Menu Links
  • Smartwool×PAPERSKY WHOSE SOCKS?

Smartwool×PAPERSKY WHOSE SOCKS? vol.19 YUKIさん

, 2016/12/02

本誌との連動企画「Smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温性にすぐれたスマートウール社のソックスを、毎号、アウトドアやスポーツ等、さまざまな分野でご活躍の方々に履いていただき、本誌ではゲストの足下の写真だけを掲載、それが誰の足かを想像し、ウェブサイトでゲストを紹介するといった企画です。

smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?
ANSWER:バイシクルメッセンジャー 小川有紀(YUKI)さん

今回のゲストは、東京を拠点に活動する、バイシクルメッセンジャーのYUKIこと、小川有紀さん。2009年に初出場したメッセンジャーの世界大会「Cycle Messenger World Championships(CMWC)で、女子の部2位、混合でも16位という偉業を成し遂げたYUKIさんは、現在もメッセンジャーという立場で新たな表現を模索し続けています。そんなYUKIさんに、メッセンジャーという職業との出会い、そしてこれまでの活動についてうかがいました。

「小学生の頃から自転車で出かけるのが好きで、校区外に出ることは禁止だったんだけど、よく遠くまでひとりで出かけてました。中学高校の頃も自転車で行ってはいけない繁華街まで映画を見に行ったり、大学時代にはママチャリで京都から日本橋まで自転車で走ったこともありました。とはいえ、大学は美大に進学して、打ち込み系の音楽をやってたんですよ。中学の頃からテクノばかり聴いてて、卒業後も音楽の世界でやっていこうと思ってて。遊びといえば友人とクラブに行ったり、インドアでした」

スポーツやアウトドアには無縁で、汗をかくことはかっこ悪いと思っていたというYUKIさんですが、たまたま手にしたインタビュー記事の言葉に触発され、これまでの暮らしとは180度異なる、メッセンジャーの世界へと転身していきます。

「友人からもらった雑誌にDMBQの増子真二さんのインタビューが載ってて、そこに『自分には後悔してることがある。それは学生時代に友人たちとキャンプとかアウトドアをしてこなかったことだ』って書かれていて、ちょっと驚いたんですよ。でもその言葉が妙にぴんときて。当時、フリーでデザインの仕事もしていたんだけど、何か体を動かす仕事をしてみようかと思うようになって。そんな時にギャラリーで働いてた先輩から、メッセンジャーとして働きながらアーティストをしてるっていう方の話を聞いて、そこで初めてメッセンジャーという職業のことを知りました。自転車に乗ってお金もらえるなんてすごいなって。ちょうどその頃、新しく立ち上げる会社でスタッフの募集があって、その会社に採用されてメッセンジャーを始めることになりました」

1日に平均100km、多い時期で200kmという距離を走り続けるなかで、新たな自分に出会い、新たな仲間も増え、メッセンジャーという職業を通じて、そのフィールドは世界へと広がっていきます。

「少しずつ道を把握していく感覚って、自分を知っていくような感覚なんですよ。それにずっと自転車こいでアドレナリンが出るからか、この業界の人たちってみんな元気でニュートラル! 美大のときは内にこもって制作することが多かったからか、鬱っぽくなる人が多かったんですけど、この世界はまったく違っていて。それと私がメッセンジャーを始めた2005年は、ニューヨークでメッセンジャーの世界大会が開催された年で、おもしろそうだから遊びに行ったんです。そしたら世界中から何千人っていうメッセンジャーが集まってきてて、レースだけじゃなくてアートショーも開催されてて。そこでMADSAKIさんの作品にも出会って、NYでメッセンジャーしながら表現活動している日本人がいるってことにも驚きました。それで自分も世界大会に出たいと思うようになって、帰国後すぐにピストを組んでもらい、国内のレースに参加するようになりました。」

その後、世界大会を目指すメッセンジャーが多く在籍する会社に移籍したYUKIさんは、国内レースに積極的に参加して実力をつけ、2009年に東京で開催された世界大会に出場することに…

