Menu Links
  • Photography: Yasuyuki Takagi
  • Photography: Yasuyuki Takagi
  • Photography: Yasuyuki Takagi
  • Photography: Yasuyuki Takagi

Tevaと歩きだそう、日常のアウトドアへ

, 2016/05/18

リオのビーチを歩けば、カリオカたちのライフスタイルが見えてくる。目の前のビーチをうまく活用し、生活に潤いを注入する彼らの流儀。人生も旅ももっとおもしろくできる。そのヒントがこのビーチには隠れているようだ。

休日だけでなく、平日でも住民たちでいっぱいになるリオの華やかなビーチ。白く細かい砂を踏みしめていると、数々の逸話が自然と思い起こされる。例えば、トム・ジョビンとヴィニシウス・ヂ・モライスはイパネマビーチの並びにあったバーで、実在の女性のエロイーザに着想を得て、歴史に残る名曲『イパネマの娘』を完成させた。ホベルト・メネスカルは海での釣りとヨットをこよなく愛し、波や潮騒をテーマに数々の曲をつくり続けている。

まわりを見渡せば、カリオカたちが人生をどう楽しんでいるのかがよく理解できる。もちろんサーフィンやスイミングを楽しむシーンは見られるが、浜の上でまったりというのが彼らの基本型。ただひたすら恋人や仲間たちと語らったり、手持ちのランチを楽しんだり、本を読んだり。海水浴場というより、まるでキャンプ場といったほうがしっくりくるようなたたずまいなのだ。近くに住む家族連れの女性、マヌエラは連日のようにここ、イパネマで昼の時間を楽しんでいるという。
「リオほど、都市の機能と海や山の自然が調和した場所はなかなかないと思う。カリオカは少しの時間も楽しむことを忘れない。だから暇さえあれば、イパネマやコパカバーナのビーチに出ることが多い。私は家や店のなかでランチを食べるより、太陽を浴びながらビーチで食事するほうが好き。これだけ砂が広がっているんだから、できるだけ使わないともったいないでしょう」

こういう風景を見ていると、東京での生活がちょっとプアに思えてきてしまう。毎日、あくせく働きながら平日を犠牲にし、そのうっぷんを晴らすように、休日には混雑した観光地へ出かけるというスタイル。それはそれで仕方ない部分はあるが、少しの思いつき、少しの行動力で日本でも、都市生活はもっと豊かにできると感じる。たとえば、東京の街なかにだって緑の多いスポットはたくさんあるだろう。ほんの少しの時間さえあれば、最小限の装備でこうしたスポットを活用することだってできる。そう、キーワードは「Urban Outdoor」だ。毎日の生活にアウトドアでの癒しを注入し、平日でも遊び心と自然を楽しむマインドを忘れない。短い時間のランチだって、午後のリラックスタイムだって、太陽の下で過ごせば気分がいい。リオのビーチを歩きながら、そんな当たり前のことが頭に浮かんだ。

1984年、世界で初めてスポーツサンダルを世に送り出したTEVAは、ここリオでも多くのカリオカたちに愛されている。水着でも普通に飲食店に出入りし、余計なものを持ち歩いてトラブルに遭わないようにと、驚くほど誰もが軽装だ。ちょっと見渡せばわかるように、基本的には、水着とサンダルと少々のアクセサリーがカリオカたちのユニフォーム。これだけで十分、ファッショナブルなルックスを完成させてしまうのだ。そんな彼らにとって、サンダルのデザインはとても重要。足もとだけに注目していると、じつにセンスのいいサンダル選びをしているかがよくわかる。ここでは、砂浜だけでなく、タイルやコンクリート、階段やぬかるみでも軽快に歩けるサンダルが絶対に不可欠。クッショニングやグリップ、もちろんモダンなデザイン性も備えたTEVAは、まるでスニーカーのように万能のシューズとして広く利用されていた。

リオに滞在して日が経つにつれ、この街の人々がもつスピリットが、体と頭に染み込んでくる。自由を愛し、すべてをポジティブに受け止め、少しの時間でも楽しむことを諦めない。そんな彼らから日本人が学ぶことは少なくないだろう。自分のスタンス次第で、日常のなかにも驚きや発見と遭遇するチャンスは増え、人生は豊かになっていく。それを実現する秘訣は、やっぱり外へ出ること。深い森がなくても、広大な海がなくても、日々の生活に自然の潤いをもたらすことはできるのだ。リオのビーチにいながら芽生えた、ちょっとした思いつき。帰国したら、日本での生活がもっと楽しくなるような気がした。
 
» PAPERSKY #50 Rio de Janeiro | Bossa Nova Issue

【Teva DIY Campaign 世界でたったひとつのTevaをつくろう!】

誕生当初より「自由を愛し、人生を豊かにする」というブランドビジョンを掲げてきたTeva。そんなTevaがスポーツサンダルを自分の好きなようにカスタマイズできる、Teva DIY(Do-It-Yourself)キャンペーンが開催されています。Teva DIY特設ページでは、国内外のファッショニスタ達によるTeva DIYの紹介や、世界中の#Teva DIY作品を紹介。店頭では、実際にTeva DIYを体験できるイベントを都内数店舗で開催します。キャンペーンに関する詳細は公式サイトをご覧ください。

