Menu Links
  • ほぼ完成形のアーチが見えているタミナ橋
  • ヴァランス側から両岸のアプローチ道路を見る
  • ザンクト・ガレン州土木課のプロジェクト・マネージャー、ジャン=ルイ・ナルドネさん
  • スイスといえども夏は暑い。屈強な男たちが作業をする
  • 働く男も少し一息
  • フェイファース側から水平に橋を望む
  • 取材日に用意された資料より、タミナ橋の完成予定図

峡谷の迂回を回避させるタミナ橋|スイス、民意を反映する土木(3)

, 2017/01/25

スイス北東部に位置するザンクト・ガレン州。人口1500人強のフェイファースと、人口400人ほどのヴァランスという2つの集落は、深さ200mに及ぶタミナ峡谷によって分断されている。標高800〜950mに位置し、空気も澄んでいて温泉も豊かに湧くなど、環境的に恵まれたこの地域は農業と観光業に支えられてきた。

その環境をうまく利用し、ヴァランスでは世界的に有名なリバリテーション専門のヴァランス・クリニック(Kliniken Valens)が各国から多くの患者を集めているのだが、クリニックへと通じる道は斜面に造られており、カーブも多く整備も徹底されておらず、地滑りの危険と常に隣り合わせであった。また、ヴァランスとフェイファースも含む6つの集落で自治体が構成されているのだが、幼稚園と小中学校は各集落にあるものの、高校がフェイファースにしかない。整備されていない道を通り、下流のバート・ラガッツという村まで大きく迂回しないとフェイファースの高校に通えない地域も存在する。

地滑りのメンテナンスには年間30万スイスフラン(2010年のレートで約2400万円)がかかっており、自治体にとって大きな負担となってきた。ヴァランス・クリニックからも道路の整備を求める声が上がっており、自治体からザンクト・ガレン州政府に訴えかけ、タミナ峡谷の最深部200mの位置に橋を設置することが決まった。

両集落の住人を足しても2000人に満たず、ザンクト・ガレン州の50万人近い総人口の250分の1に過ぎない。しかし、この橋の建設費用が州政府の予算でまかなわれることに対する反対の声は少なく、問題なく計画が進められることになった。多数決が大前提という考え方ではなく、少数派の意見も聞き入れられ、共生しやすい社会を形成すること。そんな民主主義の大前提にふと気づかされると同時に、タミナ橋の計画プロセスからは、目先の損得勘定だけに左右されず、長い目線と広い視野で国の未来を考えるスイスの国民性も感じられる。

2012年9月にプロジェクトが開始。ヴァランス側の方が150mほど高い地点に位置するため、長さ5mの建材をフェイファース側から32本、ヴァランス側から23本をつないで中央で接合させ、左右非対称型のアーチを築いた。スイスのみならずイタリアやドイツ、オーストリアなどから24の業者がコンペに参加し、ドイツのシュツットガルトの企業が請け負う権利を勝ち取った。ザンクト・ガレン州土木課でプロジェクト・マネージャーを務めるジャン=ルイ・ナルドネさんが、最終案についてこう語る。

「コンペの審査は建築家、自然保護の専門家、政治家、エンジニアら10名によって行われました。標高差がある両岸をアシンメントリーの上路アーチ橋が結ぶのですが、両岸の地面の傾斜に合わせた角度で、地形と景観に最も調和するデザインということで選ばれました。エンジニアたちはスケッチを重ね、景観と調和するデザインを模索したのです。また、冬季は凍結を防ぐために塩をたくさん撒く必要があるのですが、この橋は吊橋のように鉄を使っておらず、塩気を含んだ蒸気で錆びる心配もありません」

両岸には必要な土地が購入され、橋にアプローチする道が新たに敷設された。そして、橋が設置されることによって、地滑りが起きやすかった従来の道1本が閉鎖された。スイスでは国の法律で、工事のために木を伐採したらそれと同等の面積を緑化しないといけない決まりがある。閉鎖された道路は周囲に木が植えられ、歩行者と自転車のみが通れる遊歩道となり、劣化してきた頃にアスファルトが除去される。アスファルト除去に無駄なエネルギーを使い、周囲の環境に負担をかけることはしない。そして、森の中でも整備が行き届いていなかったエリアを植林し、新たに道路を建設した面積以上に森の面積を広げる。プロジェクトの初期段階から自然保護団体との協力関係もあって進められてきたタミナ橋が完成し、2017年6月22日の開通を予定している。

次回、新たな形で蘇らせるべく工事を実施する古き水力発電所をレポートする。
  
取材協力:在日スイス大使館
https://www.facebook.com/SwissEmbassyTokyo

Tags:









