Menu Links
  • Photography: Yasuyuki TakagiPhotography: Yasuyuki Takagi

旅のパートナー・伊藤ゴローさんと巡るブラジルの旅

, 2016/05/06

1950年代後半、リオデジャネイロで革新的な音楽が生み出された。太陽と海と山々の緑、人々の情熱によって育まれた音楽はいつしかボサノヴァと呼ばれ、世界中のリスナーを夢中にさせていく。そんな歴史の痕跡を確かめに、ブラジルを目指した。パートナーは音楽家の伊藤ゴローさん。1日に何杯もの珈琲を飲みながら、ボサノヴァの精神を探る旅は続いていく。

ボサノヴァといえば海辺で聞くもの。といったステレオタイプなイメージが、多くの日本人には定着しているだろう。砂浜の感触、太陽のヴォルテージ、潮の香り。リオの海辺を歩いていると、ボサノヴァのメロディと歌詞がどれだけこの街にフィットしているか、すぐに気づける。ただ、事実はそうシンプルでもない。1950年代後半、たしかにボサノヴァはこの街で生まれた。でも、この革新的な音楽は、海辺の恋やブラジル人特有のサウダージ(郷愁)を気持ちよく聞かせるためだけに、つくられたものではなかった。その創造の核心に存在したスピリッツ、今もリオに受け継がれるボサノヴァフィーリングとはどのようなものか。そんな好奇心のアンテナをセットし、僕らは熱気の充満する街をひたすら巡った。毎日のように、ボサノヴァを愛し続けるミュージシャンたちに会い、活気溢れるレコード店を探索し、汗にまみれれば目の前の海へ。そんな日々を続けている間に、頭のなかにこびりついていた先入観は溶け去り、ボサノヴァの響きが以前とは異なる感触で耳に届くようになっていった。洒落た響きをもつ旋律は、不協和音の集積であったり、突飛な転調の連続であったり。ナチュラルで心地よいと感じていたメロディラインが、じつは斬新な音符の選択や曲全体の複雑なデザインによって構成されている。よく聴き込めば、リズムだってサンバやジャズをにおわせるパターンが感じられるし、音の流れのなかにはクラシックの要素さえ垣間見える。乱暴にまとめれば、ボサノヴァとは混沌としたさまざまな断片を芸術的なまでに融合させ、心地よく仕上げるという美学そのもの。僕らの出会ったすべてのミュージシャンが、この音楽の複雑性とミニマリズムを強調し、ナチュラルで人間味溢れるその曲調を、カリオカらしい音楽、と表現した。

ともに旅した伊藤ゴローさんもボサノヴァの不思議な香りに誘われ、キャリアを積み重ねてきたミュージシャン。10代前半のころにこの音楽に初めて触れ、以来、自分だけのオリジナリティを求めて続けてきた。

「中学生のときに僕のなかでブームが起きて。学校で自分にあだ名をつけるという機会があって、僕はそのとき、ボサノヴァと名乗ったくらい(笑)。明るい曲調なんだけど悲しくもあるし、なんだか泣き笑いのよう。タイトルにしても『おいしい水』なんて少し変わってるし、歌詞の耳障りもいい。なんだか全体の不思議な空気に惹かれたんですよね」

その後、クラシック、ロック、ソウルやケルトなどの伝統的な音楽やさまざまな音に触れ、演奏を続けてきたゴローさん。社会人になってしばらくは音楽と縁のない仕事をしていたものの、20代後半、本格的に音楽の道へ入っていく。

「ボサノヴァの世界を知りたい、解明したいという純粋な気持ちからスタートした。人に教わるのが嫌いなので、ひたすらレコードを聴いてね。そんな時間のなかで、最初の印象はビーチで聞く気軽な感じだけど、じつはハーモニーが緻密で繊細だなとか、トム・ジョビンの曲からはクラシックやジャズも感じられるなとか、結果的に音楽の基本的なことをボサノヴァから吸収し、再確認していったんです。たとえばジョアン・ジルベルトは自分のギターと歌だけでひとつの世界をつくろうとしていた。しかも普通の音楽家の何倍も時間をかけて仕上げていく。それはまるで木をコツコツと彫り続けて、行き着いたのはまったく予想のつかなかった彫刻といった感じ。誰に聞かせるともなく、少しずつ曲を自分のものにしていくのが僕も好きだったから、彼のようなスタンスに共感できた。ブラジル音楽をそのままなぞろうとは思ってなかったし、自分だけの音楽を突きつめたかった。だからブラジルに初めて来たのも40歳を過ぎてからなんですよね」

