Menu Links
  • Photography: Lee Basford
  • Photography: Lee Basford
  • Photography: Lee Basford

FIND YOUR OWN TOKYO -3 自分にちょうどいいなにかを求めて

, 2016/01/06

赤い、英国車のフィリップス。CLASKA “DO”のディレクター、大熊健郎さんの愛車だ。機能もスタイルもほどよく、ちょうどよさそうと選んだ一台。大熊さんが着用するのは、コットン混の上質なシャツと伸縮性の高いパンツ。自転車に乗ること、仕事場へ行くことの両方で能力を発揮するRaphaのシティコレクションだ。選ぶ自転車も服にも、DOでセレクトするアイテムに通ずる審美眼がある。〈クラフト〉をテーマに東京をめぐる。その始まりの場所となったのは、閑静な住宅地にたたずむ民藝の聖地、日本民藝館。

「ここに、一歩足を踏み入れたときに感じる空気感が大好き。常設展をじっくり見てから、最後に企画展を見ます。柳宗悦らが集めた選りすぐりの民藝品たちからは、これ以上ないほどに最高の舞台を与えられて喜んでいるのが伝わってくるみたい。ここにあるから、いい。そう感じられるものがたくさんある」と大熊さんは話す。

次に訪れたプレイマウンテンには、手仕事とはひと味違うアーティスティックな作品などが並ぶ。その丁寧なセレクト、ブレのない“この店ならでは”に刺激も多い。気になるアイテムについてスタッフと交わす会話も楽しんでいるようだった。

「手仕事だからよいというのではなく、今の暮らしに合うものづくりかどうかが大事」と話す大熊さんに、あらためてクラフトの解釈を聞いてみた。

「ひと言でいえば、“人の存在が感じられるもの”でしょうか。僕は、手仕事という言葉を含みながら、今の時代の気分やライフスタイルを表現するワードとして〈クラフト〉を用いています。暮らしを自分でつくり、楽しもうという人が増えていますよね。そういう生き方そのものが、クラフトという言葉にフィットするような気がしています」

かれこれ20年もの間、自転車でふらり来ているというなじみのカフェ・レストランJ-COOK。自分の暮らしに、ちょうどいい。自身の日々の暮らしの道具としての、クラフトマンシップをまとった自転車。あちらとこちら、気になる場所を気ままに訪ねる。大熊さんは今日も、〈クラフト〉視点で東京の町をゆく。
 
大熊健郎 | Takeo Okuma
インテリアショップ「IDEE」、全日空の機内誌『翼の王国』編集を経て、CLASKA Gallery & Shop“DO”ディレクターに。ニッポンをテーマに、いいものを見直し、埋もれた価値を再発見し、今の暮らしに合うライフスタイルの提案を続けている。 do.claska.com
 
ここで紹介したMAPは、Rapha Cycle Club Tokyoにて配布中。こちらからもダウンロードができます。
http://www.papersky.jp/wp-content/uploads/2015/12/TOKYO-RIDE-CRAFT.pdf

Tags: , , ,









Athlete Travelers | 旅とアスリート 01 萩原次晴

スポーツメーカー「MIZUNO」が展開する、旅をテーマにした「Go to by mizuno(ゴート… »STORY

ホーローマグ Enamel Walking Cup|PAPERSKY STORE

PAPERSKY WALKING CLUB のオリジナル琺瑯カップ。軽量で耐久性にすぐれ、臭いもつき… »STORY

Mountain Bandana | PAPERSKY STORE

写真家・石川直樹さんの展覧会『この星の光の地図を写す』に合わせてコラボした、アウトドア・バンダナ。世… »STORY

Around the World Pants|PAPERSKY STORE

DEEPER’S WEARとPAPERSKYがコラボしたブラックジーンズ。撥水加工で水や汚れを弾くの… »STORY

東京の樹木をつないで歩く“ツリートレック”

