Menu Links
  • Photography: Gustav Karisson Frost

甘いものがミーティングも弾ませてくれる|Sweden Fika Guide 2

, 2018/01/16

シェップスホルメン島には、水上バスか“王冠の橋”を渡ってアクセスする。4つの美術館・博物館のあるアートなこの島のハーバー沿いに、ガラス・陶芸デザイナー、インゲヤード・ローマンのアトリエがある。目の前の運河では遊覧船が通り過ぎ、すぐ後ろの高台にはモダンミュージアムがそびえるこのアトリエを、インゲヤードの友人でファッションデザイナーのピア・ワーレンとともに訪ねた。

旧知の間柄というふたりは、最近では石川県小松市からの依頼でロングスパンの陶芸プロジェクトを一緒に手がけているため、日本にもよく訪れるのだという。「ピアは陶芸が専門ではないけれど、ものづくりの根本的な価値観が共通しているの。彼女が得意とするマテリアルはフェルトとウールで、この素材を見つめてよりよいデザインを追求し続けている。シンプルの奥深さを知っているから、彼女とのフィーカは話が尽きない」とインゲヤード。ノーベル賞授与式のお菓子を手がけているというピアお気に入りのパティスリー「K-Märkt Garnisonen」のケーキと日本茶、インゲヤードの器でフィーカをセッティングしながら、すでにふたりのおしゃべりは止まらない。「仕事のミーティングとしてみんながフィーカをするようになったのは10年ほど前からかしら。ランチやディナーミーティングもいいのだけど、甘いものを食べるとほんの少しハイになって饒舌になるでしょう? 夜遅くにお酒を飲むより、陽のある時間帯にフィーカしながら話をしたほうがいい仕事にもつながる。いろんなことを円滑にしてくれる、とてもいい文化だと思っているわ」(ピア)。来年、日本での展覧会を予定しているというふたり。今から楽しみでならない。
 
インゲヤード・ローマン/Ingegerd Råman
スウェーデンを代表するガラス・陶器デザイナー。Skruf社、Orrefors社でデザイナーとして活躍後、独立。「シンプリシティ・機能・美」を追求した普遍的な作品は、国内外で高く評価されている。

ピア・ワーレン/Pia Wallén
90年代初頭より、自身の名前をブランド名に掲げ、ファッションデザイナーとして活動。スウェーデンの伝統とモダンを融合させ、高品質なファッションアイテムやホームプロダクトなどを展開する。
www.piawallen.se

» PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA Issue

Tags: , ,









Vete-Katten|FIKA café in Stockholm 10

ヨーロッパらしいクラシックなティーサロンのたたずまいを残す、1928年創業の老舗ベーカリーカフェ「V… »STORY

Bageri Petrus|FIKA café in Stockholm 9

週末ともなると店の前に長蛇の列ができるほど、パンのクオリティに定評のあるベーカリーカフェ。今回の滞在… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.12 Sweden

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Sophies Canelé|FIKA café in Stockholm 8

ストックホルムの街にはちょっとめずらしいカヌレの店を発見。2年前にオープンしたばかりというここは、オ… »STORY

Kaffe|FIKA café in Stockholm 7

オシャレ過ぎても居心地が悪い。少しの“いなたさ”を求める人におすすめのカフェ。もともとこの近くでカフ… »STORY

6/5/4|FIKA café in Stockholm 6

インディペンデントでクリエイティブな店が集まるソーホーエリアの一角にあるサーフショップ。そのたたずま… »STORY

Drop Coffee|FIKA café in Stockholm 5

カフェから10分ほどの場所にロースタリーをもち、扱う豆はすべて実際に産地を訪ねて見極めたもののみ、フ… »STORY

Green Rabbit|FIKA café in Stockholm 4

次々と新しいレストランがオープンし、食のシーンがますます元気なストックホルムで、ミシュランの2つ星を… »STORY

Petrus Jakobsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 4

「子どものころから手づくりの食べ物に囲まれて育ちました。特にフィーカは思い出深くて、子どもながらにコ… »STORY

Elisabeth Johansson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 3

店はもたず、雑誌やテレビなどを中心にフードスタイリストとして活躍しているエリザベス・ヨハンソンは、母… »STORY

Per Olsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 2

ストックホルム中心地から地下鉄で30分ほどの郊外に、昔ながらのたたずまいをしたカフェ「Nya Lun… »STORY

Conrad Tyrséns|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 1

ストックホルムから南へ200kmほどの距離にある、ゴッドランド島ヴィスビーで生まれ育ったというコンラ… »STORY

Try Swedish, Fika Recipes|フィーカの文化からレシピまで

2015年に出版されて以来、さまざまな国で読まれているという、フィーカの文化からレシピまでを紹介する… »STORY

Snickerbachen 7|FIKA café in Stockholm 3

フィーカのカフェ選びは、味だけでなく場所のムードも大切。6年前にオープンしたというここは、1800年… »STORY

シャイなスウェーデン人のセラピーでもある|Sweden Fika Guide 5

1926年の創業以来、サスティナビリティと品質を追求し続けてきたスウェーデンを代表する老舗インテリア… »STORY

Klättermusen いいものをさらに磨いていく職人的なギアを

1984年、「北極圏へと出かける人たちをサポートするための、厳しい自然環境にも耐え得るアウトドアギア… »STORY

会わずに済む今の時代だからこその文化|Sweden Fika Guide 6

ストックホルム郊外の住宅地に、ポツンと赤い屋根のいいたたずまいをしたカフェがある。ジェニファー・リン… »STORY

FJÄLLRÄVEN タイムレスに愛される国民的アイテム

ストックホルムの街を歩けば、あちこちで四角いリュック「KANKEN」を背負った後ろ姿を目にする。あら… »STORY

Full Course Fika|call “家と庭” × 長田佳子 × PAPERSKY

トラベルライフスタイル誌『PAPERSKY no.55 SWEDEN | FIKA』発刊を記念して、… »STORY

フィーカは、ごく日常的な小休止の時間|Sweden Fika Guide 4

自然からダイレクトに映し出されたような色彩にあふれるOyyoのスタジオ。ひと言ではなんとも言えない美… »STORY

Café Pascal|FIKA café in Stockholm 2

ストックホルムのカフェで出されるコーヒーのクオリティは、フィーカが育ててきたともいえる。入口脇の棚に… »STORY

Peak Performance アウトドアから見たライフスタイル

ウィンタースポーツのメッカとして世界的に知られるスウェーデン・ジャムランド地方の山村、オーレ。ここを… »STORY

ティーンエイジャーのデートの誘い文句に|Sweden Fika Guide 3

22年来の友人で、ともにアーティストのビヨン・アルダックスとカール・グランディン。ふたりはストックホ… »STORY

Rosendals Trädgård|FIKA café in Stockholm 1

色とりどりの花、あちこちから鳥の声が響き、蜜蜂が飛び交う。ストックホルムの人たちにとって暖かい季節を… »STORY

Houdini 大自然にいちばん近いアウトドアウェア

「大自然のフィールドがごく日常にあるからこそ、自然への敬意を忘れない。それがスウェーデンに暮らす多く… »STORY

フィーカは、ソーシャルな文化に変化してきた|Sweden Fika Guide 1

訪ねたのは、“動物の庭”という意味合いをもつユールゴールデン島の森の奥、5,000ヘクタールにも及ぶ… »STORY

name
Asplund
place
スウェーデン
address
59.3366051,18.0777574
link
asplund.org

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.