Menu Links
  • Photography: Marianna Jamadi
  • Photography: Marianna Jamadi
  • Photography: Marianna Jamadi
  • Photography: Marianna Jamadi
  • Photography: Marianna Jamadi

フィンランド人の生活を支え続けてきた木の文化を巡って

, 2015/08/20

15年ほど前からだろうか、一種の「北欧ブーム」ともいえる状況を呈しているのはよく知られるとおり。スカンジナビア独特の家具や雑貨のデザインから人気に火がつき、福祉や環境に意識の高い国としても注目され、それは定着しつつ今に続いているようだ。こうした状況にあって、「北欧」という地域カテゴリーの認知は高まったものの、それぞれの国の固有の歴史や風土、文化の違いまではまだ深く目が向けられていないようにも見える。フィンランドが北欧諸国のなかでも国としてとても短い歴史しかないということも、あまり知られていない事実ではないだろうか。

フィンランドが国家として独立宣言をしたのが1917年だから、まだその歴史は100年に満たないことになる。12世紀から長らく東西の隣国であるスウェーデンとロシアからの統治を受け続けたこの地において、支配体制が変遷するなかで人々の拠り所としてあったもの。それはやはり古代から変わることのない広大な「森と湖」の風景だっただろう。南北に伸びる約34万km2の国土の75%におよぶエリアが森林地帯であるフィンランドの人口は約500万人。単純計算すれば1km2に15人しか住んでいないことになる(ちなみに日本は約340人)。つまりこの地において人間が住んでいるエリアはとても小さいわけだが、それは一方で人間以外の生き物たちにとって大変棲みやすい環境といえる。深い森にはキツネやヘラジカ、オオカミ、クマなどの野生動物が生息し、また彼らが食べる木の葉や実、樹皮、数千種にもおよぶきのこなどが生い茂っている。これらの植物が腐葉土をつくり、森の栄養源となる。

「森の恵み」に生かされてきたのはもちろん動物たちだけではない。農業に適した土地が比較的少なく、また冬季には雪に覆われ、暗く寒い日々が続く過酷な自然環境下で、森は人間の生活を支える場でもあった。人々はここで狩猟・採集に勤しんだだけでなく、そこにある豊かな木々をさまざまに生活に利用してきた。シラカバの樹皮は屋根や籠の材料、あるいは毛糸の染色材料として。マツやトウヒは住居の丸太材として。食器や家具、船などの木工の材料として。長い歴史のなかで、人はこの唯一の天然資源を最大限に活かす知恵を育んできたのだ。

こうした森と人間の深い関係は、近代化以前の話にとどまらない。現代においても、森林資源を利用した木材・製紙・パルプ関連産業は国の経済を支える基幹産業であり、またヘルシンキのような都市に住む人々にとって、湖畔のサマーハウスで家族との休日を過ごすことは大切な楽しみだ。夏は森を歩きベリーやきのこを摘み、湖にボートを浮かべる。冬はスキーやスノーシューで遊ぶ。

もうひとつ、彼らのライフスタイルにおいてとても重要なものがある。それは彼らがほとんどの家にもっているという「サウナ」だ。身体を温めて汗を流し、疲れを癒すだけでなく、家族団欒やご近所の社交の場でもあるサウナにおいても、木は欠かせない存在。現在では電気式のものが主流だが、かつては薪ストーブを使う伝統的なスモークサウナが一般的だった。サウナのなかでは、シラカバの若枝を束ねてつくった「ヴァスラ」で体を叩く。血行がよくなり新陳代謝を促し、シラカバから出るオイルが肌を潤してくれるという。

フィンランド人にとって、木々は大切な道具であり、森は癒しと遊びの場である。つまりは生活を支えてくれる資源であることに、今も昔も変わりはない。だからこそ、彼らは森を大切にしてきた。それは抽象的な自然保護の意識でなく、リアルな暮らしの現実から生まれてきたものだろう。人間を含むすべての動物たちを生かしてくれる「生命の源泉」である森に対する畏敬の念をもちながら、彼らはその保全と育成に携わってきた。その「生かし、生かされる」関係に、僕たち日本人が学ぶべきものは少なくないだろう。
 
マリアンナ・ジャマディ Marianna Jamadi
インドネシア人の父とフィンランド人の母との間に、カリフォルニアで生まれる。写真と言葉による表現活動を行う、ストーリーテラー。2013年、エル・カミノと共同で「Nomadic Habit」をスタート。旅のなかで感じた体験を美しい写真とエッセイで表現している。 www.nomadic-habit.com