「NY以降、ずっと世界大会を目標にしてたんですけど、同じ会社に世界大会に出たい人がたくさんいて、入ったばかりの私にはチャンスが回ってこなかった。でも2009年に東京で開催されることが決まって、ようやく出させてもらえたら女子の部で2位、混合でも16位になって、それからは毎年、世界大会に行かせてもらえるようになりました。ガテマラ、ワルシャワ、マドリッド、ベルリン大会にも出たかな。そこで世界中のメッセンジャーに会ううちに仲間も増えて、言葉は通じなくても自転車という共通したものがあるだけで通じ合えて。そこにはひとつのカルチャーがあって、国とか人種とかの境界線がどんどんなくなっていって、世界はひとつっていう視点を持てたのも大きかったですね。」

昨年からは、旧友が立ち上げたメッセンジャー会社「HÜBNER」に所属し、走るだけでなく新たな活動もスタートさせた。

「今年で2年目になるんですけど、メッセンジャーのヌード写真カレンダーを制作しているんですよ。女の私が監修することになって、写真家の中山正羅くんがHÜBNERのメッセンジャーを撮るっていう。全国の自転車ショップにスポンサーしてもらって、今年は展覧会までさせてもらえて。メッセンジャーの世界っていまだに男性がほとんどなんだけど、女でもこういう仕事ができるってことを伝えたいし、今は社会的なアプローチって意味でも続けているんだと思う。自分の脚を使って、人から人へ物を届けるって、人にとってあるべき姿というか、確かなことをやってるって思うから、そういう意味でもこの仕事を知ってほしいし残していきたいって思いますね。今はカレンダーで忙しいけど、時間ができたらメッセンジャーをテーマにした大人向けの絵本を描いてみたいって思ってます。」

最後に、普段から愛用されているというスマートウール製品について聞かせてください。

「スマートウールはいろいろ愛用してますよ。ケミカルなものは臭くなっちゃうから、ウールがやっぱりいい。食べ物と同じで、体を動かすようになって、より自然に近いものを求めるようになった気がします。スマートウールは、ソックスだけじゃなくて、インナーやネックウォーマーも使ってます。伸縮性もあって体にフィットして、通気性もいいし。私たちの仕事って半端なく汗をかくから、ナイロンとか通気性が悪いと蒸気が溜まってきちゃって大変なんです。だから肌に近いところは、できるだけ天然素材のものにしています。」
 
*本連載「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」は、今回が最終回となります。長い間、ご愛読くださり、ありがとうございました。

これまでのWHOSE SOCKS? インタビュー一覧はこちら。
http://www.papersky.jp/tag/whose-socks/
 
smartwool
<ソックス紹介>
ウィメンズ PhDアウトドアミディアムパターンクルー
¥2,916(税込)

足首と土踏まずに4ディグリー・エリートと呼ばれるサポートシステムを採用することで、本格的なアウトドアユースでの足の動きを安定させてくれるPhDシリーズ。ストレッチ性とフィット感に優れ、女性の足に合わせた細めのデザインです。登山などのアウトドアではもちろん、かわいらしいデザインなのでデイリーユースとしてもお使いいただけます。

