Menu Links
  • keen × papersky

“Good People, Town, Shoes” vol.3 フォトグラファー mushさん

, 2017/11/28

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構えるアウトドア・フットウェアブランド「KEEN(キーン)」。地球のすべての場所を、その場所を見つけた時よりも美しくして去ることをモットーにしているKEENは、「Giving Back:社会への還元」、「Taking Action:市民運動」、「Reducing Impact:環境負荷の低減」の3つのテーマを『キーン・エフェクト』と総称し、パートナー団体とともに、人々の生活・仕事・楽しみの場所の環境を保護し、後世に残す個人やコミュニティの活動や、その市民運動のサポート、靴・支援金の寄付、靴の製造過程における環境への負荷の軽減など、環境保護活動や社会貢献活動に積極的に取り組んでいることでも知られています。
 
KEEN×PAPERSKY “Good People, Town, Shoes”は、日本各地をフィールドに、より良い地域、環境づくりに取り組んでいる人々を紹介するシリーズ企画。第三回は富士山を舞台に活動するフォトグラファーを訪ねました。
 
古くから富士信仰の神体山として崇められてきた日本の最高峰、富士山。2013年にはユネスコの“世界文化遺産”に登録され、毎年、国内外から20万人を越える登山者が山頂を目指し訪れています。その富士山を拠点に、フォトグラファーとして活動しているのが、KEENアンバサダーの植田めぐみ (mush) さん。
なぜ富士山に暮らし、富士山を撮り続けるのか。富士山五合目の山小屋の中で、その理由を伺いました。
 
—いつから富士山で活動されるようになったのですか?

「2010年から富士山頂の山小屋で働き始めたことがきっかけでした。頂上から写真を撮ってみたいと以前から思っていて、山頂で働いたらきっと写真もたくさん撮れるだろうなって。山小屋では食事を出したり、宿泊の準備をしたり、合間で写真を撮ったり。ひと夏働いたら『また来年も来よう』と思って、気づけば5シーズン、山頂の山小屋で働いていました。」
 
—頂上に暮らしてみて、どうでしたか?

「山頂で働くまでは、『富士山は頂上が一番』と思っていたのですが、あの雄大な富士山の姿って下から眺めるから見えるのですよね。当たり前ですが、頂上にいると見えないんです(笑)。でもその替わりに、生活する中でこの山の本当の魅力を知ることができた気がします。例えば、山小屋ならではの美味しいごはんや、登る途中、振り返ったときに眼下に見える素晴らしい景色。自分の中の富士山のイメージが段々変わっていきました。」
 
—5シーズンを頂上で過ごした後は?

「拠点を五合目に移しました。頂上で働いていたときに、装備不足の登山者をよく見かけたんです。山頂の環境や登山に必要な装備など、登山者にとって必要な情報が不足しているのだと気づきました。写真家としては頂上で写真を撮りたいけれど、私はリアルな富士山を五合目で案内しようって思ったんです。そして5合目で2シーズン、登山者の案内をして、今年はまた山頂に戻りました。」
 
—どうしてまた山頂に戻ろうと思ったのですか?

「富士登山は楽しいことや美しい景色にもたくさん出会えますが、厳しい環境でもあり、危険も伴います。下から見ると青空でも、山頂では嵐が吹き荒れていることもしばしばです。山頂の様子を写真や動画でリアルタイムに伝える必要があるなと感じました。5合目の山小屋などと連携して、まさにこれから登ろうとしている人たちに、写真や動画を届ようと。」
 
—登山者に役立つ“情報”としての写真や動画なんですね。

「危険を回避できるようにすることも目的ですが、同時に山頂だけではない富士山の魅力を発信したいと思っています。富士山って五合目も八合目もとっても良くて。途中の林道を散歩したり、紅葉を楽しんだり、頂上まで登る体力がなくても富士山を楽しむことはできるんです。」
 
—KEENのアンバサダーとしても活動されていますよね?

「KEENは元々好きなブランドで、一緒に活動をしているプロスノーボーダーの友人からの紹介もあり、2016年からアンバサダーとして活動をするようになりました。富士山のハードな環境の中でも、山を降りたときのタウンユースでも、両方に合うデザインと機能性が、自分に合っていると思います。」
 
—今後も富士山で撮影を続けていかれますか?

