Menu Links
  • Photography: Natsumi Kinugasa

スイスの風景のなかへ、エスケープ|Editor’s Note #54

, 2017/08/02

PAPERSKYはまちがいなく、スイスが好きだ。手つかずの湖、雄大な山、健全な森、愛らしいワイルドフラワーが咲き、ミネラル豊富な水(世界で最もクリアでミネラル分の多い飲料水としてランキングされている)がある。スイスは、そうした大自然の恩恵にあずかり、その自然を崇め守り続けてきた国だ。スイスのすばらしい自然環境を見れば、この国の社会が「すぐれたバランス状態」を保っている理由もわかる。そこで僕らはこの国の並外れた美しい風景をテーマに、スイスを旅することにした。

本号の特集を組むにあたり、僕らにはシンプルな問いがあった。どうして画家たちは、スイスの象徴的な風景を描いたのか? そこでまず、僕らはスイス出身、またはスイスに暮らした画家をリサーチし、彼らの描いた作品リストから牧歌的なスイスの風景を選び出した。僕らが選んだ画家は、フェルディナント・ホドラー(P.32)、パウル・クレー(P.34)、フェリックス・ヴァロットン(P.36)、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー(P.38)、アロイス・カリジェ(P.40)、ジョヴァンニ・セガンティーニ(P.42)。彼らの作品を手がかりに、その美しい景色が描かれた場所を探していった。そしてようやくそのポイントを突き止めると、今回の旅が始まった。

僕らは画家たちにインスピレーションを与えた風景を求め、北へ、西へ、東へ、南へ、スイス各地を移動した。高山から湖、歴史的な町から小さな村まで、地域によって異なるカルチャーがあり、訪れた地域のなかで4つのエリアにはユネスコの世界遺産があった。こうして僕らは傑作を生んだ土地に立ち、新たな視点でその風景を眺めると同時に、今ここに生まれる、大自然の計り知れないパワーを受け取ったのだ。さあ、ページをめくって、自然へ還る旅へ出よう!
 

Escape to the Swiss Landscape

It is no secret that Papersky absolutely adores Switzerland. And for good reason, Switzerland is a country that values it’s pristine lakes, majestic mountains, healthy forests, spectacular wildflowers, and mineral rich drinking water (usually ranked the cleanest & healthiest in the world!). Switzerland is a country that worships it’s nature with a passion. It is a country that understands to have a society in ‘excellent condition’ means that nature needs to be in ‘excellent condition’. And hence we decided to focus this issue on the extraordinary beauty of the Swiss Landscape.

In this ‘SWISS | landscape art’ issue we began with a simple question: What, Swiss artists have painted iconic scenes of Switzerland’s landscape? We started off with well over 20 names and after much deliberation narrowed our final choices to these six painters: Ferdinand Hodler (p32), Paul Klee (p34), Félix Vallotton (p36), Ernst Ludwig Kirchner (p38), Alois Carigiet (p40) and Giovanni Segantini (p42). We then poured through the catalogues of each artist looking for idyllic Swiss landscapes. Next, we selected one landscape work from each of the artist and from there began to research the location of where the painting was likely created. Once we had pinpointed the location for each Landscape, our journey began!

We traveled extensively through Switzerland heading North, West, East and South in search of the location that we believed was the point of view and inspiration for each art piece. Our journey took us to high peaks, onto lakes, into old towns, small towns, through four UNESCO World Heritage areas, and deep into the unique culture of each location. We found much more than the vantage point of an old masterpiece we found new perspectives on how we view nature as well as to the awesome power that nature provides. So begin to read! And begin to Get Back to Nature!

» PAPERSKY no.54 SWISS | LANDSCAPE ART Issue

Tags: , ,









UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.11 Swiss

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Hotel Allegro Bern|眺めのいいスイスのホテル 5