サイズ: S、M
カラー: トウプ、ライトローデン(写真)
素材: メリノウール62% ナイロン36% ポリウレタン2%

» smartwool

Tags: ,









AIRPLANE PAD|PAPERSKY STORE

ALASKA BUNGU × PAPERSKYの紙飛行機が折れるレターパッド。書き味も心地よく、旅先… »STORY

石川直樹写真展「この星の光の地図を写す」

写真家・石川直樹さんの写真展「この星の光の地図を写す」展が、東京オペラシティにて1/12(土)より開… »STORY

旅のお香 トラベルインセンス|PAPERSKY STORE

旅のお香をケースに入れて持ち歩けるようになりました。見知らぬ旅先のお部屋でも、お香を焚いてリラックス… »STORY

Papersky New Mexico Fair @ Daikanyama Tsutaya

1月10日(木)〜1月31日(木)、代官山 蔦屋書店の2号館にて、PAPERSKY 58号「ニューメ… »STORY

アイウェアストラップ |PAPERSKY STORE

halo commodity × PAPERSKYの、アクティブに動く人にとって‘視界良好’なアイウ… »STORY

ミニベル Maharani Noah Bells|PAPERSKY STORE

古くからインドでハンドメイドされてきたノアベルは、今では数少ない伝統的なアイテムのひとつ。昔は多くの… »STORY

ほんものの江戸を味わう|PAPERSKY Japan club

江戸の味といって思い浮かべるものは何だろう。寿司、鰻、天ぷら、そば、まあ大方そんなところだろうか。そ… »STORY

PAPERSKY All-Weather Sticker|PAPERSKY STORE

PAPERSKYの紙飛行機ロゴをかたどったオリジナルステッカー。防水性だから、雨や水に濡れてもはがれ… »STORY

福田春美 ライフスタイルブック「ずぼらとこまめ」

ブランディングディレクターの福田春美さんによる著書「ずぼらとこまめ」が出版されました。ライフスタイル… »STORY

フラットポーチ|PAPERSKY STORE

持ち物をスマートにまとめて運べ、カバンの中で整理しやすいフラットポーチ。目的や用途に合わせて立体的に… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.43 Chocolat

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

ライトタオル | Light Towel & Scarf | PAPERSKY STORE

PAPERSKY × MOKUのライトタオル。薄くて軽いのに、吸収・速乾性にすぐれ、ふっくら柔らかく… »STORY

Fisherman’s Beanie フィッシャーマンズ・ビーニー

otopukeknit × PAPERSKYのフィッシャーマンズ・ビーニー。耐久性があり、ハリと柔ら… »STORY

野村美丘「わたしをひらくしごと」インタビュー集 発売

ライターの野村美丘さんによるインタビュー書籍「わたしをひらくしごと」に、編集長ルーカスのインタビュー… »STORY

かまわぬ浅草店「藁の道」

手ぬぐい専門店「かまわぬ」の浅草店で、12月7日(金)からイベント「藁の道」が開催されます。 … »STORY

Around the World Pants|PAPERSKY STORE

DEEPER’S WEARとPAPERSKYがコラボしたブラックジーンズ。撥水加工で水や汚れを弾くの… »STORY

山と道 サコッシュ|PAPERSKY STORE

U.L.ハイクを提唱する「山と道」のサコッシュ。ブルーとホワイトを組み合わせた、PAPERSKYオリ… »STORY

Pegs & Pens Case|PAPERSKY STORE

Hariyama Productions × PAPERSKYのペグ&ペンケース。テントを建てるため… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅「ツール・ド・ニッポン」本誌掲載コラム

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン」は、その土地に暮らす人や、その土地に根ざした手仕事・文化と… »STORY

ニットキャップ World Post Edition|PAPERSKY STORE

冬の寒さに負けないMADE IN USAのニットキャップ。上質なウール(85%)とリサイクルのナイロ… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.24 AFRA

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

A Different Way To Travel Tシャツ|PAPERSKY STORE

流れるような細い線で円弧を描いたグラフィックに、PAPERSKYのコンセプト『A DIFFERNT … »STORY

SAFE TRAVEL お守りステッカー|PAPERSKY STORE

お守り型のステッカー。日本や世界をめぐる旅の道中には、いつも危険やトラブルがつきもの。そんな旅人の安… »STORY

Camtray × PAPERSKY トラベルトレイ

CAMBRO社のCamtray × PAPERSKYの旅トレー。丈夫で耐久性に優れ、トレー中央に描か… »STORY

トラベルタンブラー|PAPERSKY STORE

KINTO × PAPERSKY のトラベルタンブラー。高品質のステンレス製で、ストレスフリーの飲み… »STORY

ネックピロー|PAPERSKY STORE

Eagle Creekのネックピローは、軽くて持ち運びに便利で、長時間のフライトでも快適に睡眠を楽し… »STORY

place
東京

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.