Menu Links
  • Photography: Maria Laub

クラシックな手製のウッドボートは工芸品|Red Sky Craft

, 2015/09/07

南にバルト海、東にボスニア湾を望み、内陸部は何千もの湖と島にあふれた湖水地方を擁するフィンランドの人々にとって、水辺は森と同じくらい親しい存在。もちろんカヌーやカヤックでの遊びも盛んだし、個人でモーターボート(小型船舶)を所有して休日に釣りやクルージングを楽しむ人も少なくない。こうしたボートは現在はグラスファイバー(FRP)製が主流だが、かつてはもちろん森から採れる木を素材としており、現在もクラシックなウッドクラフトのボートを愛好する人々は多い。ビルダーによってひとつひとつハンドメイドで、手間ひまをかけてつくられるボートはFRP製のそれよりも圧倒的に美しいからだ。コトカにある「Red Sky Craft」はそうしたハンドメイドのボートを手がける会社のひとつ。大空間の工房内には製造中の大きなボートがまるごと一艇入り、そのまわりには足場が組まれている。03年に同社を立ち上げたオーナーのアラン・サヴォライネンさんはかつてハウスメーカーで働いていたとか。「家を建てる難しさを1とすれば、船をつくるのは10だよ。もちろん、日本の大工がつくる伝統的な木造家屋なら別だけどね」。デッキ、ハードトップ、ハッチなど大小のパーツを大量に組み合わせていく製造工程は職人技。使われる木はマホガニーやアッシュ、チークなど。伝統的なロウボートでは地元産のパインが使われることが多い。設計図はコンピュータソフトではなく紙と鉛筆を使い、ゼロから描き上げる。「オールドファッションだろ?」とアランさんは笑うが、そうした工程を経て完成する木造艇はまさに光り輝く工芸品。高級車が数台買えるほど高価にもかかわらず、マニアが絶えないのも頷けるほどの魅力にあふれている。

Red Sky Craft
http://www.redsky.fi/
 
» PAPERSKY #48 Finland | Wood Issue

Tags:









BRUNOが応援する世界自転車旅、畠山準弓さんによる北欧4ヶ国の旅

スイス生まれの自転車ブランド「BRUNO」が、自転車で世界旅にチャレンジしてみたい人を支援するプログ… »STORY

サウナはフィンランド人の大切な社交場|Finnish Sauna

フィンランド人のライフスタイルを語るうえで「サウナ」を外すことは、日本人の生活から「温泉」を外すくら… »STORY

森の民に飲み継がれてきた「魔法の水」|Birch Water

1988年、フィンランドで「国を象徴する樹」を決める国民投票が行われた際、アカマツやトウヒなどを抑え… »STORY

フィンランド人の「心の故郷」としての絶景|コリ国立公園

ロシアの国境に近い北カレリア地方にあるコリ国立公園は、37にもおよぶフィンランドの国立公園のなかでも… »STORY

アールトの目指した「有機的モダニズム」|Alvar Aalto

20世紀モダニズムの巨匠として知られるアルヴァ・アールトはフィンランドを代表する建築家。1898年に… »STORY

数十年をかけてつくり上げた、風光明媚な人工公園|アウランコ自然公園

フィンランドのありのままの自然が感じられるコリ国立公園に対して、ヘルシンキの北100kmの街ハメーン… »STORY

熊野亘/プロダクトデザイナー|PAPERSKY Interview

熊野亘さんはフィンランドのアールト大学で家具デザインを学んだデザイナーであり、今回の特集のゲストであ… »STORY

国立公園は森を愛する人たちの自由な遊び場|ヌークシオ国立公園

森と湖の国、フィンランドには37にもおよぶ国立公園がある。自然保護を目的としながら、誰もが自由にハイ… »STORY

厳しくも美しい自然を感じる「ムーミン谷」|Tove Jansson

フィンランドといえばムーミン、と連想されるくらいに、世界でも日本は特別にムーミンが親しまれている国。… »STORY

木々に支えられてきた「森林先進国」として|Lusto & Luke

国土の75%を森林が占めるフィンランドの人々にとって、森はつねにすぐそばにある心の拠り所であり続けて… »STORY

生きている木を活かす、ホンカのホームづくり

北欧の深い森から生まれ、長い歴史をもつログハウス。その文化を現代に継承しながら技術革新を続け、現代の… »STORY

Tree People -「木の民」たちが守ってきたもの

生活の場、道具の資源としてだけでなく、人々の心を支え続けてきた森の木々。フィンランド中の森を訪ね歩き… »STORY

ものづくりの村を支える「Nikari」のデザイン哲学

ヘルシンキの東、車で90分ほどの場所にあるフィスカルス。この小さく美しい村の名前は、かつてこの地を本… »STORY

フィンランド人の生活を支え続けてきた木の文化を巡って

15年ほど前からだろうか、一種の「北欧ブーム」ともいえる状況を呈しているのはよく知られるとおり。スカ… »STORY

クラフト作家・上原かなえさんと巡る 木の文化を受け継ぐフィンランドの旅

「わあ、前と全然違うなあ」 上原かなえさんは空港からヘルシンキ市内へと向かう車の窓から流れ去る風景を… »STORY

フィンランドの旅は、日本航空の直行便で!

日本航空(JAL)は、世界51ヵ国と地域、305空港を結ぶ日本最大の航空会社。本誌特集で訪れたフィン… »STORY

ハーツレンタカーで、森と湖の国をドライブ!

森に降り注ぐ光、湖面にきらめく光…。夏のフィンランドを旅すると、美しい光に出会う。人々は森のコテージ… »STORY

編集長ルーカスが選んだフィンランドみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがフィンランドでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに入荷しています。… »STORY

マップでめぐるヘルシンキ|+10 City Maps No.14 Helsinki

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第14弾は、「… »STORY

木の国|Editor’s Note #48

フィンランド人の魂は古来からずっと、森とつながり合ってきた。森のなかにいることを好み、ひとりで森に入… »STORY

明日発売!PAPERSKY #48 フィンランド特集号

7月30日に発売される『PAPERSKY』48号の特集は、「フィンランド」。国土の65%が森林で覆わ… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|フィンランド編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」のフィンランド編を… »STORY

name
Red Sky Craft (boat making)
place
フィンランド
address
Tornatorintie 15, 48100 Kotka

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.