Menu Links
  • Photography: Gustav Karisson Frost

フィーカは、ごく日常的な小休止の時間|Sweden Fika Guide 4

, 2018/01/30

自然からダイレクトに映し出されたような色彩にあふれるOyyoのスタジオ。ひと言ではなんとも言えない美しい中間色が、独特のパターンで組み合わされている。Oyyoとは、マーカス・オーレンとリーナ・ゼディによるラグのブランド。もともと雑誌の編集者だったマーカスとデザイナーのリーナは、ふたりでよくインドを旅していたのだという。「スウェーデンの冬は寒いからどの家にもカーペットがあって、子供のころからタイルの床やカーペットの柄を見て空想するのが好きだった。だからか、インドを旅するうちにインドの伝統織物にすっかり魅せられて。彼らが手がける平織りの伝統技法“ダーリ”で、スウェーデンのライフスタイルに合うラグがつくれたらおもしろいかもしれないと思ったんだ」と、マーカス。

その幾何学的な柄は、コルビュジエが設計した街・チャンディーガルの彫刻庭園や、スウェーデンの画家、カーリン・ラーションが手がけたテキスタイル、日本の能登を旅した記憶など、その時々のインスピレーションから生み出され、インド産のオーガニックコットンをベースに、すべて自生植物で染色して手織りしているという。「インディゴとインディアンマダーという染料は、インドで2,000年の歴史をもつ貴重なもの。彼らの労働環境にも配慮するために、すべてフェアトレードでお願いしているんです」とリーナ。そんなふたりにとって、フィーカは特別なことではないという。「旅していると、どんな街にもひと息つくようなお茶の時間はある。僕らの場合は近くに好きな公園があって、天気がいいとコーヒーとお菓子を持ってそこでフィーカをする。ごく日常的なことなんだ」(マーカス)。

Oyyo
ストックホルムにデザインスタジオを持つ、ラグブランド。世界各地を旅し、その土地の文化、デザイン、クラフトマンシップから伝統を学び、現代のライフスタイルに合った織物を制作。Oyyoのコレクションには、伝統技術とサステナビリティ、繊維に対する情熱を統合させたものづくりの精神が込められている。
oyyo.se

» PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA Issue

Tags: , ,









Vete-Katten|FIKA café in Stockholm 10

ヨーロッパらしいクラシックなティーサロンのたたずまいを残す、1928年創業の老舗ベーカリーカフェ「V… »STORY

Bageri Petrus|FIKA café in Stockholm 9

週末ともなると店の前に長蛇の列ができるほど、パンのクオリティに定評のあるベーカリーカフェ。今回の滞在… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.12 Sweden

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Sophies Canelé|FIKA café in Stockholm 8

ストックホルムの街にはちょっとめずらしいカヌレの店を発見。2年前にオープンしたばかりというここは、オ… »STORY

Kaffe|FIKA café in Stockholm 7

オシャレ過ぎても居心地が悪い。少しの“いなたさ”を求める人におすすめのカフェ。もともとこの近くでカフ… »STORY

6/5/4|FIKA café in Stockholm 6

インディペンデントでクリエイティブな店が集まるソーホーエリアの一角にあるサーフショップ。そのたたずま… »STORY

Drop Coffee|FIKA café in Stockholm 5

カフェから10分ほどの場所にロースタリーをもち、扱う豆はすべて実際に産地を訪ねて見極めたもののみ、フ… »STORY

Green Rabbit|FIKA café in Stockholm 4

次々と新しいレストランがオープンし、食のシーンがますます元気なストックホルムで、ミシュランの2つ星を… »STORY

Petrus Jakobsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 4

「子どものころから手づくりの食べ物に囲まれて育ちました。特にフィーカは思い出深くて、子どもながらにコ… »STORY

Elisabeth Johansson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 3

店はもたず、雑誌やテレビなどを中心にフードスタイリストとして活躍しているエリザベス・ヨハンソンは、母… »STORY

Per Olsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 2

ストックホルム中心地から地下鉄で30分ほどの郊外に、昔ながらのたたずまいをしたカフェ「Nya Lun… »STORY

Conrad Tyrséns|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 1

ストックホルムから南へ200kmほどの距離にある、ゴッドランド島ヴィスビーで生まれ育ったというコンラ… »STORY

Try Swedish, Fika Recipes|フィーカの文化からレシピまで

2015年に出版されて以来、さまざまな国で読まれているという、フィーカの文化からレシピまでを紹介する… »STORY

Snickerbachen 7|FIKA café in Stockholm 3

フィーカのカフェ選びは、味だけでなく場所のムードも大切。6年前にオープンしたというここは、1800年… »STORY

シャイなスウェーデン人のセラピーでもある|Sweden Fika Guide 5

1926年の創業以来、サスティナビリティと品質を追求し続けてきたスウェーデンを代表する老舗インテリア… »STORY

Klättermusen いいものをさらに磨いていく職人的なギアを

1984年、「北極圏へと出かける人たちをサポートするための、厳しい自然環境にも耐え得るアウトドアギア… »STORY

会わずに済む今の時代だからこその文化|Sweden Fika Guide 6

ストックホルム郊外の住宅地に、ポツンと赤い屋根のいいたたずまいをしたカフェがある。ジェニファー・リン… »STORY

FJÄLLRÄVEN タイムレスに愛される国民的アイテム

ストックホルムの街を歩けば、あちこちで四角いリュック「KANKEN」を背負った後ろ姿を目にする。あら… »STORY

Full Course Fika|call “家と庭” × 長田佳子 × PAPERSKY

トラベルライフスタイル誌『PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA』発刊を記念して、… »STORY

Café Pascal|FIKA café in Stockholm 2

ストックホルムのカフェで出されるコーヒーのクオリティは、フィーカが育ててきたともいえる。入口脇の棚に… »STORY

Peak Performance アウトドアから見たライフスタイル

ウィンタースポーツのメッカとして世界的に知られるスウェーデン・ジャムランド地方の山村、オーレ。ここを… »STORY

ティーンエイジャーのデートの誘い文句に|Sweden Fika Guide 3

22年来の友人で、ともにアーティストのビヨン・アルダックスとカール・グランディン。ふたりはストックホ… »STORY

Rosendals Trädgård|FIKA café in Stockholm 1

色とりどりの花、あちこちから鳥の声が響き、蜜蜂が飛び交う。ストックホルムの人たちにとって暖かい季節を… »STORY

甘いものがミーティングも弾ませてくれる|Sweden Fika Guide 2

シェップスホルメン島には、水上バスか“王冠の橋”を渡ってアクセスする。4つの美術館・博物館のあるアー… »STORY

Houdini 大自然にいちばん近いアウトドアウェア

「大自然のフィールドがごく日常にあるからこそ、自然への敬意を忘れない。それがスウェーデンに暮らす多く… »STORY

フィーカは、ソーシャルな文化に変化してきた|Sweden Fika Guide 1

訪ねたのは、“動物の庭”という意味合いをもつユールゴールデン島の森の奥、5,000ヘクタールにも及ぶ… »STORY

name
Oyyo
place
スウェーデン
address
Brännkyrkagatan 94, 117 26 Stockholm
link
oyyo.se

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.