Hotel Allegro Bern|眺めのいいスイスのホテル 5

ベルンはスイス連邦の首都であるとともに、旧市街の美しい街並みが1983年にユネスコ世界遺産にも登録さ… »STORY

Hotel Schatzalp|眺めのいいスイスのホテル 3

美しいアールヌーヴォー様式の建造物で、1900年にこのホテルが建てられて以来、今もそのクラシックな雰… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.11 Swiss

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Graphic Landscape 新しい時代を先導したスイスの観光ポスター

人々を誘致するだけでなく、グラフィックデザインの進歩にも大きく貢献したスイスの観光ポスター。100年… »STORY

アルプスの画家が見つめた自然と人間の営み

オーバーエンガディン地方の、ムオタス・ムライユの山岳ホテルから、向かいにある標高2,700mほどのシ… »STORY

Hotel Meisser|眺めのいいスイスのホテル 1

眺めのいい部屋に滞在し、創作活動を続けていたであろう画家たちに思いを馳せながら、窓辺から見る景色が美… »STORY

Romantik Hotel Muottas Muragl|眺めのいいスイスのホテル 6

標高2,500mほどに位置し、朝から晩まで絶景を思う存分満喫できる、山岳ホテルRomantik Ho… »STORY

絵本から垣間見る、グアルダの素朴な暮らし

アルプスの雄大な自然と人々の素朴な暮らしを絵本のなかで表現したのが、イラストレーターのアロイス・カリ… »STORY

数奇な人生を生きたエマ・クンツのアート

方眼紙に規則正しく、精巧に描かれた図形の数々。神秘的な魅力をもつ絵画の作者はスイス人アーティスト、エ… »STORY

永井博|プールを描き続けて~尽きない情熱の理由

絵を見ると、なんだか今すぐその場に身を置いてみたくなってしまう。そんな不思議な魅力を秘めた永井博のイ… »STORY

Ingo Giezendanner 作品集を片手に、チューリヒの街歩き

独自の視点でさまざまな街の風景を切り取るスイス人アーティスト、インゴ・ギーゼンダナー。彼が描いたチュ… »STORY

鮮やかな色彩で、ダヴォスの強い光を表現

スイスの光に魅せられた外国人画家は多い。ドイツ表現主義を代表するエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー… »STORY

木版画で制作した異色の『ユングフラウ』 Félix Vallotton

画家フェリックス・ヴァロットンが制作した木版画に『ユングフラウ』がある。ユングフラウはベルン州南部に… »STORY

Hotel Schynige Platte|眺めのいいスイスのホテル 2

1894年、インターラーケンからの登山鉄道が開通した翌年に創業した山岳ホテル、Hotel Schyn… »STORY

クレーの心に刻まれた、三角形の山ニーセン

ベルン州南部の高地帯ユングフラウ地方に「ニーセン」というちょっと不思議な山がある。なぜ不思議なのかと… »STORY

Tevaを相棒に、都会のなかで自然と遊ぶ

スイスの魅力は雄大な自然だけではない。むしろチューリヒのような都市部において、自然にアクセスしやすい… »STORY

雲と光が複雑に変化するレマン湖の光景|フェルディナント・ホドラー

スイス人にとって「国民的作家といえば?」と問えば、多くの人がフェルディナント・ホドラーを挙げるだろう… »STORY

画家たちの魂を揺さぶった、スイスの風景を訪ねて

それは6枚の風景画から始まった。フィルディナント・ホドラー、パウル・クレー、フェリックス・ヴァロット… »STORY

スイス生まれのウェアブランド [sn] super.natural

自然と山々に囲まれた国、スイス。アウトドアライフがごく身近にあるこの国では、機能的で着心地のよいイン… »STORY

編集長ルーカスが選んだスイスみやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスがスイスでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。古くから… »STORY

平山昌尚/アーティスト|PAPERSKY INTERVIEW

今年の6月から1ヶ月にわたり、チューリヒの出版社「Nieves」で新作の展覧会を開いたアーティストの… »STORY

アーティスト・佐々木愛さんとスイスの風景のなかへ

「画家が描いた風景を訪ねることは初めての経験でした。スイスの壮大な景色を目の前にすると、画家たちは何… »STORY

スイスの風景のなかへ、エスケープ|Editor’s Note #54

PAPERSKYはまちがいなく、スイスが好きだ。手つかずの湖、雄大な山、健全な森、愛らしいワイルドフ… »STORY

PAPERSKY #54 SWISS | LANDSCAPE ART スイス特集号 発売!

7月30日発売の「PAPERSKY」54号は、スイス特集。アルプスの麓、スイスには、画家たちを魅了し… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|スイス編

次号PAPERSKYの特集の地は、スイス。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundt… »STORY

Grand Hôtel Suisse Majestic|眺めのいいスイスのホテル 4

Grand Hotel Suisse Majesticは、アーティストのフェルディナント・ホドラーが… »STORY

name
ザンクト・ガレン州
place
スイス

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.