で稼働する工場では計190人の職人が寡黙に手を動かし、そのかたわらで近代的なマシンが精錬、染色の音色を奏でていた。   »STORY

OREGON
Photography: Taro Mizutani

ウォーターフロント・パークを走るコース

「FIT RIGHT」は、トレイルを広義に捉え、「走り」に伴うさまざまな楽しみを追求する人気のランナーズショップ。ここで月1回開催される「アーバン・アドベンチャー・ラン」はポートランドの夜の街をめぐるユニークなイベントだ。   »STORY

OREGON NIKE
Photography: Taro Mizutani

NIKE 伝説は、この街で始まった|Hand Made in Oregon

「2001年にこのタイガー・ウッズ・ビルが完成したときには、本人がここからティーショットを打ったの。ボールは300ヤードをはるかに超えて、あのロナウド・フィールドを通り越えてしまったわ。あれには皆、驚いてた」。   »STORY

Photography: Taro Mizutani

DANNER “切り株の街”で作られる、山歩きのブーツ

1932年に創業したDANNERは世界的なアウトドアシューズブランド。以来80年近く、ここポートランドで無骨にシューズをつくりつづけてきた。広報統括のパトリック・シュナイダーは同社の哲学についてこう話す。「我々はどこまでもタフで長く使ってもらえるシューズにこだわってきた。   »STORY

Photography: Taro Mizutani

KEEN “休暇”を豊かに彩る、ハイテクシューズブランド

2003年に誕生したフットウェアブランド「KEEN」はもともとカリフォルニアに本拠を置いていた。創業からわずか4年後、ポートランドへと本社を移転させた理由を、会長のジェームス・カーリーはこう話す。「僕自身、カナダやスペイン、オランダなどさまざまなところに住んだ経験がある。   »STORY

Photography: Taro Mizutani

ランチタイムはビーチへ|Sauvie Island Run

アウトドアで遊べば遊ぶほど、会社での評価が高まる。ティムとマリグレイスはオフィスで日々、こんな説法を聞いている。二人はポートランドに本社を置くフットウェアブランド「KEEN」のスタッフだ。この日はたまたま時間が合ったため、昼休みにちょっとドライブをすることに。コロンビア川沿いにあるお気に入りのトレイルコースに走りにやってきた。   »STORY

OREGON
Photography: Taro Mizutani

世界的なトレイルランナー、ハル・コーナーと森のなかへ

ここオレゴン・ポートランドには、ニューヨークのアグレッシヴな空気や、LAやサンフランシスコの華やぎとはあきらかに異なるムードが漂う。この土地から感じられるのは、都会の喧噪や刺激とワイルドライフ、その双方を軽やかに肯定しながらモダンなライフスタイルを追求しようとする精神だ。この地で多くのランナーと出会い、さまざまな走りのスタイルを知るうちに、彼らのそんな気質に気づくことができた。   »STORY

OREGON
Photography: Taro Mizutani

オレゴン・トレイルにて|Editor’s Note #38

都市部にある公園で園内に約130kmものトレイルのある街が、ほかにあるだろうか? たとえ雨が降っていようともランニングを楽しむ人々がいる州が、ほかにあるだろうか? ナイキの本社があり   »STORY

OREGON
Photography: Tetsuro Ogata

Papersky No.38 オレゴン・トレイルランニング特集

サンフランシスコでもLAでもない西海岸、ポートランド。この街にあるという、理想的な都市生活のスタイルを探しに、僕らは出かけた。そこで出会ったのは、深く濃い森のなかで、毎日のように   »STORY

© 2008-2020 Knee High Media. All Rights Reserved.