5月28日(土)・29日(日) オッシュマンズ新宿店 開催時間:11:15-18:15(最終受付)
予約受付:5/29(日)まで  住所:東京都新宿区新宿3-37-1 Flags 5F/6F TEL:03-3353-0584 営業時間:11:00-22:00

Teva
jp.teva.com

Tags: , ,









Sounds Of Petrópolis ペトロポリスの音楽家たちを訪ねて

リオの中心部から車で1.5時間。ペトロポリスの山々は、古くからカリオカたちにとって大切な場所だったと… »STORY

ボサノヴァが辿った道のり。”聴く”ためにつくられた新しい音楽

ルイ・カストロは世界で最も深く、ボサノヴァについて研究した人物のひとり。そんな彼に、この音楽が誕生し… »STORY

マニアもうならせる、充実したラインナップ|Vinyl Digging in Rio (4)

エイトール・アラウージョは、20年前に友人のレコードコレクターと3人でこのショップを始めた。店を構え… »STORY

明日へ向かう、ブラジル音楽。伝統と革新をつなぐ、静かな野心

過去へのリスペクトと、未来への希望。ふたつの想いを胸に秘め、独自の道を模索する、リオ在住の若き注目ミ… »STORY

歴史と伝統を感じさせるイパネマの老舗|Vinyl Digging in Rio (3)

25年前にスタートしたこのショップは現在、イパネマで最も古いレコード店として人気。作曲家、プロデュー… »STORY

創造のカギは、吸収と、集積と、融合のセンス|Daniel Jobim

僕らが次に会ったのは、トム・ジョビンの実孫であるピアニストのダニエル。彼が間近で見たジョビンの創作活… »STORY

To The Coffee Valley リオの繁栄を物語る、コーヒーの谷へ

ブラジル経済を支え続けるコーヒー豆の生産。その中心地はかつて、リオの山々にあった。18世紀、香り高い… »STORY

ジャンルの壁を飛び越える、ボサノヴァ的手法|Celso Fonseca

リオのなかでもひときわ、上品なムード漂うレブロン。ここはジョビンをはじめ、マルコス・ヴァーリ、エドゥ… »STORY

リオの音楽に特化した、硬派なショップ|Vinyl Digging in Rio (2)

50年代後半から60年代初頭のリオでは、ベッコ・ダス・ガハーファス(酒のボトルの袋小路)と呼ばれる通… »STORY

今も受け継がれる、ジョビンのスピリッツ|Jaques & Paula Morelenbaum

ジャキス・モレレンバウムはブラジルを代表するチェリストであり、作曲家。彼がヴォーカリストのパウラと結… »STORY

音だけでなく、文字でも音楽を楽しんで|Vinyl Digging in Rio (1)

「ショーロ、サンバ、ジャズ、クラシックと、国籍、ジャンルは問わない。かといってスペースは限られている… »STORY

ボサノヴァの新たな可能性を拓いたディーバ|Joyce Moreno

「女性の地位向上が私の音楽のテーマ。ブラジルではまだまだ女性の立場が低く見られていると思う。そのため… »STORY

リオの海から始まった、創造の物語|Roberto Menescal

ボサノヴァ創世のストーリーには諸説ある。その真実を確かめに、僕らはホベルト・メネスカルを訪ねた。複雑… »STORY

マップでめぐるリオデジャネイロ | +10 City Maps No.17

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第17弾は南米… »STORY

ボサノヴァを支える、ポジティブな思考|João Donato

ボサノヴァとはどんな音楽か。その問いをリオの音楽家たちに投げかけると、必ず出る単語が「ブラジリダージ… »STORY

リオで生まれた世界的な発明。ボサノヴァ的ミクスチャーの美学

「私たちブラジル人は小さいころからとにかく“楽しむ”ことで、サッカーのスキルを磨いていく。空き地に子… »STORY

リオデジャネイロをテーマに歌う naomi & goro『RIO, TEMPO』

ブラジルの旅特集にあわせて聞きたい、リオデジャネイロをテーマにしたアルバム 『RIO, TEMPO』… »STORY

旅のパートナー・伊藤ゴローさんと巡るブラジルの旅

1950年代後半、リオデジャネイロで革新的な音楽が生み出された。太陽と海と山々の緑、人々の情熱によっ… »STORY

編集長ルーカスが選んだブラジルみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがブラジルでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに入荷しています。写真… »STORY

ボサノヴァ=新しい感覚|Editor’s Note #50

ブラジルの人々は、ブラジルが潜在的に楽園になる可能性があると信じてきた。おそらくそれは、すばらしい景… »STORY

PAPERSKY #50 リオデジャネイロ・ボサノヴァ特集 発売!

4月30日に発売される『PAPERSKY』50号の特集は、「ブラジル・リオデジャネイロ」。1950年… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|リオデジャネイロ編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」のリオデジャネイロ… »STORY

place
リオデジャネイロ

© 2008-2020 Knee High Media. All Rights Reserved.