Menu Links
  • Photography: Norio Kidera

The North Face / Helly Hansen in Shiretoko

, 2019/09/10

持続可能なツーリズムという観点から、知床自然センター内にオープンした「THE NORTH FACE / HELLY HANSEN知床店」。世界遺産のなかにあるショップの魅力とは…。フレペの滝へ続く遊歩道を案内してもらいながら、話を聞いた。

今年5月、知床国立公園の入り口となる知床自然センターのなかに「THE NORTH FACE / HELLY HANSEN知床店」がオープンした。「THE NORTH FACE」の直営店は基本的に同じ店をつくらないことをモットーとしており、どの店もコンセプトが違うのが特徴だ。国立公園内につくった意図を店長の山下佳奈美さんはこう話す。
「北海道の道東エリアでは今回が初出店。世界自然遺産に店舗をつくるというこれまでにない試みで、チャレンジでもありますが、この場所に出店する意義は非常にあると思います。私たちは以前から、写真家の石川直樹さんと一緒に斜里町の知床ブランディングをはじめとするさまざまな取り組みを行ってきました。知床がもつ土地の価値を高めていくための持続可能なツーリズムという考え方は、私たちのブランドとの親和性も高いのです」

2005年に世界自然遺産に登録された知床世界自然遺産地域は、知床半島の中央部から先端部の知床岬までの陸域とその周辺のオホーツク海域からなる。狭い半島に海岸線が続き、陸には日本百名山の羅臼岳をはじめ1,600m級の山が連なる。高山帯から草原地帯、森林から海岸まで、この小さな半島に多様な環境が凝縮されている。羅臼側は2,000m級の深海なので、知床半島だけでおよそ4,000mの高低差があることになる。そんな山と海、双方の魅力を備え持った知床は、今では人気観光地として、国内外から年間122万人もの観光客が訪れるという。

ショップでは、キャンプやトレッキング、マリンスポーツなど、山から海まで、知床地域の自然のアクティビティを満喫するためのウェアやギアを豊富に取り揃えている。また、シンボルキャラクターである「知床トコさん」とのコラボTシャツなどの限定アイテムも人気だ。知床の自然を守りながら魅力を伝えていくことは、ブランドとして何よりも大切にしたいこと。そういったアイテムを展開する一方で、知床自然センター内にあることで、アクティビティやイベントにすぐにアクセスできることも、このショップの魅力といえる。

知床自然センターを管轄するのは、1988年に設立された公益財団法人の知床財団。知床自然センターでの役割を、普及企画係の山本幸さんは「情報発信基地」と位置づける。財団は、これまで長年にわたり、知床における調査や研究、自然保護の普及啓発を担ってきた。かつて乱開発の危機にあった知床国立公園内の開拓跡地を保全し、原生の森に復元することを目指して、斜里町が1977年に開始した「しれとこ100平方メートル運動」による森づくりはこれまでに7万人が寄付している。
「センターは、観光案内や登山、散策において必要な装備のレンタル、知床を深く知るためのレクチャー実施など、国立公園においての役割を果しています。ですので、ショップと連携したイベントを開催することで、幅広いお客さまに知床の魅力の発信できるのは、私たちにとっても非常に喜ばしいことです」と山本さん。近年大人気の流氷ウォーク、スノーシュートレッキング、羅臼岳トレッキング、定置網漁、夏にはシャチやマッコウクジラを見にいくツアーなどの情報提供だけでなく、ショップと共同で知床の自然に触れるさまざまなツアーも企画している。

知床自然センターの裏手には「フレペの滝」までを散策できる遊歩道がある。歩行距離約2km、断崖絶壁の滝を見学できる人気コースだ。高さ約100mの切り立った断崖の途中から、山々からの地下水が浸み出し、海へと直接流れ落ちている。しとしとと流れる様子から別名「乙女の涙」とも呼ばれている。知床自然センターからチカポイ岬に設置された展望台までは片道約20分。往復でも40分ほどで散策できる。
「森ではやや坂道が続くため、木々の様子を楽しみながら自分のペースで歩くのがおすすめです。春から夏にかけては、いろんな野鳥もやってきますよ」(山本さん)

森を抜けると、入り江の強風で成長が妨げられた木々が点在する草原に出た。風のない日は、エゾシカの群れもよく見えるという。展望台から滝を眺める。ちょうど斜め前の断崖が窪んだような形になっている箇所から、静かに滝が流れ落ちていた。
「目の前にはオホーツク海、背後には知床連山が見渡せて、これぞ知床らしい景観が楽しめます」(山本さん)。「この壮大な景色に、すぐにアクセスできるのがショップの魅力でもあります」(山下さん)

知床自然センターと地元のネイチャーガイドとの協力体制で、感度の高いアウトドアショップの視点を介して、知床の魅力を余すところなく伝えていく。「アウトドアを文化に」と考える「THE NORTH FACE / HELLY HANSEN」ショップの新しいかたちに期待したい。
 
