Menu Links

    空に消えていく凧 |浜松大凧 1

    , 2015/06/25

    遠州灘を臨む街、浜松には江戸時代ごろから続く祭りがある。市内の各町が参戦し、長さ1,000m以上の麻糸をつなげた正方形の大凧を揚げて競い合う、浜松まつりだ。この一帯を治めていた城主の息子の誕生を祝って凧を揚げたことが起源とされているが、今では一年のなかで最もにぎわう凧揚げ合戦に成長している。

    浜松の凧揚げ合戦では、凧からまっすぐ伸びた何本もの麻糸がぶつかり、絡み合う。観衆は、まるで巨大な星から飛び出したように見える糸を、各町の揚げ手が違う方向に引っぱって争う様子を見つめる。凧を揚げる人々は絡まった凧糸を敵の凧糸にこすりつけ、摩擦で焼き切ろうとする。糸を切られた凧は、上空を泳ぐ無数の凧の群れを離れ、地面に叩きつけられる。凧糸が乱暴にこすれ合って焦げた麻のにおいが漂い、やがて糸が切れる。各町の組長たちが指示を出す大きなかけ声が響き、いつまでも繰り返されるトランペットの演奏―凧揚げ合戦のBGMである―のテンポが速まるなか、喧騒は激しさを増していく。浜松凧の会会長の内山富司は今年、71歳。内山が1980年代に凧揚げ合戦に出たときの写真を見せてくれた。写真のなかの内山は、片足に体重をかけて身体を傾け、凧糸を引っぱりながら空高く揚がった凧を操っていた。「凧揚げでは本当に体力を消耗します。10分やったら、休憩しないと」と内山は話す。市内の各町が毎年5月に凧揚げ会場に集結し、和紙と竹でできた正方形の凧を使って競い合う凧揚げ合戦は、いくつもの要素が複雑に重なった祭りである。内山によると、この祭りには450年以上の歴史があるという。一帯を治めていた引馬城主の長男、義廣公が誕生したときに、巨大な凧を揚げて祝ったことから始まったとされている。凧揚げ合戦では現在も初凧(長男の誕生を祝って揚げる凧)を揚げているが、祭りは熱い地元愛を表現する、市民をひとつにまとめる行事ともいえる。内山が経営する工場の壁一面には、内山が日本中から集めた凧のコレクションが飾られている。「凧づくりを始めたのは42歳のときでした」と内山が自作の凧を持ち上げながら言う。天井まで届きそうな巨大な凧だ。貼られた和紙に光が当たり、竹製の骨組みが透けて見える。「竹を削ってこの直径3mmの骨をつくるのがいちばん難しい作業です」。内山はそう言いながら、凧づくりの工程を実演してくれた。交差した竹の骨を麻糸で縛り、骨組みに糊を塗って美濃大判紙を貼り、表面に各町のシンボルマークである凧印を描く。彼にとって大凧づくりは、技能でも伝統工芸でもなく、執念のようなもの。7歳の頃から、その魅力に取り憑かれていたという。「眠くなってうとうとすると、いつも凧揚げの祭りのトランペットの音が聞こえてきます。耳のなかにすっと響いてくるんですよ」

    内山富司
    浜松凧の会会長。三和町の凧制作を牽引しながら、浜松まつり会館でのイベントや全国各地の凧揚げイベントに積極的に参加する。

    » PAPERSKY #47 San Francisco | Good Company Issue

    Tags:









    OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.3 鰹節

    PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

    PAPERSKY Tour de Nippon in 浜松 Movie

    2018年3月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 浜松のレポート動画がで… »STORY

    OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.2 古道再生

    PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

    JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.1 西伊豆古道

    PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

    Old Japanese Highway、日本の古道 vol.5 西伊豆古道

    眼前に駿河湾、背後に天城山系の低山が控える西伊豆・松崎町。今回、globe walkerが歩くのは、… »STORY

    PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 浜松 開催レポート

    例年より早い桜の開花によって、春の気分とぽかぽか陽気に包まれた3月下旬の週末に、浜松で開催した「PA… »STORY

    「SHARE THE LOCAL 静岡」大阪・DOORS HOUSEで開催中

    大阪のURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設されたキュレーションスペース「DOORS… »STORY