リオを訪れたのは今回で4度目。毎回、この街のミュージシャンとジョイントし、レコーディングするための旅だった。ブラジルのミュージシャンとのセッションでは、いつも多くの気づきが舞い降りるというゴローさん。とりわけ大きな影響を受けたのは、リオに住むギタリストのマリオ・アヂネーだった。ジョビンやジョアンの精神を受け継ぎながらもオリジナルの音楽を模索するその姿勢に、刺激と確信を得たという。

「彼の家で一緒にギターを弾く機会が何度かあった。ここはこうして弾くんだとか、なんでそんなことができないのかとか言われながらね(笑)。まるでサッカーのパスまわしのような時間が続いて僕が感じたのは、自分ならこうやって弾くというマリオの強い気持ち。彼らブラジルのミュージシャンは自分らしい表現には妥協しないし、そこにこそすべてを懸けている。そして、サッカーと同様、人のできないことをスマートにスピーディにやるという彼らの美学を、リオでの演奏ではいつも感じるんです。特にボサノヴァにはそういう精神が色濃く反映されているんじゃないかな。どこにもない新しいものをシンプルにつくっていくという意志。それを達成できた人を賞賛するというのがブラジルの文化ですよね」

そんな会話を交わしながら、僕らは次から次へとミュージシャンに会う。待ち合わせは決まってそのエリア自慢のカフェだった。注文するのは、たっぷりの砂糖を加えて飲むブラジル特有のエスプレッソ、カフェジーニョ。とびきりの甘さを感じながら、店内で演奏するバンドの音に聴き入る。編成はフルートにギター、タンバリンのようなパンデイロ、そしてカヴァキーニョと呼ばれる弦楽器だ。彼らが奏でるのはリオで誕生した音楽、ショーロ。19世紀にポルトガルから伝来したクラシック音楽をもとに、カリオカたちがつくったひとつの発明だ。コーヒーを口にしながらゴローさんは言う。

「リズムを感じればわかるけど、ボサノヴァの誕生にはショーロもヒントになってる。リオでは世代を超えて今でも聞かれているよね。カリオカたちはボサノヴァだって、サンバだって、この街で生まれたいい曲なら時代を問わず、共有してる。それも誇らしげに。そういう部分がうらやましいし、リオにいるといっそう、自分らしい音楽、日本人にしかつくれない曲を追求しなきゃと、自分の方向性を確認できる」 

そして僕らはリオの喧噪を離れ、車で約1時間30分、ペトロポリスの丘を目指した。19世紀、コーヒー生産の中心地として繁栄した古都。ジョビンが別荘を構えたことでも知られる森の奥深くへ。カリオカたちは何を見て、聞いて、感じ、革新的な創造を成し得たのか。リオの街が発する鼓動をたしかに意識しながら、旅は続いていった。
 
伊藤ゴロー | Goro Ito
音楽家。青森県生まれ。ジョアン・ジルベルト直系と言われるボサノヴァデュオnaomi & goroとして、また、ボサノヴァフィーリングを感じさせる独自の音楽を追究しながら、クラシック、ロックと幅広くジャンルを横断。自身の楽曲だけでなく、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏らとの共演や映画音楽、原田知世他のプロデュース、詩人・平出隆との活動も行う。ブラジルのミュージシャンとも親交が厚く、ジャキス&パウラのモレレンバウム夫妻との共演は海外でも話題を呼んだ。

» PAPERSKY #50 Rio de Janeiro | Bossa Nova Issue

Tags: ,









Photography: Yasuyuki Takagi

Sounds Of Petrópolis ペトロポリスの音楽家たちを訪ねて

リオの中心部から車で1.5時間。ペトロポリスの山々は、古くからカリオカたちにとって大切な場所だったと… »STORY

Photography: Cristina Granato

ボサノヴァが辿った道のり。”聴く”ためにつくられた新しい音楽

ルイ・カストロは世界で最も深く、ボサノヴァについて研究した人物のひとり。そんな彼に、この音楽が誕生し… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

マニアもうならせる、充実したラインナップ|Vinyl Digging in Rio (4)

