Menu Links
  • papersky

大野製炭工場のお茶炭|Urban Research Doors 日本のつくり手 第8回

, 2017/04/20

Urban Research Doorsが、PAPERSKYと共に日本各地を巡り、その土地に根ざしたモノづくりを続ける職人をクローズアップする”CRAFTSMAN SERIES”。能登半島の先端に位置する石川県珠洲市、豊かな里山里海で知られる奥能登で、炭づくりを行う大野長一郎を訪ねた。

大野の父親が製炭業を始めたのは今から45年前。『燃料革命』から10年ほど経ち、炭の需要が減り始めた頃だった。「時代はめぐる、と父は語っていましたが、時代の流れに逆らうことで、未来を模索していたのだと思います。」と大野は振り返る。

父の引退を機に、工場を受け継いだのは22歳のとき。長男としての責任感と環境問題への関心から、生まれ育ったこの地で炭づくりをやっていこうと決めた。父から引き継いだ仕事に加え、新たな試みとして、茶道用の炭づくりも始めた。茶の湯炭に求められるのは、見た目の美しさと燃料としての質。切り口が真円に近く、隙間が均等に細かく入った炭は、火付きが良く、炎や煙が少ない。理想の茶の湯炭をつくるために必要なクヌギは、自ら造成した土地に植林し、時間をかけて育てている。

燃料としてだけではなく、脱臭効果なども注目されている炭。「炭のある暮らしを取り戻すきっかけをつくりたい」と語る、大野の真っ直ぐな目が印象的だった。

Urban Research Doors
http://www.urdoors.com

※ 本誌PAPERSKY #51 掲載 Urban Research Doors CRAFTSMAN SERIES(P.4-5) より

Tags: , ,









Travel Towel 能登半島 手ぬぐい|PAPERSKY STORE

PAPERSKYが提案する、日本の魅力再発見の旅プロジェクト Tour de Nippon。イベント… »STORY

日本の最涯で最先端の美術を。開催まであと3ヶ月、奥能登国際芸術祭

9月3日(日)から能登半島の先端の町、石川県珠洲市で開催される「奥能登国際芸術祭2017」。この度、… »STORY

今秋開催される奥能登国際芸術祭、参加アーティスト第3弾発表

2017年秋、能登半島・石川県珠洲市を舞台にした芸術祭「奥能登国際芸術祭」が開催されます。この度、第… »STORY

Tour de Nippon in 奥能登 Movie

2016年9月に開催したTour de Nippon in 奥能登のレポート動画ができました。知らな… »STORY

知らない町のお宅に、招かれて過ごす。奥能登、満喫旅

海に突き出た、半島をめぐる旅。島国ニッポンらしい、豊かな旅だなぁとつくづく感じるものです。ツール・ド… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 奥能登

能登半島は、左手の親指をちょこんと倒したときの形と似ている。ちょうど第一関節から先にある穴水町、輪島… »STORY

Tour de Nippon in Oku-Noto 参加募集スタート

周囲を日本海にぐるりと抱かれる、石川県能登半島の〝奥〟をめぐるツール・ド・ニッポン。能登半島の先端に… »STORY

金沢に「芸術を愛する人々が住む国=西京国」が出現

東京でも北京でもソウルでもない東アジアのどこかの国「西京」。日本の小沢剛、韓国のギムホンソック、中国… »STORY

奥能登国際芸術祭、参加アーティスト第一弾が発表

2017年秋、能登半島の先端に位置する石川県珠洲市を舞台にした芸術祭「奥能登国際芸術祭」が開催されま… »STORY

輪島塗・赤木明登展「ぬりもの」

編集者を経て輪島へ移住し、塗師として制作活動を行っている赤木明登さんの個展「ぬりもの」が開催されます… »STORY

WAJIMA

輪島塗 3|千年続く生活様式 赤木明登

あらゆる伝統がかたちを変えている。だが、日本のすべての伝統工芸のなかで、漆器ほど著しい変化を見せてい… »STORY

WAJIMA

輪島塗 2|器の芯を挽く 池下満雄

74歳の池下満雄の工房には、おおまかな形に切られた木の椀が10列ほど高く積みあがっている。壁の窓から… »STORY

WAJIMA

輪島塗 1|木から塗料を採取する 若岡一夫

日本海に面した能登半島の先に、輪島の町がある。ここでは漆の木の樹液に、「地の粉」と呼ばれる珪藻土の粉… »STORY

ISHIKAWA

SAZANAMI FISHING COOPERATIVE 佐々波漁港

石川県七尾市・佐々波漁港。能登半島に海辺に位置する小さな漁村。冬の魚として知られるブリの季節を迎えた… »STORY

金沢蓄音器館 Kanazawa Phonograph Museum

雪の積もる金沢に、金沢蓄音器館を訪ねた。初代の館長は、戦前から蓄音器店を開いてきた八日市屋浩志氏であ… »STORY

name
大野製炭工場
place
石川
address
珠洲市

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.