Menu Links
  • Photography: Ryo KenjoPhotography: Ryo Kenjo
  • Photography: Ryo KenjoPhotography: Ryo Kenjo
  • Photography: Ryo KenjoPhotography: Ryo Kenjo
  • Photography: Ryo KenjoPhotography: Ryo Kenjo

アップステートで生まれた東海岸流「EAT GOOD」カルチャーを巡る

, 2016/08/12

元来「アップステート」とはニューヨーク州の北部・中部・西部地域、つまりニューヨーク市とロングアイランドを除くすべての地域のことを指す、ごくゆるやかな呼び名だった。が、ここ数年、ニューヨーカーたちがしきりに口にするアップステートは少し意味合いが違う。それはほとんどの場合、マンハッタンから車で北へ2時間。ハドソン川の両岸に広がる「ハドソンバレー」一帯を指している。

マンハッタンの西、ハイラインから見えるハドソン川。かつて氷河だったこの大河は、両岸の山肌をえぐり取るように約400km北のアディロンダック山地まで後退し、その途中に美しい渓谷をつくった。それがマンハッタンから約50〜250km北のハドソンバレーと呼ばれるエリアだ。山の養分をたっぷりふくんだ水とそれがつくる肥沃な土壌は東海岸随一ともいわれ、古くから農業や酪農がさかんに行われてきた。アメリカ初のワイナリーがつくられたのも、ハドソンバレーなのだ。

そんな一大農業地域にニューヨーカーの目が向き始めたのは15年ほど前。発端はニューヨーク郊外、ウェストチェスターの田園につくられた「Blue Hill at Stone Barns」というレストランだった。シェフのダン・バーバーはバークレーの「Chez Panisse」出身。食材を自給自足するという農場直結型のスタイルを提案し、東海岸の「Farm to Table」の先駆け的存在となった。

その後、マンハッタンやブルックリンにもFarm to Tableの意識が浸透し、肉や魚、乳製品、ワインなどローカルな食材に注目が集まるようになる。その供給地の代表がハドソンバレーというわけなのだが、ここ数年、ニューヨーカーたちがこぞってそのハドソンバレーに移住を始めているらしいのだ。そしてその多くが20〜30代というから驚く。

「この10年でハドソンバレーエリアの農家の数は約5倍になりました。ほとんどは農業経験のない若い世代で、マンハッタンやブルックリンなどからの移住者たち。アーティストから農家に転身するケースも目立ちます」
と語るのは、ハドソンバレーエリアの食文化を発信する地元フードカルチャー誌『edible magazine』編集長のエリック・スタインマン氏。その大きな要因はブルックリンの地価の高騰だという。15年ほど前、不動産高騰によりマンハッタンを脱出したアーティストたちが、ブルックリンでまったく新しいカルチャーを生み出したのは知られるとおり。それと同じ現象が、ブルックリンから郊外へというベクトルで起こっているのだ。

「都市で根づいたFarm to Tableの意識に加え、若者の間には『自分の手で何かを生み出したい』、『土地に根を下ろして暮らしたい』という、より身体的で実感を伴ったライフスタイルが波及していることもあり、農業に注目が集まっています。最近は移住してくるシェフも多く、農場直結型レストランがスタンダートになりつつあります。ここではもうFarm to Tableという概念は過去のもの。だってテーブルがファームのなかにあるようなものですから」(エリック氏)。

西海岸から端を発し、ポートランドを経て東海岸へ広がったFarm to Tableという一大ムーヴメント(日本でも継続中)。地価の高騰という一見ネガティブな理由で都市から押し出された若者たちが、そのムーヴメントをさらに新しい形で進化させているなんて。さすがニューヨーカー、ポジティブなクリエイティビティからアプローチすれば、農業だってクールな表現手段のひとつになるということを、彼らは身をもって証明しているのだ。

昨今、日本でも郊外や地方暮らしに注目が集まりつつあるが、若者が農業に新規参入する壁はまだまだ厚いと聞く。その壁を軽やかに、かつ人生をより豊かにしながら越えていくアップステートの若手ファーマーの生き方には、これからの農業における新たな捉え方のヒントがあるに違いない。

» PAPERSKY #51 Upstate New York | Farm & Table Issue

Tags: ,









Photography : Erin Lindsey

マニトウ自然保護区の森を巡るトレイル|Train to Trail (3)

マニトウ自然保護区は、ハイキング初心者や、ゆっくりハイキングを楽しみたい人におすすめのスポット。ニュ… »STORY

Photography : Erin Lindsey

絶景を求めてブレイクネック・リッジを歩く|Train to Trail (2)

ブレイクネック・リッジは、コールド・スプリングス地域で最も人気のあるハイキングスポットのひとつ。人気… »STORY

SUE KWON

SUE KWON|NYの写真家たち(5)