エイトール・アラウージョは、20年前に友人のレコードコレクターと3人でこのショップを始めた。店を構え… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

明日へ向かう、ブラジル音楽。伝統と革新をつなぐ、静かな野心

過去へのリスペクトと、未来への希望。ふたつの想いを胸に秘め、独自の道を模索する、リオ在住の若き注目ミ… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

歴史と伝統を感じさせるイパネマの老舗|Vinyl Digging in Rio (3)

25年前にスタートしたこのショップは現在、イパネマで最も古いレコード店として人気。作曲家、プロデュー… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

創造のカギは、吸収と、集積と、融合のセンス|Daniel Jobim

僕らが次に会ったのは、トム・ジョビンの実孫であるピアニストのダニエル。彼が間近で見たジョビンの創作活… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

To The Coffee Valley リオの繁栄を物語る、コーヒーの谷へ

ブラジル経済を支え続けるコーヒー豆の生産。その中心地はかつて、リオの山々にあった。18世紀、香り高い… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

ジャンルの壁を飛び越える、ボサノヴァ的手法|Celso Fonseca

リオのなかでもひときわ、上品なムード漂うレブロン。ここはジョビンをはじめ、マルコス・ヴァーリ、エドゥ… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

リオの音楽に特化した、硬派なショップ|Vinyl Digging in Rio (2)

50年代後半から60年代初頭のリオでは、ベッコ・ダス・ガハーファス(酒のボトルの袋小路)と呼ばれる通… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

今も受け継がれる、ジョビンのスピリッツ|Jaques & Paula Morelenbaum

ジャキス・モレレンバウムはブラジルを代表するチェリストであり、作曲家。彼がヴォーカリストのパウラと結… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

音だけでなく、文字でも音楽を楽しんで|Vinyl Digging in Rio (1)

「ショーロ、サンバ、ジャズ、クラシックと、国籍、ジャンルは問わない。かといってスペースは限られている… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

ボサノヴァの新たな可能性を拓いたディーバ|Joyce Moreno

「女性の地位向上が私の音楽のテーマ。ブラジルではまだまだ女性の立場が低く見られていると思う。そのため… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

リオの海から始まった、創造の物語|Roberto Menescal

ボサノヴァ創世のストーリーには諸説ある。その真実を確かめに、僕らはホベルト・メネスカルを訪ねた。複雑… »STORY

b774518c067d20a9c66dea2e6f5e25a9

マップでめぐるリオデジャネイロ | +10 City Maps No.17

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第17弾は南米… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

ボサノヴァを支える、ポジティブな思考|João Donato

ボサノヴァとはどんな音楽か。その問いをリオの音楽家たちに投げかけると、必ず出る単語が「ブラジリダージ… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

Tevaと歩きだそう、日常のアウトドアへ

リオのビーチを歩けば、カリオカたちのライフスタイルが見えてくる。目の前のビーチをうまく活用し、生活に… »STORY

Photography: Yasuyuki Takagi

リオで生まれた世界的な発明。ボサノヴァ的ミクスチャーの美学

「私たちブラジル人は小さいころからとにかく“楽しむ”ことで、サッカーのスキルを磨いていく。空き地に子… »STORY

goro

リオデジャネイロをテーマに歌う naomi & goro『RIO, TEMPO』

ブラジルの旅特集にあわせて聞きたい、リオデジャネイロをテーマにしたアルバム 『RIO, TEMPO』… »STORY

papersky store

編集長ルーカスが選んだブラジルみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがブラジルでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに入荷しています。写真… »STORY

Yasuyuki Takagi

ボサノヴァ=新しい感覚|Editor’s Note #50

ブラジルの人々は、ブラジルが潜在的に楽園になる可能性があると信じてきた。おそらくそれは、すばらしい景… »STORY

Yasuyuki Takagi

PAPERSKY #50 リオデジャネイロ・ボサノヴァ特集 発売!

4月30日に発売される『PAPERSKY』50号の特集は、「ブラジル・リオデジャネイロ」。1950年… »STORY

papersky soundtrack for travelers

旅する音楽 soundtrack for travelers|リオデジャネイロ編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」のリオデジャネイロ… »STORY

name
リオデジャネイロ
place
ブラジル

© 2008-2017 Knee High Media. All Rights Reserved.