Menu Links
  • keen × paperskykeen × papersky

“Good People, Town, Shoes” vol.2 あきた森の宅配便 栗山なつこさん

, 2017/07/28

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構えるアウトドア・フットウェアブランド「KEEN(キーン)」。地球のすべての場所を、その場所を見つけた時よりも美しくして去ることをモットーにしているKEENは、「Giving Back:社会への還元」、「Taking Action:市民運動」、「Reducing Impact:環境負荷の低減」の3つのテーマを『キーン・エフェクト』と総称し、パートナー団体とともに、人々の生活・仕事・楽しみの場所の環境を保護し、後世に残す個人やコミュニティの活動や、その市民運動のサポート、靴・支援金の寄付、靴の製造過程における環境への負荷の軽減など、環境保護活動や社会貢献活動に積極的に取り組んでいることでも知られています。

KEEN×PAPERSKY “Good People, Town, Shoes”は、日本各地をフィールドに、より良い地域、環境づくりに取り組んでいる人々を紹介するシリーズ企画。第二回は秋田県の北東部、青森県・岩手県との県境に位置する鹿角郡小坂町を訪ねました。

秋田を訪れると自然に聞こえてくる、山菜や山の動物の話。秋田の人々にとって、山は生まれた時から身近にある、親しみとともに畏れを感じるものであるようです。鹿角郡小坂町を拠点に『あきた森の宅配便』というサービスを行う栗山奈津子さんも、小さな頃から山を近くに感じてきたひとり。『あきた森の宅配便』は、秋田の山に自生する天然の山菜を代わりに採って送ってくれるユニークな代行サービスです。秋田らしい環境を活かした山菜ビジネスを行う栗山さんに、山菜のこと、秋田の山の話を伺いました。
 
—栗山さんの地元はこの小坂町ですよね。ずっとこの町で暮らしてこられたのですか?

「この町で生まれて、高校生までずっとここで育ちました。ここ(あきた森の宅配便の事務所)から道路はさんで向かいの家が実家です(笑)。大学時代は北海道の網走で過ごしました。東京農業大学の北海道にある校舎で、オホーツクキャンパスと呼ばれています。元々都会が苦手だったこともあり、将来も地元で仕事がしたいと思って、農業を学ぶために北海道を選びました。」
 
—その頃から「農業」に関わる仕事がしたいと思われていたのですね。

「大学ではジャガイモの研究をしたり、パラグライダーに夢中になったり(笑)。卒業後は青森市内の食品会社に務めることになりました。営業担当として働いたのですが、車に乗って移動しているときに農家さんを眺めながら、『農業っていいな』と思うことが多くて。3年務めた後、地元に戻ってきました。」
 
—地元に戻って『あきた森の宅配便』をスタートしたのですね。

「『あきた森の宅配便』は2006年に父が副業として始めたもので、私が地元に戻ってきた当時は父が親戚と一緒に細々と販売している状態でした。秋田のおいしい山菜を多くの人に知ってもらいたいという気持ちや、人口が減ってきているこの町のためになることをしたいという思いが強かったので、私が中心となって『あきた森の宅配便』を本格的に展開していこうと決めました。」
 
—『あきた森の宅配便』はどのようなサービスを行っているのですか?

「『あきた森の宅配便』は天然山菜採りの代行サービスです。インターネットで山菜の注文を受けると、“山の名人”が山に入り、山菜を採ってきてくれます。そして、採れたて天然山菜を配送しています。山菜のシーズンは3月から9月頃までと限られますが、冬場は缶詰めにした山菜や、山菜と手打ちそばのセットなどを販売しています。雪国では昔から、塩漬けや缶詰めにして山菜を保存する食文化があります。そういった食文化についても伝えられたらと思います。」
 
—この地域では昔から山菜が食べられていたのですね。

「そうですね。そもそも、人類が誕生した頃から、人間は山や森にあるものを食べて生きてきたと思うので、山菜もその頃から食べられていたのだと思います。山菜を春になったら食べたくなるのは、そのように遺伝子に組み込まれているのかしれませんね(笑)。野菜は品種改良されて作られたものもありますが、山菜はその原点というか、苦みがあったり、アク抜きをしないと食べられなかったりするものも多くて。昔から続いているものならではの良さが山菜にはあると思います。」
 
—いまの時代の人間と山の関係・バランスをどのように感じていますか?