10代にパリで見たセバスチャン・サルガドの個展が、写真をはじめるきっかけに。「サハラ砂漠の飢饉の被害… »STORY

Photography : Erin Lindsey 

ハドソンバレーの最高峰、ビーコン山へ|Train to Trail (1)

週末になるときれいな空気を求めて、ブルックリンからアップステートへ。車の代わりに公共交通機関をフル活… »STORY

David Horvitz

DAVID HORVITZ|NYの写真家たち(4)

2冊めの著作『Everything That Can Happen In A Day』が刊行。たとえ… »STORY

Peter Sutherland

PETER SUTHERLAND|NYの写真家たち(3)

父親を亡くして自分を持て余していた時期に、カメラを手に取ったことが写真をはじめるきっかけになった手づ… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

Table on Ten 地元農家が集う、キャッツキルのハブ・ステーション

キャッツキル山地の北側。曲がりくねった道をえんえん走ったところにあるブルームビル。過疎化が進み、人口… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

Swoon Kitchenbar アップステート・フードカルチャーのパイオニア

アップステートの取材中、農家でもレストランでもよく耳にした「Swoon」という名のレストラン。誰もが… »STORY

Photography: Ryo Kenjo, Peter Barrett 

Lady Jayne’s Alchemy ガーデンから生まれる、奥深い発酵の世界

すべての始まりは、自宅でつくった手製のビネガーだった。知るほどに奥深さを増す「発酵」の世界に魅せられ… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

Murray’s 気鋭のデザインカフェが、19世紀の教会に出現!

チボリはジャーマンタウンの少し南に位置する町。ランドマークはアート関係を志す学生が集うバード・カレッ… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

NYの日常に花をもたらすフラワーファーム|Saipua Flower Farm

2006年、ブルックリンにオープンした生花店「Saipua」。葉物や枝物を取り入れたリラックス感のあ… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

Gaskins 小さな街に灯りをともす「みんなの食堂」

月曜日の午後6時。週始めというのに、「Gaskins」のテーブルはテラス席まで満席だ。訪れているのは… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

「コーポラティブ・ファーム」という考え方|Letterbox Farm Collective

ハドソンのファーマーズマーケットで、ひときわ明るい雰囲気を放つブースを見つけた。店に立つのは全員20… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

Black-Eyed Suzie’s 地元農家を知り尽くしたオーガニックカフェ

ハドソンバレーの農家について知りたいなら、「Black-Eyed Suzie's」に行けばいい。そう… »STORY

8bf2e97e405fa49e0b620b9a10776ebd

PAPERSKY Interview 佐久間裕美子/ライター

アメリカに留学し、そのまま居ついて、早くも人生の半分。そのほとんどをニューヨークで過ごしながら、だん… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

Fish & Game 地元食材から学び、変化する。進化系ファインダイニング

今、ハドソンで最も予約の取りにくいレストランを挙げるとすれば、まちがいなく「Fish & Game」… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

Phoenicia Diner 農場直結! 新しい時代のダイナー

豊かな自然が残るキャッツキル自然保護区に「マンハッタンから車を飛ばしてでも行きたい!」と話題のダイナ… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

老舗ファームも柔軟に進化中!|Samascott Orchard

別名「ビッグ・アップル」と呼ばれるニューヨークシティ。その由来は、ニューヨーク州におけるリンゴ生産量… »STORY

papersky + 10 city maps

マップでめぐるブルックリン|+10 City Maps No.18 Brooklyn

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第18弾はニュ… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

兄妹で切り開く 、新しい酪農の可能性|Chaseholm Farm

かつてハドソンバレーは畜産や酪農もさかんな地域だった。が、この30年で全米の畜産・酪農家は一気に大規… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

「複合農家」という新しいファームの形|Made in Ghent

「これが地図だから、自由にまわって」。と渡された手書き地図。歩き始めるとどこからともなくアヒルたちが… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

アートからファームへ。華麗なる転身|Star Route Farm

キャッツキルはかつて農業で栄えたエリア。高齢化などにより一度は廃れた農業を近年、若い農家たちが復活さ… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

料理研究家・山戸ユカさんと旅するニューヨーク・アップステート

近年、ニューヨークの都市部から若手農家が続々と移住しているというアップステート。マンハッタンから電車… »STORY

papersky store

編集長ルーカスが選んだニューヨーク・アップステートみやげ

編集長ルーカスがニューヨーク・アップステートでみつけた旅のおみやげを、PAPERSKY STOREに… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

最高にバランスのとれた暮らし|Editor’s Note #51

ニューヨークと聞くと、たいていの人はマンハッタンの高層ビル群やブルックリンのヒップスターをイメージす… »STORY

Photography: Ryo Kenjo

PAPERSKY #51 ニューヨーク・アップステート FARM & TABLE 特集

7月30日に発売される『PAPERSKY』51号の特集は、「ニューヨーク・アップステート FARM … »STORY

place
ニューヨーク・アップステート

© 2008-2017 Knee High Media. All Rights Reserved.