Menu Links
  • 旧ゴッタルド・トンネルの北側に位置するゲシェネン駅。
  • 列車のレトロなデザインも味わい深い。
  • イタリア人坑夫たちを力づけた料理「カッツォーラ」。
  • シャレーホテル・クローネは駅から徒歩3分ほど。
  • ゲシェネン駅はマッターホルン・ゴッタルド鉄道も通っている。
  • 静かな山間の道路拡張に住民たちは反対した。

世界最深最長のトンネル(前編)|スイス、民意を反映する土木(1)

, 2016/12/22

全長57km、最深部は地表から2300mの深さに造られたゴッタルド・ベース・トンネル。2016年6月1日、世界で最も長く最も深いトンネルがスイスで開通し、この12月11日から定期運行を開始した。「ベース」が意味するのは「基底」。ヨーロッパ南北の交通を遮るアルプス山脈の基底部に直線部の長いトンネルを掘ることで、運行列車のスピードアップと載貨量の増加が可能となる。曲がりくねった山道を登り、短いトンネルでアルプス山脈を越えていた従来のルートからの大幅な改善が行われたのだ。

定期運行の開始を前に、一般客や関係者に路線を公開する「Gottardino(ゴッタルディーノ)」号が運行され、乗車する機会に恵まれた。高速鉄道が運行できる新しいゴッタルド・ベース・トンネルへと向かう前に、まずは高原地帯のゲシェネン駅から南下して1882年に開通した山岳部のゴッタルド鉄道トンネル(以後、旧ゴッタルド・トンネルと表記)を目指す。が、その前に腹ごしらえだ。ゲシェネンのシャレーホテル・クローネのレストランで、旧ゴッタルド・トンネルの建設に深い関わりのある「カッツォーラ」という料理を食べた。

1871年から1881年にかけて行われた旧ゴッタルド・トンネルの工事には、多くのイタリア人坑夫が参加したという。イタリアのロンバルディア州出身者たちが、危険ではあるがそれに見合う高額の賃金が支払われるこの工事に出稼ぎに来たのだ。ただ、彼らには誤算があった。トンネル北側のウーリ州は食事がまずい。パスタやピザがないばかりかサラダすらろくなものがなく、ジェラートなんて夢のような話だ。そこでどうにか、この地にある食材で故郷ロンバルディアの「カッツォーラ」を再現し、この10年間を乗り切ったのだという。

ジャガイモとキャベツと肉を香味野菜のブイヨンと白ワインで煮込む。当時使っていた肉はリス科のマーモットの燻製だったというが、それはさすがに現代的な食材ではないので、豚肉で代用して調理されたより美味しい「カッツォーラ」がテーブルに運ばれてきた。野菜と肉の甘い香りが湯気とともに立ちのぼってくる。シンプルだが滋味深く、体も温まる料理だ。

シャレーホテル・クローネを後にして、ゲシェネン駅に向かう。駅からは旧ゴッタルド・トンネルの入口が見える。トンネルの長さは15kmほど。通過時間は10分弱だろうか。すんなりと南側のアイロロ側に出てくるが、200名を超す犠牲者が出たと言われており、150年近くも前にこれだけの高地で15kmもの長さのトンネルを掘ったというのだから、その過酷さは想像に難くない。南北の交易を担ってきたこの旧ゴッタルド・トンネルに代わり、現代の土木技術の結晶としてどのようなトンネルが生まれたのか。復路でいよいよゴッタルド・ベース・トンネルに向かう。

(後編に続く)
 
取材協力:在日スイス大使館
https://www.facebook.com/SwissEmbassyTokyo

Tags:









Hotel Allegro Bern|眺めのいいスイスのホテル 5

ベルンはスイス連邦の首都であるとともに、旧市街の美しい街並みが1983年にユネスコ世界遺産にも登録さ… »STORY

Hotel Schatzalp|眺めのいいスイスのホテル 3

美しいアールヌーヴォー様式の建造物で、1900年にこのホテルが建てられて以来、今もそのクラシックな雰… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.11 Swiss

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Graphic Landscape 新しい時代を先導したスイスの観光ポスター