「理想的な状態ではないと感じています。昔は人が山に入っていたので、林道の整備も行き届き、山の動物とのすみ分けもできていました。いまでは林業も衰退しかけているので、山がほったらかしにされているような状態です。だからと言って、山に入って山菜を根こそぎ採ったりするのは良くないのです。山のことを考えて、山に入ることが大切なのだと思います。人が山に入ることで山の環境を維持していく。そういう思いで『あきた森の宅配便』をこれから続けていきたいです。」
 
あきた森の宅配便
http://akita-mori.com

KEEN ターギー EXP ミッド

ターギー EXP ミッド | 防水 トレッキングシューズ ¥18,360(税込)

KEEN
global.keenfootwear.com

Tags: , , , ,









urban research doors × papersky

柴田慶信商店の曲げわっぱ|日本のつくり手 第11回

くるっと曲げられた円筒形のデザインと美しい木目、そして木の香りが漂う曲げわっぱ。秋田杉を使った曲げわ… »STORY

far ride

far ride magazine | Tour de Nippon in 秋田/田沢湖 レポート

韓国・ソウルを拠点に、世界の自転車旅を紹介するサイクルマガジン「far ride」にて、秋田で開催し… »STORY

James Gibson

Feel Nippon! 心の故郷・秋田をバイク&キャンプで満喫した週末旅

あきたこまちの収穫を目前に控え、黄金色の稲穂の海が広がる初秋の秋田。“秋の田んぼ”と書く秋田で、この… »STORY

+10 City Maps

マップでめぐる秋田|+10 City Maps No.21 Akita

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第21弾は、西… »STORY

tour de nippon in akita

「ツール・ド・ニッポン in 秋田/田沢湖」秋田新幹線チケット購入について

9月23日(土)・24日(日)に秋田/田沢湖エリアで開催する「ツール・ド・ニッポン in 秋田/田沢… »STORY

Photography: Yoma Funabashi

ニッポンの魅力再発見の旅・秋田 / 田沢湖

秋田犬、あきたこまち、温泉、田沢湖、稲庭うどんにいぶりがっこ……私たちが知る秋田のキーワードは、どれ… »STORY

papersky tour de nippon

ツール・ド・ニッポン in 秋田/田沢湖 参加募集スタート

ツール・ド・ニッポンが初秋の旅先に選んだのは、秋田。内陸にある〝田沢湖エリア〟を自転車で満喫する1泊… »STORY

Photography: Cameron Allan Mckean

漆黒のトンネルを抜けて | マタギ Akita Mountain Hunters 3

外の光がまったく入らず、影が見える様子はまるでない。永遠に続く漆黒の闇。宇宙の果てに見える星のように… »STORY

Photography: Cameron Allan Mckean

鉄刀の切っ先 | マタギ Akita Mountain Hunters 2

マタギたちは、ずっと荒々しい自然の腕のなかで激しく揺さぶられてきた。自然との愛すべき闘いに勝つために… »STORY

Photography: Cameron Allan Mckean

山の怒り | マタギ Akita Mountain Hunters 1

日本の北西端には、山の神からクマを授かる土地がある。その地で、マタギが狩りに出かける準備をしている。… »STORY

Nao Tsuda

津田直 BACK DOOR -桜のゆくえ-

project room sasaoでは二年振りに津田直の個展を開催いたします。2010年個展開催時… »STORY

AKITA

ブナの森から湧き出す水で造る、秋田の銘酒

「白瀑」(しらたき)という白神の滝の名を冠した酒を造るのは、白神山麓で明治34年から酒造りを営む蔵元… »STORY

Photo: Keigo Saito

白神山地、ブナの原生林を歩く

世界自然遺産・白神山地の裾野に当たる秋田県八峰町(旧八森町)には、ブナの天然林を散策できる留山がある… »STORY

AKITA

ユタカな土地、秋田を歩く自然散策へ(No.14)

空にかかる二重の虹に驚いて、じっと見上げていた時、一人の小柄なお年寄りが「こんにちは」と言って握手を… »STORY

papersky

イタヤ細工を訪ねて、角館の旅へ

その面積の7割が森林という豊かな自然に恵まれている秋田県。土地ならではの素材を利用した民芸品や食生活… »STORY

name
小坂町
place
秋田

© 2008-2017 Knee High Media. All Rights Reserved.