ベルンはスイス連邦の首都であるとともに、旧市街の美しい街並みが1983年にユネスコ世界遺産にも登録さ… »STORY

Hotel Schatzalp|眺めのいいスイスのホテル 3

美しいアールヌーヴォー様式の建造物で、1900年にこのホテルが建てられて以来、今もそのクラシックな雰… »STORY

Graphic Landscape 新しい時代を先導したスイスの観光ポスター

人々を誘致するだけでなく、グラフィックデザインの進歩にも大きく貢献したスイスの観光ポスター。100年… »STORY

アルプスの画家が見つめた自然と人間の営み

オーバーエンガディン地方の、ムオタス・ムライユの山岳ホテルから、向かいにある標高2,700mほどのシ… »STORY

Hotel Meisser|眺めのいいスイスのホテル 1

眺めのいい部屋に滞在し、創作活動を続けていたであろう画家たちに思いを馳せながら、窓辺から見る景色が美… »STORY

Romantik Hotel Muottas Muragl|眺めのいいスイスのホテル 6

標高2,500mほどに位置し、朝から晩まで絶景を思う存分満喫できる、山岳ホテルRomantik Ho… »STORY

絵本から垣間見る、グアルダの素朴な暮らし

アルプスの雄大な自然と人々の素朴な暮らしを絵本のなかで表現したのが、イラストレーターのアロイス・カリ… »STORY

数奇な人生を生きたエマ・クンツのアート

方眼紙に規則正しく、精巧に描かれた図形の数々。神秘的な魅力をもつ絵画の作者はスイス人アーティスト、エ… »STORY

永井博|プールを描き続けて~尽きない情熱の理由

絵を見ると、なんだか今すぐその場に身を置いてみたくなってしまう。そんな不思議な魅力を秘めた永井博のイ… »STORY

Ingo Giezendanner 作品集を片手に、チューリヒの街歩き

独自の視点でさまざまな街の風景を切り取るスイス人アーティスト、インゴ・ギーゼンダナー。彼が描いたチュ… »STORY

鮮やかな色彩で、ダヴォスの強い光を表現

スイスの光に魅せられた外国人画家は多い。ドイツ表現主義を代表するエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー… »STORY

木版画で制作した異色の『ユングフラウ』 Félix Vallotton

画家フェリックス・ヴァロットンが制作した木版画に『ユングフラウ』がある。ユングフラウはベルン州南部に… »STORY

Hotel Schynige Platte|眺めのいいスイスのホテル 2

1894年、インターラーケンからの登山鉄道が開通した翌年に創業した山岳ホテル、Hotel Schyn… »STORY

クレーの心に刻まれた、三角形の山ニーセン

ベルン州南部の高地帯ユングフラウ地方に「ニーセン」というちょっと不思議な山がある。なぜ不思議なのかと… »STORY

Tevaを相棒に、都会のなかで自然と遊ぶ

スイスの魅力は雄大な自然だけではない。むしろチューリヒのような都市部において、自然にアクセスしやすい… »STORY

雲と光が複雑に変化するレマン湖の光景|フェルディナント・ホドラー

スイス人にとって「国民的作家といえば?」と問えば、多くの人がフェルディナント・ホドラーを挙げるだろう… »STORY

画家たちの魂を揺さぶった、スイスの風景を訪ねて

それは6枚の風景画から始まった。フィルディナント・ホドラー、パウル・クレー、フェリックス・ヴァロット… »STORY

スイス生まれのウェアブランド [sn] super.natural

自然と山々に囲まれた国、スイス。アウトドアライフがごく身近にあるこの国では、機能的で着心地のよいイン… »STORY

編集長ルーカスが選んだスイスみやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスがスイスでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。古くから… »STORY

平山昌尚/アーティスト|PAPERSKY INTERVIEW

今年の6月から1ヶ月にわたり、チューリヒの出版社「Nieves」で新作の展覧会を開いたアーティストの… »STORY

アーティスト・佐々木愛さんとスイスの風景のなかへ

「画家が描いた風景を訪ねることは初めての経験でした。スイスの壮大な景色を目の前にすると、画家たちは何… »STORY

PAPERSKY #54 SWISS | LANDSCAPE ART スイス特集号 発売!

7月30日発売の「PAPERSKY」54号は、スイス特集。アルプスの麓、スイスには、画家たちを魅了し… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|スイス編

次号PAPERSKYの特集の地は、スイス。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundt… »STORY

Grand Hôtel Suisse Majestic|眺めのいいスイスのホテル 4

Grand Hotel Suisse Majesticは、アーティストのフェルディナント・ホドラーが… »STORY

峡谷の迂回を回避させるタミナ橋|スイス、民意を反映する土木(3)

スイス北東部に位置するザンクト・ガレン州。人口1500人強のフェイファースと、人口400人ほどのヴァ… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.