人々を誘致するだけでなく、グラフィックデザインの進歩にも大きく貢献したスイスの観光ポスター。100年… »STORY

アルプスの画家が見つめた自然と人間の営み

オーバーエンガディン地方の、ムオタス・ムライユの山岳ホテルから、向かいにある標高2,700mほどのシ… »STORY

Hotel Meisser|眺めのいいスイスのホテル 1

眺めのいい部屋に滞在し、創作活動を続けていたであろう画家たちに思いを馳せながら、窓辺から見る景色が美… »STORY

Romantik Hotel Muottas Muragl|眺めのいいスイスのホテル 6

標高2,500mほどに位置し、朝から晩まで絶景を思う存分満喫できる、山岳ホテルRomantik Ho… »STORY

絵本から垣間見る、グアルダの素朴な暮らし

アルプスの雄大な自然と人々の素朴な暮らしを絵本のなかで表現したのが、イラストレーターのアロイス・カリ… »STORY

数奇な人生を生きたエマ・クンツのアート

方眼紙に規則正しく、精巧に描かれた図形の数々。神秘的な魅力をもつ絵画の作者はスイス人アーティスト、エ… »STORY

永井博|プールを描き続けて~尽きない情熱の理由

絵を見ると、なんだか今すぐその場に身を置いてみたくなってしまう。そんな不思議な魅力を秘めた永井博のイ… »STORY

Ingo Giezendanner 作品集を片手に、チューリヒの街歩き

独自の視点でさまざまな街の風景を切り取るスイス人アーティスト、インゴ・ギーゼンダナー。彼が描いたチュ… »STORY

鮮やかな色彩で、ダヴォスの強い光を表現

スイスの光に魅せられた外国人画家は多い。ドイツ表現主義を代表するエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー… »STORY

木版画で制作した異色の『ユングフラウ』 Félix Vallotton

画家フェリックス・ヴァロットンが制作した木版画に『ユングフラウ』がある。ユングフラウはベルン州南部に… »STORY

Hotel Schynige Platte|眺めのいいスイスのホテル 2

1894年、インターラーケンからの登山鉄道が開通した翌年に創業した山岳ホテル、Hotel Schyn… »STORY

クレーの心に刻まれた、三角形の山ニーセン

ベルン州南部の高地帯ユングフラウ地方に「ニーセン」というちょっと不思議な山がある。なぜ不思議なのかと… »STORY

Tevaを相棒に、都会のなかで自然と遊ぶ

スイスの魅力は雄大な自然だけではない。むしろチューリヒのような都市部において、自然にアクセスしやすい… »STORY

雲と光が複雑に変化するレマン湖の光景|フェルディナント・ホドラー

スイス人にとって「国民的作家といえば?」と問えば、多くの人がフェルディナント・ホドラーを挙げるだろう… »STORY

画家たちの魂を揺さぶった、スイスの風景を訪ねて

それは6枚の風景画から始まった。フィルディナント・ホドラー、パウル・クレー、フェリックス・ヴァロット… »STORY

スイス生まれのウェアブランド [sn] super.natural

自然と山々に囲まれた国、スイス。アウトドアライフがごく身近にあるこの国では、機能的で着心地のよいイン… »STORY

編集長ルーカスが選んだスイスみやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスがスイスでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。古くから… »STORY

平山昌尚/アーティスト|PAPERSKY INTERVIEW

今年の6月から1ヶ月にわたり、チューリヒの出版社「Nieves」で新作の展覧会を開いたアーティストの… »STORY

アーティスト・佐々木愛さんとスイスの風景のなかへ

「画家が描いた風景を訪ねることは初めての経験でした。スイスの壮大な景色を目の前にすると、画家たちは何… »STORY

スイスの風景のなかへ、エスケープ|Editor’s Note #54

PAPERSKYはまちがいなく、スイスが好きだ。手つかずの湖、雄大な山、健全な森、愛らしいワイルドフ… »STORY

PAPERSKY #54 SWISS | LANDSCAPE ART スイス特集号 発売!

7月30日発売の「PAPERSKY」54号は、スイス特集。アルプスの麓、スイスには、画家たちを魅了し… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|スイス編

次号PAPERSKYの特集の地は、スイス。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundt… »STORY

Grand Hôtel Suisse Majestic|眺めのいいスイスのホテル 4

Grand Hotel Suisse Majesticは、アーティストのフェルディナント・ホドラーが… »STORY

name
ゴッタルド・ベース・トンネル
place
スイス

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.