「そうですね。富士山ではゴミの不法投棄が問題になっていて、もっとマナーの良い山になるためにも私ができることがあるんじゃないかと思っています。頂上を楽しむことができるのって一年でたったの2ヶ月なので、頂上だけではない、富士山の違った楽しみ方や素晴らしさ、リアルな富士山を今後も伝えていきたいです。KEENは、富士山をキレイにしながら登山を楽しむ『富士山清掃登山ツアー』を毎年夏に開催していますよ。」
 
Facebook「富士山情報@mush」:
https://www.facebook.com/富士山情報mush-442129526143960/

Twitter:
https://twitter.com/mushphoto

Instagram:
https://www.instagram.com/mushfuji
 
keen

エルサ エル ブーツ | 防水 ウィンターブーツ ¥13,824(税込)
 
KEEN
global.keenfootwear.com

Tags: , , , , ,









OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.3 鰹節

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

PAPERSKY Tour de Nippon in 浜松 Movie

2018年3月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 浜松のレポート動画がで… »STORY

OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.2 古道再生

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.1 西伊豆古道

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.5 西伊豆古道

眼前に駿河湾、背後に天城山系の低山が控える西伊豆・松崎町。今回、globe walkerが歩くのは、… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 浜松 開催レポート

例年より早い桜の開花によって、春の気分とぽかぽか陽気に包まれた3月下旬の週末に、浜松で開催した「PA… »STORY

「SHARE THE LOCAL 静岡」大阪・DOORS HOUSEで開催中

大阪のURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設されたキュレーションスペース「DOORS… »STORY

ツール・ド・ニッポン in 浜松 参加募集スタート

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街…。時代とともにさまざまなカルチャーを生み出してきた街、浜松… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 浜松

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街……。時代によりさまざまなムーブメントを生み出してきた街、浜… »STORY

カネサ鰹節商店の本枯れ鰹節|日本のつくり手 第12回

伊豆半島の西側に位置する西伊豆町田子は、江戸時代からカツオ漁で栄え、鰹節商店が40軒も並んだ「鰹の町… »STORY

インダストリアルとクラフトの魅力が融合したウォールクロック 

静岡県のほぼ中央に位置する静岡市一帯は、江戸時代に徳川幕府によって全国から職工を集められたことから、… »STORY

BRUNOと行く、夏の週末キャンプ旅

「ワォ!!」。車窓をぼんやりと眺めていたジュリエンさんが突然声をあげた。彼が指さす方向に目を向けると… »STORY

ピアノ工場|PAPERSKY Japan Club

趣味はピアノ、なんていうと聞こえはいいが実は念願だった中古のピアノを最近買ったばかり。もっぱら聴くの… »STORY

自転車と街とで使えるシューズブランド STOMP LOX

静岡を拠点に、カジュアル志向の自転車乗りに向けたビンディングシューズを製作する「STOMP LOX(… »STORY

マップでめぐる静岡|+10 City Maps No.16 Shizuoka

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第16弾は、富… »STORY

糸がなくなれば負ける|浜松大凧 3

午後遅くの浜松市の中田島砂丘の上の青空は、視界をさえぎるものもほとんどなく、大きく広がっている。ひと… »STORY

凧印の戦い|浜松大凧 2

和紙でできた大凧が空に舞い、竹でできた軽い骨組みからは数百メートルの長さの麻糸が続いている。その麻糸… »STORY

空に消えていく凧 |浜松大凧 1

遠州灘を臨む街、浜松には江戸時代ごろから続く祭りがある。市内の各町が参戦し、長さ1,000m以上の麻… »STORY

漁師のためのシャツ「魚河岸シャツ」|大漁3

遠州屋の店先には品物がちらほらとしか見当たらない。取材に訪れたのが夏ではなかったからだろうか。ガラス… »STORY

TOUR DE SANDWICH by PAPERSKY vol.3 静岡編|Japan Jikkan

料理家が自転車で各地をめぐりながら、いろんな人や食材、風土に出会って受けたインスピレーションを“サン… »STORY

若木信吾さんと浜松古代散歩

遺跡や古墳は、自分が生まれ育った場所にもあることぐらいは聞いている。しかし、その場所を詳しく知る機会… »STORY

Stone Age in Hamamatsu 故郷・浜松のルーツをめぐる旅

11月30日に発売する『PAPERSKY』#46 "NORTHERN JAPAN | JOMON" … »STORY

食べられる記念碑「亀寶最中」 | 大漁 2

焼津の商店街には、ほとんど人影がない。買い物をしている年配の女性が2~3人いるくらいだ。長年、焼津で… »STORY

写真家・若木信吾 「英ちゃん 弘ちゃん」写真集制作

若木信吾の新しい写真集制作に向けたクラウドファンディングが、「IMA FANd!」にてスタートしまし… »STORY

GREEN PARK PICNIC -TEA PARTY- 開催

静岡県の藤枝駅前公園にて、5月24日(土)に開催される「GREEN PARK PICNIC -TEA… »STORY

佐々木 愛 Four Songs| ベルナール・ビュフェ美術館

ベルナール・ビュフェ美術館にて、美術作家・佐々木愛さんの展覧会が開催されます。佐々木愛さんは、200… »STORY

name
富士山
place
静岡

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.