» PAPERSKY #48 Finland | Wood Issue

Tags:









ENALLOID × PAPERSKY “Through the Lens” 003 若木信吾

PAPERSKY本誌との連動企画「ENALLOID × PAPERSKY “Through the … »STORY

BRUNOが応援する世界自転車旅、畠山準弓さんによる北欧4ヶ国の旅

スイス生まれの自転車ブランド「BRUNO」が、自転車で世界旅にチャレンジしてみたい人を支援するプログ… »STORY

サウナはフィンランド人の大切な社交場|Finnish Sauna

フィンランド人のライフスタイルを語るうえで「サウナ」を外すことは、日本人の生活から「温泉」を外すくら… »STORY

森の民に飲み継がれてきた「魔法の水」|Birch Water

1988年、フィンランドで「国を象徴する樹」を決める国民投票が行われた際、アカマツやトウヒなどを抑え… »STORY

フィンランド人の「心の故郷」としての絶景|コリ国立公園

ロシアの国境に近い北カレリア地方にあるコリ国立公園は、37にもおよぶフィンランドの国立公園のなかでも… »STORY

アールトの目指した「有機的モダニズム」|Alvar Aalto

20世紀モダニズムの巨匠として知られるアルヴァ・アールトはフィンランドを代表する建築家。1898年に… »STORY

数十年をかけてつくり上げた、風光明媚な人工公園|アウランコ自然公園

フィンランドのありのままの自然が感じられるコリ国立公園に対して、ヘルシンキの北100kmの街ハメーン… »STORY

熊野亘/プロダクトデザイナー|PAPERSKY Interview

熊野亘さんはフィンランドのアールト大学で家具デザインを学んだデザイナーであり、今回の特集のゲストであ… »STORY

国立公園は森を愛する人たちの自由な遊び場|ヌークシオ国立公園

森と湖の国、フィンランドには37にもおよぶ国立公園がある。自然保護を目的としながら、誰もが自由にハイ… »STORY

厳しくも美しい自然を感じる「ムーミン谷」|Tove Jansson

フィンランドといえばムーミン、と連想されるくらいに、世界でも日本は特別にムーミンが親しまれている国。… »STORY

木々に支えられてきた「森林先進国」として|Lusto & Luke

国土の75%を森林が占めるフィンランドの人々にとって、森はつねにすぐそばにある心の拠り所であり続けて… »STORY

生きている木を活かす、ホンカのホームづくり

北欧の深い森から生まれ、長い歴史をもつログハウス。その文化を現代に継承しながら技術革新を続け、現代の… »STORY

クラシックな手製のウッドボートは工芸品|Red Sky Craft

南にバルト海、東にボスニア湾を望み、内陸部は何千もの湖と島にあふれた湖水地方を擁するフィンランドの人… »STORY

Tree People -「木の民」たちが守ってきたもの

生活の場、道具の資源としてだけでなく、人々の心を支え続けてきた森の木々。フィンランド中の森を訪ね歩き… »STORY

ものづくりの村を支える「Nikari」のデザイン哲学

ヘルシンキの東、車で90分ほどの場所にあるフィスカルス。この小さく美しい村の名前は、かつてこの地を本… »STORY

クラフト作家・上原かなえさんと巡る 木の文化を受け継ぐフィンランドの旅

「わあ、前と全然違うなあ」 上原かなえさんは空港からヘルシンキ市内へと向かう車の窓から流れ去る風景を… »STORY

フィンランドの旅は、日本航空の直行便で!

日本航空(JAL)は、世界51ヵ国と地域、305空港を結ぶ日本最大の航空会社。本誌特集で訪れたフィン… »STORY

ハーツレンタカーで、森と湖の国をドライブ!

森に降り注ぐ光、湖面にきらめく光…。夏のフィンランドを旅すると、美しい光に出会う。人々は森のコテージ… »STORY

編集長ルーカスが選んだフィンランドみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがフィンランドでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに入荷しています。… »STORY

マップでめぐるヘルシンキ|+10 City Maps No.14 Helsinki

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第14弾は、「… »STORY

木の国|Editor’s Note #48

フィンランド人の魂は古来からずっと、森とつながり合ってきた。森のなかにいることを好み、ひとりで森に入… »STORY

明日発売!PAPERSKY #48 フィンランド特集号

7月30日に発売される『PAPERSKY』48号の特集は、「フィンランド」。国土の65%が森林で覆わ… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|フィンランド編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」のフィンランド編を… »STORY

place
フィンランド

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.