Menu Links
  • Photography: Maria Laub

木の国|Editor’s Note #48

, 2015/07/30

フィンランド人の魂は古来からずっと、森とつながり合ってきた。森のなかにいることを好み、ひとりで森に入ることを恐れず、むしろ森が安心できる平和な場所であることを彼らは知っている。本号はフィンランドが好きで、木や森を愛する人たちのための特集。「木」をテーマにフィンランドを巡る旅を紹介する。

まず、Natural Resources Institute Finlandが発表する、フィンランドの森林事情をお伝えしたい。
* 国土の75%が森林である
* 国民の5人にひとりが森を所有している
* フィンランドの森林は年々広がっている
* 輸出の27%が森林に関わる製品である

Wow ! フィンランドにはこんなにも木が根づき、文化や経済も支えている。この国に伝わる多くの文化は神聖な深い森から生まれ、フィンランド人は森を家のように感じてきた。本誌でも紹介する『Tree People』という写真集では、フィンランドの人々がどれだけ木や森と関わってきたかが記されている。そのひとつに、死者が出ると亡くなった日と名前を木の幹に刻むという習慣がある。葬式の間、村の人々は森に入り、故人の名前が刻まれた木の前に腰を下ろし、飲みものを片手にリラックスして、故人を想い、そして彼らの先祖を想うのだという。

別のユニークなフィンランドの森の習慣は、「Everyman’s Right」というものだ。人々は森であれば、それが国有地か私有地かにかかわらず、誰でも歩くことができ、スキーやバイク、乗馬などを楽しむことができる。好きな場所でキャンプをし、ワイルドフラワーやベリー、マッシュルームなどを自由に採ることも許されている。フィンランド人は、心から森を愛している。そして国民のふたりにひとりは、住まいの1km圏内に野生のベリーやマッシュルームを収穫できる環境で暮らしている。

フィンランドは森林管理や教育、そして豊かな森と共生するライフスタイルにおいて模範的な国。森とともに生きる、おとぎ話のような現実の暮らしがそこにはあるのだ。
 

Land of the trees

It seems the Finnish soul has always been linked to the forest. Finns feel good in the forest. Not alone, not lost- the forest provides protection and peace. This Finland Wood issue of Papersky is for people, who like the Finns, love trees and forests.

To kick things off I would like to share a few amazing Finland Forest facts provided by the Natural Resource Institute Finland:

** 75% of Finland is forests
** 1 in 5 Finnish people own forest land
** Finland’s forests increase every year!
** 27% of Finland’s exports are based on forest products

Wow! An entire country with it’s culture and economy firmly grounded on TREES. While many cultures of the past were scared of the deep forest the Finns have always felt at home in the woods. In fact recently Finnish photographers working on the book ‘Tree People’, discovered an entire forest of trees in which each tree in the forest was etched with names and death dates of the local village’s deceased. It was custom when a funeral processions made it’s way to a grave for people to take periodical rests in the forest at these memorial trees. Folks would relax, have a drink and remember their ancestors.

Another very unique current Finnish forest custom is ‘Everyman’s Right’ this right allows everyone to move in all forest and nature areas (both private and public) on foot, on skis, on bike or on horseback. Camping in nature is also allowed, as is the picking of natural flowers, berries and mushrooms. Finns love their forests and half of the population lives less then one kilometer from good berrying or mushrooming grounds.

It’s no fairytale the Finns are the modern stewards of the Forest. This Finland issue of Papersky is wood solid with stories on: ‘Nikari Furniture’, ‘Red Sky Boat Makers’, ‘Alvar Aalto Architect’,
‘Drinking Birch Sap’, ‘Moomin’s Forests’, ‘Finnish Wood Burning Saunas’ and featuring photography by Marianna Jamadi and Ritva Kovalainen.
 