THE NORTH FACE / HELLY HANSEN 知床店
斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別531
知床自然センター内 TEL: 0152-24-2410
https://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/shiretoko/
 
» PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue

Tags:









アイヌ音楽、受け継がれる伝統と変容し続ける未来

口承で伝えられるアイヌ文化は、音楽もまた独自の進化を遂げてきた。伝統を受け継ぐ一方で、どのように表現… »STORY

Day6 網走~北見~音威子府|ビッキ終焉った。の地でゴールを迎える

最終日となる6日目。日本最北に位置する稚内の少し手前にある音威子府村がこの旅のゴールだ。目的は、彫刻… »STORY

Day5 斜里~網走|斜里のコミュニティで、牛を描く作家に出会う

5日目はまるまる斜里町で過ごした。宿泊した「しれとこくらぶ」は、ホスピタリティがすばらしく、いろいろ… »STORY

Day4 根室〜斜里|自然が凝縮。狭いが奥深い、知床半島を走る

4日目は、世界自然遺産の知床半島を目指す。根室から別海、野付半島、羅臼町まで一気に海沿いを走り抜け、… »STORY

Day3 大樹~根室|東の果て、根室に魅了された夫妻のもとへ

大樹町の「MEMU EARTH HOTEL」からスタートした3日目。東へと車を走らせ、根室半島を目指… »STORY

Day2 白老~鹿追~大樹|鹿追町「page」の工房で、手仕事に触れる

2日目は、白老町から大樹町へ。その途中にある、鹿追町で「page」として活動する木工作家・高野夕輝さ… »STORY

Day1 函館~八雲~白老|山麓の渓流で魚と戯れる

到着した日の函館は曇天だった。ときどき小雨が混じる、肌寒い日。それでも旅の始まりはいつだって気分が高… »STORY

木彫り熊に会いに、北海道八雲町へ

誰もが知る存在でありながら、じつは隠れた歴史をもっている北海道の木彫り熊。そのルーツである八雲町を、… »STORY

Memu Earth Hotel 前衛建築と自然が織りなす、唯一無二の空間

十勝の雄大な自然のなかにたたずむ「MEMU EARTH HOTEL」。2018年、著名な建築家が手が… »STORY

PAPERSKY STORE @ Enter Zone Outdoor

9月7日(土)、8日(日)の2日間、北海道・札幌にあるPeakPerformance Sapporo… »STORY

PAPERSKY Hokkaido Road Trip with Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツのあるライフスタイル情報を発信するウェブサイト「Mercedes-Benz LIV… »STORY

PAPERSKY 北海道特集発刊記念トークイベント @ 江別 蔦屋書店

9/6(金)、江別 蔦屋書店 "暮らしの棟 コミュニティパーク"にて、PAPERSKY 60号「北海… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.17 Hokkaido

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

人と大地の豊かさに触れるドライブの旅

北海道はロードトリップの旅が似合う。約83,457km2の面積、東京都の38倍もある広大な土地は、都… »STORY

Final Frontier Shiretoko, Hokkaido 知床半島・石川直樹

世界中のいろいろな場所を旅してきたが、その地を好きになるかどうかは、結局のところ人との縁としかいいよ… »STORY

森と人をつなぐ、飛生アートコミュニティー

1986年、廃校跡地に生まれた飛生アートコミュニティー。春からの森づくり、9月の芸術祭とキャンプイベ… »STORY

編集長ルーカスが選んだ北海道みやげ

編集長ルーカスが北海道でみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。写真は、… »STORY

今、ここにある、北海道|Editor’s Note #60

ピクシーズの「Where is My Mind?」が、ブルメスター社のサウンドシステムから鳴り響いて… »STORY

PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue 北海道特集 発売

7月30日発売の「PAPERSKY」最新号(#60)は、北海道特集。日本でありながら、どこか異国へ誘… »STORY

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 北海道編

次号PAPERSKYの特集は、北海道。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundtra… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝 ムービー

2018年9月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 十勝のレポート映像がで… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝」開催レポート

北海道の十勝地方で開催した、今年最後のツール・ド・ニッポン。広大な畑、牧場、そしてどこまでも続く真っ… »STORY

マップでめぐる十勝|+10 City Maps No.24 Tokachi

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第24弾は、北… »STORY

Hokkaido Travel Towel 北海道 手ぬぐい|PAPERSKY STORE

「PAPERSKY Tour de Nippon」の開催に合わせて制作している、PAPERSKY ×… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 十勝

日高山脈と太平洋に挟まれた、北海道のまんなかの蒼茫たる大地、十勝地方。大豆、小豆、じゃがいもなどの大… »STORY

工房 十勝の木のうつわの食器|日本のつくり手 第14回

十勝平野の中心、帯広から車で30分ほど。北海道の雄大な自然の中にひっそりと佇む廃校に到着すると、職人… »STORY

name
THE NORTH FACE / HELLY HANSEN 知床店
place
北海道
address
斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別531
phone
0152-24-2410
link
www.goldwin.co.jp/hellyhansen/shiretoko

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.