Menu Links
  • Photography: Gustav Karisson Frost

シャイなスウェーデン人のセラピーでもある|Sweden Fika Guide 5

, 2018/02/20

1926年の創業以来、サスティナビリティと品質を追求し続けてきたスウェーデンを代表する老舗インテリアブランド「Svenskt Tenn」。北欧らしい色とりどりのオリジナルパターンのファブリックに囲まれた本店のティーサロンで、ここの茶葉の選定から淹れ方までをディレクションしたという、お茶の専門家でありジャーナリストのペター・ビヨルクと、彼が信頼を寄せるコーヒーロースターのデヴィッド・ハグアードに話を聞く。

「紅茶から中国茶まで、この場にふさわしい品質の茶葉をそろえることができた。けれど、フィーカ=コーヒーの文化が根強いこの街ではコーヒーも外せないと店側からの要望があったんだ。デヴィッドが手がけるコーヒーは、スウェーデンの伝統的なダークローストでありつつも、フレーバーが生きていてピュアな感覚がある。扱うなら彼のコーヒーしかないと思った」とペター。ふたりは運ばれてきた紅茶をティーカップに注ぎ、そのカップからさらにソーサーに注いで飲み始めた。これがスウェーデン特有の古いフィーカスタイルなのだという。「昔はコーヒーを煮出すのが一般的で、熱いのを冷ますのと香りを楽しむためにソーサーに移して飲んでいたんだ。今でも田舎のほうでは、砂糖をかじってソーサーで飲むこのスタイルが残っている。僕は香りを味わうためにお茶もこうして飲んでいるんだけどね」(デヴィッド)。飲み物に精通してきたふたりに、スウェーデンではなぜフィーカ文化が大切に思われているのかと訊いてみた。「スウェーデン人はシャイなんだけど、不思議とフィーカのときだけは話しづらいことでもよく話すようになる。ある意味、セラピーなのかもしれないね」(ペター)。
 
ペター・ビヨルク/Petter Bjerke
生物学者、食の生態学を専門とするライター。コーヒー、お茶、日本と韓国の台所に関する著書を出版。スウェーデンのスペシャリティコーヒー協会、バリスタ・チャンピオンシップの創設メンバーでもある。

デヴィッド・ハグアード/David Haugaard
厳選した豆の繊細な味わいを高度な焙煎技術で引き出す、カリスマコーヒーロースター。焙煎した豆は、上級バリスタ、グルメレストランのみに販売。料理人のカスタムナイフを制作する職人でもある。

» PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA Issue

Tags: , ,









Vete-Katten|FIKA café in Stockholm 10

ヨーロッパらしいクラシックなティーサロンのたたずまいを残す、1928年創業の老舗ベーカリーカフェ「V… »STORY

Bageri Petrus|FIKA café in Stockholm 9

週末ともなると店の前に長蛇の列ができるほど、パンのクオリティに定評のあるベーカリーカフェ。今回の滞在… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.12 Sweden

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Sophies Canelé|FIKA café in Stockholm 8

ストックホルムの街にはちょっとめずらしいカヌレの店を発見。2年前にオープンしたばかりというここは、オ… »STORY

Kaffe|FIKA café in Stockholm 7

オシャレ過ぎても居心地が悪い。少しの“いなたさ”を求める人におすすめのカフェ。もともとこの近くでカフ… »STORY

6/5/4|FIKA café in Stockholm 6

インディペンデントでクリエイティブな店が集まるソーホーエリアの一角にあるサーフショップ。そのたたずま… »STORY

Drop Coffee|FIKA café in Stockholm 5

カフェから10分ほどの場所にロースタリーをもち、扱う豆はすべて実際に産地を訪ねて見極めたもののみ、フ… »STORY

Green Rabbit|FIKA café in Stockholm 4

次々と新しいレストランがオープンし、食のシーンがますます元気なストックホルムで、ミシュランの2つ星を… »STORY

Petrus Jakobsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 4

「子どものころから手づくりの食べ物に囲まれて育ちました。特にフィーカは思い出深くて、子どもながらにコ… »STORY

Elisabeth Johansson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 3

店はもたず、雑誌やテレビなどを中心にフードスタイリストとして活躍しているエリザベス・ヨハンソンは、母… »STORY

Per Olsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 2

ストックホルム中心地から地下鉄で30分ほどの郊外に、昔ながらのたたずまいをしたカフェ「Nya Lun… »STORY

Conrad Tyrséns|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 1

ストックホルムから南へ200kmほどの距離にある、ゴッドランド島ヴィスビーで生まれ育ったというコンラ… »STORY

Try Swedish, Fika Recipes|フィーカの文化からレシピまで

2015年に出版されて以来、さまざまな国で読まれているという、フィーカの文化からレシピまでを紹介する… »STORY

Snickerbachen 7|FIKA café in Stockholm 3

フィーカのカフェ選びは、味だけでなく場所のムードも大切。6年前にオープンしたというここは、1800年… »STORY

Klättermusen いいものをさらに磨いていく職人的なギアを

1984年、「北極圏へと出かける人たちをサポートするための、厳しい自然環境にも耐え得るアウトドアギア… »STORY

会わずに済む今の時代だからこその文化|Sweden Fika Guide 6

ストックホルム郊外の住宅地に、ポツンと赤い屋根のいいたたずまいをしたカフェがある。ジェニファー・リン… »STORY

FJÄLLRÄVEN タイムレスに愛される国民的アイテム

ストックホルムの街を歩けば、あちこちで四角いリュック「KANKEN」を背負った後ろ姿を目にする。あら… »STORY

Full Course Fika|call “家と庭” × 長田佳子 × PAPERSKY

トラベルライフスタイル誌『PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA』発刊を記念して、… »STORY

フィーカは、ごく日常的な小休止の時間|Sweden Fika Guide 4

自然からダイレクトに映し出されたような色彩にあふれるOyyoのスタジオ。ひと言ではなんとも言えない美… »STORY

Café Pascal|FIKA café in Stockholm 2

ストックホルムのカフェで出されるコーヒーのクオリティは、フィーカが育ててきたともいえる。入口脇の棚に… »STORY

Peak Performance アウトドアから見たライフスタイル

ウィンタースポーツのメッカとして世界的に知られるスウェーデン・ジャムランド地方の山村、オーレ。ここを… »STORY

ティーンエイジャーのデートの誘い文句に|Sweden Fika Guide 3

22年来の友人で、ともにアーティストのビヨン・アルダックスとカール・グランディン。ふたりはストックホ… »STORY

Rosendals Trädgård|FIKA café in Stockholm 1

色とりどりの花、あちこちから鳥の声が響き、蜜蜂が飛び交う。ストックホルムの人たちにとって暖かい季節を… »STORY

甘いものがミーティングも弾ませてくれる|Sweden Fika Guide 2

シェップスホルメン島には、水上バスか“王冠の橋”を渡ってアクセスする。4つの美術館・博物館のあるアー… »STORY

Houdini 大自然にいちばん近いアウトドアウェア

「大自然のフィールドがごく日常にあるからこそ、自然への敬意を忘れない。それがスウェーデンに暮らす多く… »STORY

フィーカは、ソーシャルな文化に変化してきた|Sweden Fika Guide 1

訪ねたのは、“動物の庭”という意味合いをもつユールゴールデン島の森の奥、5,000ヘクタールにも及ぶ… »STORY

name
Svenskt Tenn
place
スウェーデン
address
Strandvägen 5, 114 51 Stockholm
link
www.svenskttenn.se

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.