» PAPERSKY #48 Finland | Wood Issue

Tags: ,









ENALLOID × PAPERSKY “Through the Lens” 003 若木信吾

PAPERSKY本誌との連動企画「ENALLOID × PAPERSKY “Through the … »STORY

BRUNOが応援する世界自転車旅、畠山準弓さんによる北欧4ヶ国の旅

スイス生まれの自転車ブランド「BRUNO」が、自転車で世界旅にチャレンジしてみたい人を支援するプログ… »STORY

サウナはフィンランド人の大切な社交場|Finnish Sauna

フィンランド人のライフスタイルを語るうえで「サウナ」を外すことは、日本人の生活から「温泉」を外すくら… »STORY

森の民に飲み継がれてきた「魔法の水」|Birch Water

1988年、フィンランドで「国を象徴する樹」を決める国民投票が行われた際、アカマツやトウヒなどを抑え… »STORY

フィンランド人の「心の故郷」としての絶景|コリ国立公園

ロシアの国境に近い北カレリア地方にあるコリ国立公園は、37にもおよぶフィンランドの国立公園のなかでも… »STORY

アールトの目指した「有機的モダニズム」|Alvar Aalto

20世紀モダニズムの巨匠として知られるアルヴァ・アールトはフィンランドを代表する建築家。1898年に… »STORY

数十年をかけてつくり上げた、風光明媚な人工公園|アウランコ自然公園

フィンランドのありのままの自然が感じられるコリ国立公園に対して、ヘルシンキの北100kmの街ハメーン… »STORY

熊野亘/プロダクトデザイナー|PAPERSKY Interview

熊野亘さんはフィンランドのアールト大学で家具デザインを学んだデザイナーであり、今回の特集のゲストであ… »STORY

国立公園は森を愛する人たちの自由な遊び場|ヌークシオ国立公園

森と湖の国、フィンランドには37にもおよぶ国立公園がある。自然保護を目的としながら、誰もが自由にハイ… »STORY

厳しくも美しい自然を感じる「ムーミン谷」|Tove Jansson

フィンランドといえばムーミン、と連想されるくらいに、世界でも日本は特別にムーミンが親しまれている国。… »STORY

木々に支えられてきた「森林先進国」として|Lusto & Luke

国土の75%を森林が占めるフィンランドの人々にとって、森はつねにすぐそばにある心の拠り所であり続けて… »STORY

生きている木を活かす、ホンカのホームづくり

北欧の深い森から生まれ、長い歴史をもつログハウス。その文化を現代に継承しながら技術革新を続け、現代の… »STORY

クラシックな手製のウッドボートは工芸品|Red Sky Craft

南にバルト海、東にボスニア湾を望み、内陸部は何千もの湖と島にあふれた湖水地方を擁するフィンランドの人… »STORY

Tree People -「木の民」たちが守ってきたもの

生活の場、道具の資源としてだけでなく、人々の心を支え続けてきた森の木々。フィンランド中の森を訪ね歩き… »STORY

ものづくりの村を支える「Nikari」のデザイン哲学

ヘルシンキの東、車で90分ほどの場所にあるフィスカルス。この小さく美しい村の名前は、かつてこの地を本… »STORY

フィンランド人の生活を支え続けてきた木の文化を巡って

15年ほど前からだろうか、一種の「北欧ブーム」ともいえる状況を呈しているのはよく知られるとおり。スカ… »STORY

クラフト作家・上原かなえさんと巡る 木の文化を受け継ぐフィンランドの旅

「わあ、前と全然違うなあ」 上原かなえさんは空港からヘルシンキ市内へと向かう車の窓から流れ去る風景を… »STORY

フィンランドの旅は、日本航空の直行便で!

日本航空(JAL)は、世界51ヵ国と地域、305空港を結ぶ日本最大の航空会社。本誌特集で訪れたフィン… »STORY

ハーツレンタカーで、森と湖の国をドライブ!

森に降り注ぐ光、湖面にきらめく光…。夏のフィンランドを旅すると、美しい光に出会う。人々は森のコテージ… »STORY

編集長ルーカスが選んだフィンランドみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがフィンランドでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに入荷しています。… »STORY

マップでめぐるヘルシンキ|+10 City Maps No.14 Helsinki

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第14弾は、「… »STORY

明日発売!PAPERSKY #48 フィンランド特集号

7月30日に発売される『PAPERSKY』48号の特集は、「フィンランド」。国土の65%が森林で覆わ… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|フィンランド編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」のフィンランド編を… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.