森、というと、はるかかなたの場所に感じるかもしれない。都会から離れた山のなか、手つかずの自然が残って… »STORY

Fastpacker Sweat Trainer | PAPERSKY STORE

グラフィックアーティスト・CHALK BOYのイラストが胸元に施されたスウェット。まるでコットンのよ… »STORY

Tokyo Tree Trek @ YAMAP MAGAZINE

「YAMAP MAGAZINE (ヤマップマガジン)」にて、「PAPERSKY」が提案する樹木をテー… »STORY

大都会の自然を探して、and wander的東京ハイキング

世界のどの都市と比べても、トップレベルで緑が豊かな街、東京。and wanderのふたりと出かけるの… »STORY

樹木の声を聴く|Editor’s Note No.62

この特集を東京という街の縁の下の力持ち、樹木たちに捧げます。 世界中がパンデミックで騒いでいる… »STORY

PAPERSKY #62 TOKYO|Tokyo Tree Trek 東京特集 発売

4月30日発売のPAPERSKY最新号(#62)の特集は、「TOKYO|Tokyo Tree Tre… »STORY

犬のニッパーと家族をめぐる絆の物語「NIPPER –His Master’s Voice–」

あなたは、この犬が何を聴いているか知っていますか? レコード会社ビクターのロゴマークに描かれ… »STORY

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 東京編

次号PAPERSKYの特集は、東京。4/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundtrac… »STORY

Explorer Cap|PAPERSKY STORE

例えば、タヒチのジャングルをマウンテンバイクで走ったり、キャッツキルでのフィッシングやノルウェーのダ… »STORY

今治タオル Hiker’s Towel w/ カラビナ|PAPERSKY STORE

オーガニックテキスタイルを手がける「IKEUCHI ORGANIC」×「PAPERSKY」の今治タオ… »STORY

Pegs & Pens Case|PAPERSKY STORE

Hariyama Productions × PAPERSKYのペグ&ペンケース。テントを建てるため… »STORY

泥染トートバッグ | Made in Mud | PAPERSKY STORE

奄美大島に伝わる伝統技法、泥染めをはじめ天然染色を行う「金井工芸」とつくった、褐色に染まったボディが… »STORY

寝袋サングラスケース | PAPERSKY STORE

City to Summit × PAPERSKY 寝袋型サングラスケース。めがねやサングラスをしっ… »STORY

ニットキャップ World Post Edition|PAPERSKY STORE

寒さに負けないMADE IN USAのニットキャップ。上質なウール(85%)とリサイクルのナイロン(… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers

これから旅に出る人たちのために選んだ、架空の旅の音楽「PAPERSKY Soundtrack For… »STORY

SAFE TRAVEL お守りステッカー|PAPERSKY STORE

お守り型のステッカー。日本や世界をめぐる旅の道中には、いつも危険やトラブルがつきもの。そんな旅人の安… »STORY

風景をつくる眼。アート,デザイン,工芸から生まれるランドスケープ

ランドスケーププロダクツ・中原慎一郎による展覧会「風景をつくる眼。アート,デザイン,工芸から生まれる… »STORY

Tour de Nippon Official Jetcap | PAPERSKY STORE

PAPERSKY Tour de Nipponの公式アイテムであるジェットキャップがリニューアル! … »STORY

Explorer Cap | PAPERSKY STORE

例えば、タヒチのジャングルをマウンテンバイクで走ったり、キャッツキルでのフィッシングやノルウェーのダ… »STORY

AIRPLANE PAD|PAPERSKY STORE

ALASKA BUNGU × PAPERSKYの紙飛行機が折れるレターパッド。書き味も心地よく、旅先… »STORY

Pegs & Pens POP Pen|PAPERSKY STORE

キャップを取ると「ポンッ!」というリズミカルな音がするPopなボールペン。旅に持ち歩くのにぴったりの… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.16 SPECIAL OTHERS

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

name
日本民藝館
place
東京
address
目黒区駒場4丁目3-33
link
www.mingeikan.or.jp

© 2008-2020 Knee High Media. All Rights Reserved.