Menu Links
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura
  • photography: Yoichi Nakamura

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 浜松 開催レポート

, 2018/04/02

例年より早い桜の開花によって、春の気分とぽかぽか陽気に包まれた3月下旬の週末に、浜松で開催した「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン」。静岡県の西部に位置し、東海道新幹線も停車するアクセス◎な土地だけあって、日本各地から多くの参加者が集まり、賑やかな2日間になりました。

1日目にまず一行が最初に向かったのは、浜松まつり会館。いまから450年前、浜松を治めていた引馬城主の跡継ぎ誕生を祝うために、城中高く凧を揚げたのが起源といわれる「浜松まつり」は、毎年5月3日・4日・5日に行われている日本有数の祭りです。昼間は中田島砂丘を舞台に170以上の町が大凧を揚げ、凧同士を絡ませる凧揚げ合戦。夜は市街地で煌びやかな御殿屋台を引き回し、浜松の町は熱気と興奮に包まれます。会館でその歴史と迫力ある大凧の数々に触れた一行は、中田島砂丘へ移動し、祭用品専門店 凧人 の呼びかけにより集まっていただいた地元の皆さんのご協力のもと、ツール・ド・ニッポンの凧揚げ合戦が始まりました。空に揚げたのは、この日の為に製作したPAPERSKYの大凧。ロゴの飛行機マークが描かれた水色・白の2色の大凧が風に乗って空高くへと舞い上がると大きな歓声が上がり、2チームに分かれた一行は「オイショ!オイショ!」の掛け声とラッパの音とともに互いの凧糸を切り合う「ケンカ凧」を楽しみました。

凧揚げを終えた一行は、浜松の市街地へ。築50年以上のビルにクリエイターやデザイナーが集まり、カルチャーの発信地として注目を集めるカギヤビルでは、浜松出身の写真家 若木信吾さんが営む本屋 BOOKS & PRINTS をはじめ、味わいのある古ビル内に点在するショップ巡り。そして、今年2月にオープンした浜松の新スポット、ブルーパブ OCTAGON BREWING では、併設されたブルワリーで作られた”Brewed in Hamamatsu”のクラウトビールで喉を潤しました。

お腹もすいたところで、 手打ち蕎麦 naru での晩ごはん会へ。名物の蕎麦とお料理に加えて、この日は浜松餃子も堪能しようということで、地元の 加藤農園 の野菜がたっぷり入ったnaru特製の餡と、点心の名店 氷箱里 のスペシャルな餡を包んだ餃子を食べ比べ!また、“音楽の街・浜松”らしく、ホベルト・カザノバミカ・ダ・シルヴァ、佐々木優樹によるボサノヴァライブも行われるなど、楽しいごはん会となりました。そして、この日はさらにスペシャル企画として、若木信吾さんによるポートレート撮影会も開催。一人ひとり、自転車と一緒に撮影されたポートレートは、忘れられない旅の思い出になりました。

2日目は浜松の町を飛び出し、浜名湖へ向かうサイクリングへ。ツール・ド・ニッポンの自転車旅のパートナー BRUNOの自転車にまたがり、遠鉄電車、通称 “赤電” の終着点、西鹿島駅からサイクリングをスタートしました。最初の休憩地点で待っていてくれたのは、浜松の北側に広がる里山、天竜区でお茶を作られている 百古里ファームの池田亮さん。天竜の山間で農薬不使用で丁寧に作られた百古里茶を池田さん自ら淹れてくださり、みそまんとともに一服。サイクリングの途中で出会う地元の人々との交流もまた、ツール・ド・ニッポンの旅の魅力です。

みそまんに始まり、この日もたくさん、この土地ならではの美味しいものが登場しました。県外にもファンが多い 炭焼きレストランさわやかでのランチでは、目の前で半分に切って、ギュッと焼かれる名物のげんこつハンバーグに一同感激。サイクリングの途中に訪れた三ヶ日町の T-flow. Water Sports Shopでは“三ヶ日みかん食べ放題”のうれしいおもてなし、舘山寺町の oneFRITでは浜松産有機栽培のじゃがいもを使ったフライドポテトに舌鼓を打ちました。

午後は浜名湖を眺めながらサイクリング。湖にはヨットなどのスポーツや潮干狩りなど、思い思いに湖を楽しむ地元の人々の姿が。湖畔をぐるっと走ったら、遊覧船に自転車を乗せて浜名湖を横断し、対岸へ。陸と海から雄大な浜名湖を満喫することができました。今回のサイクリングコースを監修してくれたのは浜松のサイクルショップ HAPPY&SLAPPYの伊藤幸祐さん。どうもありがとうございました!

