Menu Links
  • Hiroshi Eguchi

おいしいがつなぐもの

, 2020/01/06

去年の夏休みは、クロアチアの南端のイストラ半島と、フィンランドの西の町キュロを訪れた。ヨーロッパの南と北。日差しが弱くなる夕方を待ってビーチに繰り出すクロアチアと、サウナで温めた体を目の前の海に飛び込んで冷やすフィンランド。同じヨーロッパなのにこうも違うものかと驚いた。一方で、メニューには共通点もある。子どもたちが必ず頼みたがるシュニッツェルはどこの町にも必ずあって、どこでも地元の郷土料理なんていっているのだからおもしろい。日本で出てきたらこれ、ほとんどトンカツだ。

『世界は食でつながっている』は、深いところで関連し合う世界の食にまつわるリサーチ集。食材とアイデア、そして人間が自由に世界を行き来することで、初めて料理が存在するというのがこの本の考え方で、一例を揚げると、ではなくて挙げると「人間は平たいパンで肉を巻く」というテーマ。

最古の平たいパンの記録は、紀元前1世紀のエルサレム。マッツォという酵母を入れない薄いパンで、ラム肉と苦菜を包んで食べた記録が残っている。以来、人間はそこにある穀物で粉を挽き、そこで捕れる(採れる)ものを巻いて食べてきた。スカンジナビアのクリスプブレッド、メキシコのトルティーヤ、中国の煎餅(ジェンビン)、エチオピアのタフ。まだまだあるが、おもしろいのはこれらの食べ物は、伝播していくだけでなく、同時多発的に生まれたようだということ。人間が食を通じて知識を交換し、ひらめきがかたちになっていく様を見るようだ。

他にも、フォークや箸といった食事で使う道具に対応してメニューやマナーが発展していったことを検証する「いろんなことは、フォークの持ち方で決まる」や、「良い素材はじっとしていない」、「行く先々でカレーは育つ」、「コーヒーは命を救う」など、もうそのタイトルだけで読みたくなってしまうテーマが満載だ。

この本を編集したMADとは、デンマーク語で食べ物の意味。2011年にNomaのシェフ、レネ・レゼピが立ち上げたシンポジウムから発展したNPO団体は、現在300人ものシェフや経営者、フードライターやウェイターが参加しているという。国や人種ではなく、食を通じて人や文化をつなげていく。現代的で意義のある活動だと感心した。
 
世界は食でつながっている You and I Eat the Same
MAD(著)、中村佐千江(訳) 角川書店

Tags:









ENALLOID × PAPERSKY “Through the Lens” 003 若木信吾

PAPERSKY本誌との連動企画「ENALLOID × PAPERSKY “Through the … »STORY

BRUNOが応援する世界自転車旅、畠山準弓さんによる北欧4ヶ国の旅

スイス生まれの自転車ブランド「BRUNO」が、自転車で世界旅にチャレンジしてみたい人を支援するプログ… »STORY

サウナはフィンランド人の大切な社交場|Finnish Sauna

フィンランド人のライフスタイルを語るうえで「サウナ」を外すことは、日本人の生活から「温泉」を外すくら… »STORY

森の民に飲み継がれてきた「魔法の水」|Birch Water

1988年、フィンランドで「国を象徴する樹」を決める国民投票が行われた際、アカマツやトウヒなどを抑え… »STORY

フィンランド人の「心の故郷」としての絶景|コリ国立公園

ロシアの国境に近い北カレリア地方にあるコリ国立公園は、37にもおよぶフィンランドの国立公園のなかでも… »STORY

アールトの目指した「有機的モダニズム」|Alvar Aalto

20世紀モダニズムの巨匠として知られるアルヴァ・アールトはフィンランドを代表する建築家。1898年に… »STORY

数十年をかけてつくり上げた、風光明媚な人工公園|アウランコ自然公園

フィンランドのありのままの自然が感じられるコリ国立公園に対して、ヘルシンキの北100kmの街ハメーン… »STORY

熊野亘/プロダクトデザイナー|PAPERSKY Interview

熊野亘さんはフィンランドのアールト大学で家具デザインを学んだデザイナーであり、今回の特集のゲストであ… »STORY

国立公園は森を愛する人たちの自由な遊び場|ヌークシオ国立公園

森と湖の国、フィンランドには37にもおよぶ国立公園がある。自然保護を目的としながら、誰もが自由にハイ… »STORY

厳しくも美しい自然を感じる「ムーミン谷」|Tove Jansson

フィンランドといえばムーミン、と連想されるくらいに、世界でも日本は特別にムーミンが親しまれている国。… »STORY

木々に支えられてきた「森林先進国」として|Lusto & Luke

国土の75%を森林が占めるフィンランドの人々にとって、森はつねにすぐそばにある心の拠り所であり続けて… »STORY

生きている木を活かす、ホンカのホームづくり

北欧の深い森から生まれ、長い歴史をもつログハウス。その文化を現代に継承しながら技術革新を続け、現代の… »STORY

クラシックな手製のウッドボートは工芸品|Red Sky Craft

南にバルト海、東にボスニア湾を望み、内陸部は何千もの湖と島にあふれた湖水地方を擁するフィンランドの人… »STORY

Tree People -「木の民」たちが守ってきたもの

生活の場、道具の資源としてだけでなく、人々の心を支え続けてきた森の木々。フィンランド中の森を訪ね歩き… »STORY

ものづくりの村を支える「Nikari」のデザイン哲学

ヘルシンキの東、車で90分ほどの場所にあるフィスカルス。この小さく美しい村の名前は、かつてこの地を本… »STORY

フィンランド人の生活を支え続けてきた木の文化を巡って

15年ほど前からだろうか、一種の「北欧ブーム」ともいえる状況を呈しているのはよく知られるとおり。スカ… »STORY

クラフト作家・上原かなえさんと巡る 木の文化を受け継ぐフィンランドの旅

「わあ、前と全然違うなあ」 上原かなえさんは空港からヘルシンキ市内へと向かう車の窓から流れ去る風景を… »STORY

フィンランドの旅は、日本航空の直行便で!

日本航空(JAL)は、世界51ヵ国と地域、305空港を結ぶ日本最大の航空会社。本誌特集で訪れたフィン… »STORY

ハーツレンタカーで、森と湖の国をドライブ!

森に降り注ぐ光、湖面にきらめく光…。夏のフィンランドを旅すると、美しい光に出会う。人々は森のコテージ… »STORY

編集長ルーカスが選んだフィンランドみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがフィンランドでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに入荷しています。… »STORY

マップでめぐるヘルシンキ|+10 City Maps No.14 Helsinki

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第14弾は、「… »STORY

木の国|Editor’s Note #48

フィンランド人の魂は古来からずっと、森とつながり合ってきた。森のなかにいることを好み、ひとりで森に入… »STORY

明日発売!PAPERSKY #48 フィンランド特集号

7月30日に発売される『PAPERSKY』48号の特集は、「フィンランド」。国土の65%が森林で覆わ… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|フィンランド編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」のフィンランド編を… »STORY

place
フィンランド

© 2008-2020 Knee High Media. All Rights Reserved.