    ツール・ド・ニッポン in 浜松 参加募集スタート

    音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街…。時代とともにさまざまなカルチャーを生み出してきた街、浜松… »STORY

    ニッポンの魅力再発見の旅 浜松

    音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街……。時代によりさまざまなムーブメントを生み出してきた街、浜… »STORY

    カネサ鰹節商店の本枯れ鰹節|日本のつくり手 第12回

    伊豆半島の西側に位置する西伊豆町田子は、江戸時代からカツオ漁で栄え、鰹節商店が40軒も並んだ「鰹の町… »STORY

    “Good People, Town, Shoes” vol.3 フォトグラファー mushさん

    屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

    インダストリアルとクラフトの魅力が融合したウォールクロック 

    静岡県のほぼ中央に位置する静岡市一帯は、江戸時代に徳川幕府によって全国から職工を集められたことから、… »STORY

    BRUNOと行く、夏の週末キャンプ旅

    「ワォ!!」。車窓をぼんやりと眺めていたジュリエンさんが突然声をあげた。彼が指さす方向に目を向けると… »STORY

    ピアノ工場|PAPERSKY Japan Club

    趣味はピアノ、なんていうと聞こえはいいが実は念願だった中古のピアノを最近買ったばかり。もっぱら聴くの… »STORY

    自転車と街とで使えるシューズブランド STOMP LOX

    静岡を拠点に、カジュアル志向の自転車乗りに向けたビンディングシューズを製作する「STOMP LOX(… »STORY

    マップでめぐる静岡|+10 City Maps No.16 Shizuoka

    PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第16弾は、富… »STORY

    糸がなくなれば負ける|浜松大凧 3

    午後遅くの浜松市の中田島砂丘の上の青空は、視界をさえぎるものもほとんどなく、大きく広がっている。ひと… »STORY

    凧印の戦い|浜松大凧 2

    和紙でできた大凧が空に舞い、竹でできた軽い骨組みからは数百メートルの長さの麻糸が続いている。その麻糸… »STORY

    漁師のためのシャツ「魚河岸シャツ」|大漁3

    遠州屋の店先には品物がちらほらとしか見当たらない。取材に訪れたのが夏ではなかったからだろうか。ガラス… »STORY

    TOUR DE SANDWICH by PAPERSKY vol.3 静岡編|Japan Jikkan

    料理家が自転車で各地をめぐりながら、いろんな人や食材、風土に出会って受けたインスピレーションを“サン… »STORY

    若木信吾さんと浜松古代散歩

    遺跡や古墳は、自分が生まれ育った場所にもあることぐらいは聞いている。しかし、その場所を詳しく知る機会… »STORY

    Stone Age in Hamamatsu 故郷・浜松のルーツをめぐる旅

    11月30日に発売する『PAPERSKY』#46 "NORTHERN JAPAN | JOMON" … »STORY

    食べられる記念碑「亀寶最中」 | 大漁 2

    焼津の商店街には、ほとんど人影がない。買い物をしている年配の女性が2~3人いるくらいだ。長年、焼津で… »STORY

    写真家・若木信吾 「英ちゃん 弘ちゃん」写真集制作

    若木信吾の新しい写真集制作に向けたクラウドファンディングが、「IMA FANd!」にてスタートしまし… »STORY

    GREEN PARK PICNIC -TEA PARTY- 開催

    静岡県の藤枝駅前公園にて、5月24日(土)に開催される「GREEN PARK PICNIC -TEA… »STORY

    佐々木 愛 Four Songs| ベルナール・ビュフェ美術館

    ベルナール・ビュフェ美術館にて、美術作家・佐々木愛さんの展覧会が開催されます。佐々木愛さんは、200… »STORY

    name
    浜松
    place
    静岡

    © 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.