こうして終えた、浜松での「ツール・ド・ニッポン」。凧揚げから新しく誕生したばかりの新スポットまで、浜松に長く息づいてきたものとこの街に新しく生まれたもの、新旧さまざまな浜松のカルチャーにたくさん触れることができた2日間でした。次回のツール・ド・ニッポンは5月26日(土)・27日(日)、宮古島での開催です。南国の海と文化を出会う旅にぜひご一緒しましょう。

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン
http://www.papersky.jp/tour

<特別協賛>

Maruhachi Real Estate Group

Tour de Nippon Supporters
BRUNO
B_ant
knog
BROOKS
URBAN RESEARCH DOORS
Aesop
DIAGNL camera equipment
STUSSY
かまわぬ
UNITED ARROWS green label relaxing
globe walker
bern
Peak Performance
HOUDINI
Icebreaker
ORTLIEB
le coq sportif
KEEN
le.cyc

Tags: , , ,









OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.3 鰹節

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

PAPERSKY Tour de Nippon in 浜松 Movie

2018年3月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 浜松のレポート動画がで… »STORY

OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.2 古道再生

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.1 西伊豆古道

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.5 西伊豆古道

眼前に駿河湾、背後に天城山系の低山が控える西伊豆・松崎町。今回、globe walkerが歩くのは、… »STORY

「SHARE THE LOCAL 静岡」大阪・DOORS HOUSEで開催中

大阪のURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設されたキュレーションスペース「DOORS… »STORY

ツール・ド・ニッポン in 浜松 参加募集スタート

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街…。時代とともにさまざまなカルチャーを生み出してきた街、浜松… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 浜松

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街……。時代によりさまざまなムーブメントを生み出してきた街、浜… »STORY

カネサ鰹節商店の本枯れ鰹節|日本のつくり手 第12回

伊豆半島の西側に位置する西伊豆町田子は、江戸時代からカツオ漁で栄え、鰹節商店が40軒も並んだ「鰹の町… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.3 フォトグラファー mushさん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

インダストリアルとクラフトの魅力が融合したウォールクロック 

静岡県のほぼ中央に位置する静岡市一帯は、江戸時代に徳川幕府によって全国から職工を集められたことから、… »STORY

BRUNOと行く、夏の週末キャンプ旅

「ワォ!!」。車窓をぼんやりと眺めていたジュリエンさんが突然声をあげた。彼が指さす方向に目を向けると… »STORY

ピアノ工場|PAPERSKY Japan Club

趣味はピアノ、なんていうと聞こえはいいが実は念願だった中古のピアノを最近買ったばかり。もっぱら聴くの… »STORY

自転車と街とで使えるシューズブランド STOMP LOX

静岡を拠点に、カジュアル志向の自転車乗りに向けたビンディングシューズを製作する「STOMP LOX(… »STORY

マップでめぐる静岡|+10 City Maps No.16 Shizuoka

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第16弾は、富… »STORY

糸がなくなれば負ける|浜松大凧 3

午後遅くの浜松市の中田島砂丘の上の青空は、視界をさえぎるものもほとんどなく、大きく広がっている。ひと… »STORY

凧印の戦い|浜松大凧 2

和紙でできた大凧が空に舞い、竹でできた軽い骨組みからは数百メートルの長さの麻糸が続いている。その麻糸… »STORY

空に消えていく凧 |浜松大凧 1

遠州灘を臨む街、浜松には江戸時代ごろから続く祭りがある。市内の各町が参戦し、長さ1,000m以上の麻… »STORY

漁師のためのシャツ「魚河岸シャツ」|大漁3

遠州屋の店先には品物がちらほらとしか見当たらない。取材に訪れたのが夏ではなかったからだろうか。ガラス… »STORY

TOUR DE SANDWICH by PAPERSKY vol.3 静岡編|Japan Jikkan

料理家が自転車で各地をめぐりながら、いろんな人や食材、風土に出会って受けたインスピレーションを“サン… »STORY

若木信吾さんと浜松古代散歩

遺跡や古墳は、自分が生まれ育った場所にもあることぐらいは聞いている。しかし、その場所を詳しく知る機会… »STORY

Stone Age in Hamamatsu 故郷・浜松のルーツをめぐる旅

11月30日に発売する『PAPERSKY』#46 "NORTHERN JAPAN | JOMON" … »STORY

食べられる記念碑「亀寶最中」 | 大漁 2

焼津の商店街には、ほとんど人影がない。買い物をしている年配の女性が2~3人いるくらいだ。長年、焼津で… »STORY

写真家・若木信吾 「英ちゃん 弘ちゃん」写真集制作

若木信吾の新しい写真集制作に向けたクラウドファンディングが、「IMA FANd!」にてスタートしまし… »STORY

GREEN PARK PICNIC -TEA PARTY- 開催

静岡県の藤枝駅前公園にて、5月24日(土)に開催される「GREEN PARK PICNIC -TEA… »STORY

佐々木 愛 Four Songs| ベルナール・ビュフェ美術館

ベルナール・ビュフェ美術館にて、美術作家・佐々木愛さんの展覧会が開催されます。佐々木愛さんは、200… »STORY

name
浜松
place
静岡

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.