Menu Links
  • Photography: Shinji Yagi
  • Photography: Shinji Yagi

神さまが棲む森、プナのジャングル暮らし

, 2019/02/18

ワイルドな原生林を自分たちで切り拓き、小さな畑と小屋を切り盛りする日本人夫婦がいる。風の吹くまま、気の向くまま、自然のリズムに寄り添って生きる。プナのジャングル発、「root down farm」流の暮らし方案内。

東京からロサンゼルス、サンフランシスコ、そしてオアフ島を経てハワイ島へ。「もともとはシティボーイ、シティガール」というゼンさん・アリナさん夫妻が、ダイナミックな自然に囲まれた半自給自足な暮らしを志してたどり着いたのは、ハワイ島東部にあるプナ地区だった。ハワイ火山国立公園を擁するこの地区はハワイ島きっての農業エリアであり、オーガニックファーミング&サステイナビリティを実践するコミュニティが点在している。電気もガスも上下水道も整備されていない、この3エーカー(3,600坪)のジャングルにひと目惚れしたふたりは、2012年にここに移住。手探りで開墾しながら、自分たちの王国、「root down farm」を築いてきた。

ふたりが現在暮らす母屋と、アトリエとして使っている「網戸ハウス」と呼ばれるキャビン、ゲストハウスとして貸し出している正多面体をモチーフにしたバンガローの3棟は、いずれもゼンさんがコツコツとセルフビルドで仕上げたもの。建物の間には自分たちの食卓を十分に賄える、多品目栽培の自然農法菜園がある。それとは別にバナナやパパイヤ、マンゴーといった果樹の林も。トイレはコンポスト、エネルギーは太陽光、水は井戸水。プロパンガス以外を自給するオフグリッドの暮らしだ。「人間は自分たちが快適と思う暮らしをどこにでももち込もうとするけれど、ここでは環境に合わせた暮らししかできないから」と、アリナさん。

経験、あるいは失敗は知恵の源泉である。雨が続けば発電できなくなるし、排泄物の堆肥は強すぎて、合わない作物があることも、失敗を重ねてわかってきた。
「越してきた当初はメインランドでの経験を基にしていたから、日当たりのいい場所に菜園をつくったけれど、ここの日差しは強すぎるうえ、日照時間も長すぎちゃって」(ゼン)

日差しよりもむしろ、土の質が作物の出来を左右する、なんてことも、実際にここで農業をやってみたから理解できたこと。何年経っても試行錯誤の連続、だからものづくりはおもしろい。
 大学生のころからいつか農業をやりたいと思っていたゼンさんは、アリナさんと結婚してメインランドの西海岸に暮らすようになったころからアーバン・ファーミングに取り組み始めた。
「もう少し自然のあるところに暮らしたいねって、とりあえずメインランドからオアフ島に移住して、そこで本格的に土地を探し始めました。条件は、視線を遮る電線がないこと」(アリナ)

カウアイ島もマウイ島も見たけれど、とりわけ緑が色濃いプナのジャングルに惹かれた。熱帯の樹々が美しいアーチを描くジャングルロードを通ったとき、直感的に「ここだ!」と思った、とアリナさん。この道路沿いに土地をもつオーナーを登記簿で探し出し、土地を譲ってほしいという手紙を全員に送ったというから、すごいバイタリティである。

キラウエアを擁するエリアだからこそ、大地のエネルギーに触れられる反面、火山にまつわるハラハラも多い。3年前には近隣のパホアの街の入り口まで溶岩が迫った。もし道路が溶岩に飲み込まれれば、この一帯は完全に孤立してしまう。半自給自足の生活を営んでいるとはいえ、彼らだってキッチン用のプロパンガスや車のガソリンは必要だ。
「半自給自足世帯が多いこの界隈のコミュニティではもともと“クロップスワップ”という物々交換が盛んで、足りないものをお互いに補い合おうという精神が息づいています。けれど、あのときはそれ以上に『みんなで助け合ってここで生きていこう』という機運が盛り上がって、なんだか頼もしかったな」(アリナ)
「馬をもっている人が馬で必要物資を調達しにいくとか、週に1回、ヒロまでボートを出そうとか、みんなからポジティブなアイデアがどんどん生まれて。結局、溶岩はパホアの外側で止まったのですが、新しい価値観が生まれそうな未来像にわくわくさせられました」(ゼン)

そんなファーム暮らしも今年で7年目。ゲストハウスとして用意したバンガローには、この地の自然の息吹に触れてみたいと世界中から旅人が集まってくる。
「僕はアリナほど直感が鋭くないにしろ、ここが何がしかの癒しの場所になるという確信があります。緑や風、雨、日の光、すべてに癒しの力があって、それが最高のギフトになる。ここで誰かが癒されるために、僕たちはこうやって小屋や野菜をつくり続けているのかな」(ゼン)

ふたりが勧めるのは、「何もしない」という過ごし方。約束も予定もなく、ジャンルのなか、自分だけのひとときを過ごす。それは世界で最も贅沢な時間なのだ。

root down farm
www.rootdownhawaii.com

Tags:









未来に残していきたいハワイ島の宝もの|Hawaii’s Women of Wisdom 4

長谷川久美子さんはヒロ在住のエコツアーガイド。ハワイ島に移住して30年、ハワイの自然や文化、歴史、神… »STORY

島で見つけた懐かしい味、豊かな生活

70年代にヒッピーたちが切り拓いたプナ地区のジャングルには、自給自足の暮らしを営むコミュニティがいく… »STORY

野生の植物の“声”に耳を傾けて|Hawaii’s Women of Wisdom 3

「誰しも人生に一度は難しい局面に立たされることがあるでしょう。ときにはその状況をコントロールできない… »STORY

ハワイ島の自然に女神を見出して|Hawaii’s Women of Wisdom 2

女性と自然とのつながりを表現した、ダイナミックな女神のモチーフで知られる世界的な画家、小田まゆみさん… »STORY

オフグリッドの楽園暮らし|Hawaii’s Women of Wisdom 1

プナのみずみずしい森のなかでゲストハウス兼リトリート施設の「The Village」を営むケイコ・フ… »STORY

生粋の「遊び人」が語る、ハワイ島の今・昔

好きなものは海と、ジャングル、島の自然。嫌いなものは都会と人混み。職業は写真家、文筆家、コーディネー… »STORY

ピースフルな空気が心地いい、ヒロ&プナ案内

自然農法を実践する農家カフェからローカルにこだわるグローサリーまで。ハワイ島在住、ロミロミ・プラクテ… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.13 Hawaii

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

「雨の都」ヒロ散策は、Teva®のサンダルで

パステルカラーに彩られたノスタルジックな風情が魅力の、ハワイ諸島第2の都市、ヒロ。「雨の都」とも称さ… »STORY

ALOHA | 愛すべきものを共有する | Retreat Style no.5

「ハネちゃん」こと、カウハネホノカヴァイラニさんは、モロカイ生まれのハワイアン。母は伝統工芸ラウハラ… »STORY

FARM | 次世代のナチュラリストが実践する、新しい農業 | Retreat Style 4

ハワイ島の多彩な気候は世界各地のナチュラリストを惹きつけるが、彼らによってこの島のファーミングコミュ… »STORY

トークイベントTalk & Retreat Event in Neutralworks. 7/24 開催

PAPERSKYvol.56 「ハワイ島リトリート特集」の発売を記念して、東京・外苑前の新しいスポー… »STORY

かわしまようこ/草作家|PAPERSKY INTERVIEW

長いこと想いを寄せていたハワイの地にようやく訪れることができた、かわしまようこさん。ハワイの自然の優… »STORY

OCEAN | 温かな海に身を委ね、心と身体をゆるめよう | Retreat Style no.3

地球上でいちばん大きな海の、ほぼ中央に連なるハワイ諸島。5世紀ごろ、ポリネシアの島々を後にした古代の… »STORY

JUNGLE | 緑に宿るマナに触れ、野生のスイッチを入れる | Retreat Style 2

ハワイには世界で見られる13の気候区分のうち11が混在している。気候区分の異なるエリアでは、そこに息… »STORY

PAPERSKY × Cafe Ocean × Junka ハワイ島を感じる週末リトリート

愛知県西尾市の「Cafe Ocean」の関連施設として、7月にオープンする「Ocean Retrea… »STORY

VOLCANO | 地球の鼓動に耳を傾ける | Retreat Style 1

地球創生の壮大なプロセスには、人間が制御できない壮大な力が働いている。そんなことをあらためて感じさせ… »STORY

Japan Airlines | ハワイ島への旅は、日本航空の直行便で!

日本航空(JAL)は、世界56ヶ国と地域、344空港を結ぶ日本最大の航空会社。本誌特集で訪れたハワイ… »STORY

破壊と再生をもたらす、原初のエネルギーに包まれて

「ハワイ島で、リトリート」といわれても、具体的にどんな旅なのか想像できないという人も少なくないだろう… »STORY

ヨギーニ・TAMAOさんと、ハワイ島にリトリートへ

近年、新たな旅のキーワードとして注目されている「リトリート」。大自然のエネルギーを感じながら自分を見… »STORY

編集長ルーカスが選んだハワイみやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスがハワイでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。キラウエ… »STORY

心を静かに、集中して、ハワイ島リトリートの旅へ|Editor’s Note #56

ハワイ島へリトリートの旅に出る前に、自分の体がエネルギーで満たされていることを想像してみて。そして十… »STORY

PAPERSKY #56 HAWAII | Retreat ハワイ特集号 発売!

4月30日発売の「PAPERSKY」56号は、ビッグアイランドとして親しまれるハワイ島が舞台。ハワイ… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|ハワイ編

次号PAPERSKYの特集の地は、ハワイ。4/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundt… »STORY

ハワイ・すぐとなりにあるオーガニック

素朴なサンドイッチ、ブラウンライスが入った弁当、大胆に盛られたワンプレートディッシュ。これらはハワイ… »STORY

クラーク・リトル写真展「Waves of North Shore」

波を内側から撮る独自の撮影法で世界中のファンを魅了する、ハワイ在住の写真家 クラーク・リトル。この度… »STORY

place
ハワイ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.